イオンモバイルと楽天モバイルRakuten UN-LIMITを徹底比較〜こんなユーザーが合っている

2020年4月8日にMNOとしてのサービスRakuten UN-LIMITを開始した楽天モバイルと、イオン店舗でサポートが受けられ、格安SIMの中で端末保証が最も手厚いイオンモバイルのサービスを比較し、それぞれに合ったユーザー像を解説します。

 

結論:それぞれに合ったユーザー像

 

普段イオンでよく買い物をし、店舗サポートを重視する方だけでなく、キャリアから初めて格安SIMに移行する方で、とりあえずお試しで使ってみたいと思っている方に最適なのがイオンモバイルです。

 

以下の3点がその理由です。

 

  • イオン店舗で端末+回線の1週間無料貸出サービスがある
  • データ容量当たりの単価が業界最安値クラス
  • 月500MBからの安いプランがある

 

楽天モバイルも2019年10月から解約手数料がゼロ円となりましたが、イオンモバイルのような無料貸し出しサービスはありません。

 

イオンモバイルはデータ容量あたりの単価が業界最安値で月500MB音声SIMで1,130円からのプランがあり、データ容量が足りなくなっても1GB480円で追加購入できます。

 

使ってみて自分にやっぱり合わないと思っても、一番リスクが小さい格安SIMといえるのではないでしょうか。

 

一方、大都市圏に居住し、スマホヘビーユーザーで楽天市場など楽天サービスをよく使う方に最適なのが楽天モバイルです。

 

2020年4月8日にキャリア(MNO)として、Rakuten UN-LIMITを開始し、これまでの格安SIMとしてのスーパーホーダイは新規受付を2020年4月7日に終了しました。

 

Rakuten UN-LIMITの場合、月額2,980円でデータ通信も通話も使いたい放題の1プランで今なら初年度無料です。(大都市圏のみ対応の楽天回線エリア以外はau回線となり、毎月5GBまで高速通信、超過後は最大1Mbps)

 

加えて楽天モバイルに加入すると楽天SPU(スーパーポイントプログラム)が+2倍となります。

 

よって楽天のサービスを多く使い、都市圏にお住まいの方にはとても割安なサービスといえます。

 

その他イオンモバイルがMNO楽天モバイルより優位な点

 

上記結論に記載していないことでイオンモバイルがMNOの楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)より優位な4点をご紹介します。

 

  1. iPhoneが動作確認済み
  2. 少ないデータ容量(8GB以下)で間に合う場合割安
  3. 通話をしない場合のデータプランや、家族でお得に使えるシェア音声プランがある
  4. 持ち込み端末でも故障時の保証を受けられる

 

1.iPhoneが動作確認済み

 

イオンモバイルではこちらの通り、iPhoneは3GSからiPhone 11 Pro Maxまで動作確認済みとなっています。3GSも確認しているのには驚きですね。

 

一方のRakuten UN-LIMITは現状こちらの限定的なAndroid端末のみ動作確認されており、日本でユーザー数の多いiPhoneはオフィシャルには動作確認がなされていません。

 

実際問題としてはiPhone XR以降の機種では動作するようですが、すべてユーザー責任となりますので、何かと心配な方は避けた方がいいですね。

 

2.少ないデータ容量(8GB以下)で間に合う場合割安

 

Rakuten UN-LIMITはかけ放題通話量込みで月額2,980円なので、同じ基準で比較するためイオンでんわ10分かけ放題月額850円をイオンモバイル音声SIMの料金に加えてみます。

 

音声プラン 月額 10分かけ放題オプション込みの月額
やさしいプランmini.(音声200MB) 980円 1,830円
音声500MBプラン 1,130円 1,980円
音声1GBプラン 1,280円 2,130円
音声2GBプラン 1,380円 2,230円
音声4GBプラン 1,580円 2,430円
音声6GBプラン 1,980円 2,830円
音声8GBプラン 2,680円 3,530円
音声12GBプラン 3,280円 4,130円
音声20GBプラン 4,680円 5,530円
音声30GBプラン 5,680円 6,530円
音声40GBプラン 6,980円 7,830円
音声50GBプラン 8,980円 9,830円

 

通信速度やオプションサービスなどが異なるので一概に比較はできないですが、単純にデータ容量で比較すると、月8GBまでならイオンモバイルの方が割安となります。

 

イオンモバイルをはじめとする格安SIMで通信速度がやや遅いと感じるのは回線が混む平日12-13時と18時-19時あたりだけですので、その時間帯での利用シーンを考慮してください。

 

3.通話をしない場合のデータプランや、家族でお得に使えるシェア音声プランがある

 

通話をしない場合、Rakuten UN-LIMITは割高となります。

 

下記がイオンモバイルのデータプラン料金体系で、12GBまで使っても2,680円と、Rakuten UN-LIMITより割安となります。

 

データプラン 月額料金
データ1GBプラン 480円
データ2GBプラン 780円
データ4GBプラン 980円
データ6GBプラン 1,480円
データ8GBプラン 1,980円
データ12GBプラン 2,680円
データ20GBプラン 3,980円
データ30GBプラン 4,980円
データ40GBプラン 6,480円
データ50GBプラン 8,480円

 

 

また、イオンモバイルには家族5人まで同一名義の契約をすると、4GB〜50GBまで、データ容量を当月シェアしてお得に使えるシェア音声プランがあります。

 

イオンモバイルシェア音声プラン主
イオンモバイルシェア音声プラン従

 

ただし、SIM枚数に応じて下記料金が発生することに注意が必要です。(このシェア音声プランだけは店舗のみの契約となり、ネットでの契約はできません。)

 

  • SIM1枚追加につき3,000円の手数料
  • 4枚目からは1枚につき月額200円追加
  • 2枚目以降、音声通話を追加するには月額700円追加
  • 2枚目以降、SMSを追加するには月額140円追加

 

4.持ち込み端末でも故障時の保証を受けられる

 

Rakuten UN-LIMITでも月額650円で端末故障時にが受けられるスマホ交換保証プラスというオプションサービスがありますが、楽天で購入した端末に限られ購入時に申し込まないといけません。(交換時には6,000円の実費要)

 

一方、イオンモバイルでは、イオンモバイルで購入した端末だけでなく、元々別の回線で使っていた端末のSIMだけイオンモバイルに移行した場合でも、端末保証を受けられます。

 

イオンモバイル持ちこみ保証というオプションサービスで、au回線月額550円、ドコモ回線650円(交換時には別途実費4,000円〜)となっています。

 

イオンモバイル

 

 

その他MNO楽天モバイルがイオンモバイルより優位な点

 

冒頭に記載していないことで今度は楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)がイオンモバイルより優位な4点をご紹介します。

 

  1. 9GB以上使う場合割安
  2. 1回10分間以上の通話が多い場合割安
  3. 国外でもデータ通信ができる
  4. 国際通話が月980円のオプションでかけ放題

 

1. 9GB以上使う場合割安

 

Rakuten UN-LIMITはどれだけデータ容量を使っても月額定額2,980円ですので、大容量を使うネットヘビーユーザーほどお得になります。

 

目安として月々9GB以上使う場合はRakuten UN-LIMITの方がお得になります。

 

2. 1回10分間以上の通話が多い場合割安

 

イオンモバイルでも1回10分間までなら何度かけても月額850円でおさまるオプションサービス、イオンでんわ10分かけ放題がありますが、1回10分間以上通話すると、30秒当たり10円(イオンモバイル公式アプリ「イオンでんわ」を活用した場合)が自動的に課金されてしまいます。

 

よって、イオンモバイル音声6GBプランにイオンでんわ10分かけ放題のオプションを付けて月額2,830円(1,980円+850円)としていても、1回10分間を超える通話を8分間行うと、追加で160円課金されて合計2,990円となり、Rakuten UN-LIMITの方が割安となります。

 

3.国外でもデータ通信ができる

 

自社内でも早くから公用語を英語とした楽天だけあって、Rakuten UN-LIMITはそのまま海外でも使える設計となっています。

 

データ容量は月々2GBまで66カ国(アメリカ本土、カナダ、イギリス、イタリア、スペイン、ドイツ、フランス、中国、香港、台湾、韓国、インド、インドネシア、アメリカ(ハワイ)、グアム、シンガポールなどを網羅)で使え、海外出張の多いビジネマンには重宝しそうです。

 

2GBあれば出張などはまかなえますが、データ容量を超過すると、最大128kbpsに速度が落ちることは要注意です。

 

4.国際通話が月980円のオプションでかけ放題

 

データ通信だけでなく、通話もグローバルで使えます。

 

Rakuten Linkというアプリを使えば何と月980円で日本から海外66カ国へ、逆に海外66カ国から日本にもかけ放題となります。

 



 

まとめ

 

キャリアとなった楽天モバイルと格安SIM大手のイオンモバイルのサービスと料金を比較してきましたが、イメージがついたでしょうか。

 

どちらもドコモ、au、ソフトバンクに比べるととても安価なサービスですので、ご自身のライフスタイルに合った方を選択し、浮いたお金で他の大事なことに使いましょう。

 

イオンモバイル公式サイトを見る

 

楽天モバイル公式サイトを見る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

おすすめ格安SIMランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。 どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。
UQモバイルロゴ
12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。 セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • OPPO Reno3 A発売キャンペーン(2020年7月1日〜2020年8月30日)
  • AQUOS sense3 basicデビューキャンペーン(2020年6月19日〜2020年7月26日)
  • スマホプラン データ増量キャンペーン:「スマホプラン」&「通話オプション★」へ加入&UQモバイルの電話番号で「au ID」登録により13ヶ月データが増量(2019年11月29日〜)
UQ mobileのキャッシュバックキャンペーンはこちらから

mineoロゴ
余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • データ使い放題で月額980円〜!コミコミでおトクになるキャンペーン(2020年6月1日〜2020年8月2日)
  • 日経電子版 最大2カ月無料キャンペーン(2020年6月1日〜2020年8月2日)
  • mineo端末安心保証 加入促進キャンペーン(2020年3月3日〜2020年8月31日)
mineo に申し込む

Rakuten_Logo_New
都市圏にお住まいで、楽天ヘビーユーザーの方はポイントが+2倍となるので検討すべきです。端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーン:1年間プラン料金無料/300万名対象(2020年3月3日〜終了日未定)
  • Rakuten UN-LIMITオンライン契約で3,000ポイントプレゼント(2020年3月3日〜2020年6月30日)
楽天モバイル に申し込む

ワイモバイルロゴ
1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。 携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • PayPayフリマ&ヤフオク! 売っても買ってもおトク祭り(2020年6月1日〜)
  • PayPayモールで最大15%相当戻ってくる!(2020年4月1日〜)
ワイモバイルに申し込む

イオンモバイルロゴ
普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。 解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。
  • 納得!夏得!家計節約キャンペーン2020:イオンモバイルへのMNPで3,000WAONポイントプレゼント!他(2020年7月1日〜2020年8月31日)
  • やさしいスマホ ゆっくりマイペースでスマホデビュー(2019年9月6日〜)
イオンモバイルに申し込む

 このエントリーをはてなブックマークに追加