UQモバイルZenFone 3が画面割れ!格安SIMで端末補償は必要だったか?

先日、娘が自分のUQモバイル ZenFone 3を誤って部屋の床に落とし、軽度ながら画面を破損しました。こちらの通りです。

 

ZenFone 3画面

 

家族割で契約している娘の端末です。さほど目立ちませんが、左上部及び左から1cmあたりに上下に亀裂が入ってしまいました。

 

UQモバイルの月額380円の端末補償サービスには加入していましたが、はたしてこれはコスパとしてみた場合正解だったのでしょうか。

 

契約は昨年2017年の6月です。

 

答えは「正解」です。理由はこの後述べていきます。

 

 

格安SIMでセット購入できるスマホ端末の補償サービスは契約時にしか加入できないから、判断するのが難しいんだよね。


 

今後スマホ画面の破損がいつ起こるか、それまでにいくら払うことになるかはわからないからね。。実際のケースでみていこう!


 

 

 

さっそくUQ mobile端末補償サービス受付センター:0120-466ー446に電話して対応を確認してみました。

 

預り修理では上限5,000円での対応、交換の場合だと1回目は5,000円、2回目は8,000円。(1年の間に2回まで交換可能)

 

修理か交換かは利用者が選択できます

 

交換の場合は受付窓口に電話後、1-2日後には交換機が送られてきますが、修理の場合はメーカーに修理見積を確認した後の作業となるので、2-3週間はかかるとのこと。

 

修理の場合でも一旦端末は完全に初期化されてしまうようです。

 

依頼すれば、1,000円で修理期間中の代用機も頼めます。ただし、代用機は同じSIMと充電器が合致するもので在庫がある機種から選定されますので、必ずしも使っていた機種と同じになるわけではありません。

 

在庫がない場合、住まい近くのUQスポットから借りることになる場合もあるとのことでした。

 

端末の受け渡しはUQスポットの他、宅配(送料無料)でも対応しています。

 

 

購入から1年以内はメーカー補償があるということを思い出し、2018/2/21にオープンしたばかりのASUS Store Akasakaに電話して破損対応のことを聞いてみました。

 

購入から1年以内で自然故障の場合は無償修理対応ですが、1-2週間かかるとのこと。その間の代用機提供はありません。

 

購入から2年目以降は実費が1万円以上かかります。

 

しかし、今回のように落下による破損の場合、1年目でも実費がかかる上に、メーカーやその他の修理店に直接依頼してしまうと、UQモバイルからは改造と見なされ、修正対応してもらえなくなってしまいます

 

 

さあ、ここから選択肢は以下の4つです。○はそれぞれのメリット、×はデメリットです。

 

A.破損部分は小さく、動作に支障はないので、当面そのままにする
○費用がかからず、データ移行も不要
×小さいとはいえ、傷が不快、今後動作に影響していくリスクもある

 

B.UQモバイルで修理する
○交換より安くなる可能性がある
×修理期間、代用機の利用となり、1,000円余計に費用がかかる
×マックスで5,000円かかる

 

C.UQモバイルに交換を依頼する
○すぐに同じ機種の新品に移行できる
×5,000円かかる
×データ移行が面倒

 

D.ASUSに修理を依頼する
×UQモバイルからは改造とみなされ、今後修理・交換対応してもらえなくなる
×修理に1-2週間日数がかかり、代用機もない

 

 

選択結果は「A.当面そのままにする」の後、「C.UQモバイルに交換を依頼する」です。

 

破損後様子を見ていましたが、約2ヶ月後のある日から充電に今まで以上に時間がかかり、アウトカメラのピントが合わなくなりました。

 

これは致命傷ということで、UQモバイルに電話して交換を依頼しました。

 

 

事前に新しい端末到着前にGoogleドライブにバックアップを取り、ゲームアプリの引継ぎID/PWを取得しておきました。

 

UQ mobile端末補償サービス受付センターに電話をした翌日、箱詰め宅急便で新しい端末とともに、返送手順を記載したA4用紙、端末交換サービスご利用の手引き、着払い送り状と返送用の緩衝材入り封筒が届きました。

 

UQモバイル交換機
UQモバイル端末補償サービス同梱物

 

SIMとSDカードを入れ替え、電源を入れて自宅Wi-Fiのパスワードをセットすると、既にUQモバイル側でAPN設定済なのですぐにネット接続できました。

 

あとはGoogleのアカウント認証をすれば、メニューにしたがってクラウド上のGoogleドライブからデータを復元できます。

 

全てのデータの復元完了を確認後、元の破損した端末を初期化して、返送用封筒に入れて送り状を張り付け、配送業者に集荷を依頼して送ればすべて完了です。

 

交換機を受け取ってから14日以内に返送しないと違約金40,000円を請求されてしまいますので、早めに処理してしまいましょう。

 

交換機到着後のプロセスを改めて簡潔にまとめると、このようになります。

 

  1. 旧端末からのデータバックアップ
  2. 交換機受け取り
  3. SIMやSDカードの入れ替え
  4. (必要に応じて)Wi-Fiパスワード設定
  5. Googleアカウント認証とデータ復元
  6. 旧端末の初期化
  7. 旧端末の梱包
  8. 集荷依頼と返送

 

 

これまで契約から端末保証サービス代として、4,560円(380円×11ヶ月)を支払っています。修理又は交換費用を5,000円とすると、今回破損対応費用として9,560円かかったことになります。

 

端末補償サービスに加入していなかったとすると、15,000円(ZenFone修理王より)はかかっていたことになり、5,000円以上お得だったということになります。

 

おまけに修理期間中、スマホは使えなくなっていました。スマホがない生活はもはや想像するだけで恐ろしい世界です。

 

代用機がないのは困るので、結局新規に端末を購入することにしていたでしょう。。

 

ZenFone 3はSIMフリー版を購入すると26,909円(価格コム5/16最安値)します。そうなると10,000以上お得だったことになります。

 

月額380円で端末補償サービスに加入しておいてよかったです。

 

UQモバイルの端末の場合、回線契約時にセットで申し込まないと、この補償サービスに加入することができないのでお忘れなく。

 

ちなみに自分で別途用意したAndroidのSIMフリー端末(いわゆる持込端末)の場合は、月額500円つながる端末保証というサービスがあり、同様に端末故障時の修理・交換を受けることができます。

 

iPhone端末の場合はApple Careに加入する必要があります。

 

 

ケースはビジュアル重視で楽天で購入したこのようなプラスチック製ハードケースを使っていました。

 


 

年頃の女の子なので、おしゃれでない頑丈さ重視のケースは間違っても選択しません。

 

頑丈なスマホケースを使っていれば落下による破損はほとんど防げるから、補償サービスは加入不要という意見も世間には見受けられます。

 

しかし、そうもいってはいられない事情もあるのです。

 

 

僕もオシャレなケースじゃないと使いたくないな。


 

君はそもそもスマホは必要ないでしょ!


 

 

今回ZenFone画面に保護フィルは貼っていました。

 

しかし、より画面割れを防止するため、耐衝撃強化ガラスフィルムに張り替えました。

 

 

またこちらのバンカーリングも娘に購入しました。

 

 

皆様、落下などによるスマホの画面割れには気をつけましょう。

 

とはいえ、こちらのデータが示す通り、スマホの落下による画面破損は頻発傾向にあります。

 

 

自分は大丈夫と思っていても、ある日突然発生することが多いものです。

 

月々数百円なので、端末補償サービスやつながる端末保証には加入しておきましょう。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安SIMおススメランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。

どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。

第1位
UQモバイルロゴ

12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。
セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • ファミゼロ学割:18歳以下とそのご家族が新規またはMNPで「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」を契約すると月額基本料金が最大3ヶ月無料、新中高生の月額基本料金は最大5ヶ月間無料(2018年12月1日〜2019年5月31日)

UQモバイル公式サイト


第2位
mineoロゴ

余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。解約手数料もかかりません。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • 家族・友人などの紹介でデュアルタイプまたはシングルタイプを契約すると、電子マネーギフト1,000円分をプレゼント(2018年12月10日〜2019年1月31日)
  • 最大2カ月無料!mineoオプションキャンペーン:mineoでんわ 10分かけ放題サービス、持込み端末安心保証サービス、ウイルスバスター モバイル 月額版、超ストレージ、パスワードマネージャー 月額版(2018年12月10日〜2019年1月31日)
mineo公式サイト

第3位
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。
端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • ありがとう4周年 続・感謝セール!:AQUOS sense lite SH-M05が月669円×24回など(2018年12月1日〜2019年1月10日まで)
  • LG Q Stylus/AX7発売記念キャンペーン:通常価格から3,000円〜10,000円割引(2019年1月31日まで)

楽天モバイル公式:サイト


第4位
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。
解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。

  • 大盤振舞キャンペーン:2台同時契約ででWAON4,000ポイントプレゼントン、公式アカウントフォロー&リツィートでHUAWEI P20 liteなどプレゼント(2018年12月28日〜2019年1月8日)
  • 3ヶ月間月額基本料金1,130円引きキャンペーン:音声プラン、シェア音声プランに新規・MNPで契約すると3ヶ月間毎月1,130円引きに(2018年12月15日〜2019年1月14日)

イオンモバイル公式サイト


第5位
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。
携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • オンラインストア初売り2019:Android One X4が通常62,400円を14,800円から提供&他社乗り換えでワイモバイルの音声USIMに契約すると、10,000円を還元(2019年1月7日まで)
  • 学生(5歳以上18歳以下のお客さま(ご使用者))を対象に、スマホプランM/Lの基本料が加入月から最大13ヶ月間割引になるキャンペーン(2018年12月5日〜2019年5月31日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
  • 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン(2018年8月9日〜終了時期未定)


ワイモバイル公式サイト

 このエントリーをはてなブックマークに追加