イオンモバイルの3日間制限はどうすると起こる?対応方法とは?

イオンモバイルの3日間速度制限の仕組み

 

格安SIMで3日間の速度制限に気をつけましょうという話を聞かれた方も多いかと思います。

 

これは直近の3日間データ通信容量が一定以上を超えてしまうと、通信速度が遅くなるという意味です。

 

イオンモバイルでは、この3日間速度制限の仕組みがUQモバイル(データ高速/無制限プラン)、mineoのAプランなどと少し異なります。この2社では、高速通信時の3日間合計通信容量に対して制限を設け、一定容量を超えると、低速通信になります。

 

ところがイオンモバイルでは逆で、高速通信時には3日間速度制限はなく、逆に低速通信時(最大200Kbps)の直近3日間合計通信容量が366KBを超えると、通信速度に制限がかかり、更に低速になる仕組みです。

 

これは、タイプ1と呼ばれる音声・データ・シェアといういずれの契約タイプにも対応したSIMのみの仕様です。タイプ1にはau回線とドコモ回線がありますが、そのどちらにも適用されます。

 

もう一つのタイプ2と呼ばれるドコモ回線を利用したデータプランのみに対応したSIMでは、この3日間速度制限は一切ありません。

 

直近3日間で合計366KBを超えたら必ず速度制限がかかるのか

 

「速度制限がかかってしまうことがある」と記載の通り、3日間合計容量が366KBを超えたら必ず速度制限がかかるわけではないようです。しかし、具体的にどういったケースで制限がかかるかは、イオンモバイルに問い合わせても「回答いたしかねます」とのことでした。

 

恐らくその時のイオンモバイル全体の帯域の余裕度合いに応じて制限を課しているものと想定できます。

 

低速時速度制限はどうすれば解除できるのか

 

イオンモバイルに問い合わせたところ、この低速時速度制限は、超過した日の翌日以降、再び3日間合計のデータ通信容量が366KB未満になれば解除されるとのことでした。

 

高速通信容量が残っていれば、高速通信モードに戻せばつながらなくて困ることはないですね。

 

当月分の高速データ通信容量を使い切っている場合は、マイページから追加購入すれば高速通信ができます。特にイオンモバイルではこの追加購入費用が1GB当たり480円と、業界最安値どころか激安と言っていいレベルなのです。

 

ワイモバイルやUQモバイルでは500MBで500円ですから、およそ半分の値段となるわけです。

 

ちなみにイオンモバイルではAndroid用の「イオンモバイル速度切り替え」アプリが提供されていますが、ここでは高速通信容量の購入はできません。

 

なぜ速度制限をするのか

 

格安SIMでは通信設備を自社でもたず、キャリアから一定の帯域(データを一度にどのぐらい送れるかという通信速度)を購入して自社のサービスを提供しています。

 

格安SIM事業者にとって帯域はコストなので、多くのユーザーに快適な通信環境を提供するためには料金と通信速度のバランスをとる必要があるわけです。

 

一部のヘビーユーザーだけが大量データ通信を行うと、限られた資源である帯域の負荷が高まって他のユーザーに快適な通信環境を提供できなくなって不公平となるため、上記のような速度制限を設けているのです。

 

毎月同じ2,000円を払って同じ契約内容なのに、一部の人だけがずっと快適に通信でき、他の人はなかなかつながらないという状態は避けないといけないですからね。

 

イオンモバイルのデータ容量の賢い使い方

 

イオンモバイルでも高速・低速を切り替える専用アプリ「イオンモバイル速度切り替え」が提供され(アプリは現状Android版のみ提供、iPhoneではサイトのマイページから切り替え)、高速通信OFF(低速通信)時は高速通信データ容量は減りません。

 

しかし上記の通り、低速通信時の直近3日間合計通信容量が366KBを超えると更なる速度制限がかかってしまうことがあるので、低速時に使いたい放題とはなりません。

 

テキスト中心のサイト・アプリでは低速モードをできるだけ使い、低速時速度制限がかかったら高速モードに戻して3日間使う。その後再びできるだけ低速モードに切り変える。

 

イオンモバイル速度切り替え

 

このサイクルを繰り返し、高速通信データ容量がなくなったら1GB当たり480円でデータ容量を追加購入する。

 

こうすることで、消費データ容量を最小化し、低料金プランに見直していくと、安く運用できますね。

 

イオンモバイルの追加での高速通信容量購入時の注意点

 

他の格安SIM同様、イオンモバイルでも毎月の高速通信容量は余った場合、翌月に繰り越して使うことができます。

 

ただし、契約の当月分を使い果たし、マイページから1GB480円で追加購入した分については翌月に繰り越すことができません

 

追加購入した場合は、当月に使い切るようにしましょう。

 

イオンモバイルのメリット

 

ここまでイオンモバイルの3日間速度制限について解説してきましたが、他の格安SIMと比較した場合のメリットは以下の通りです。

 

  • 全国に220店舗以上ある身近なイオンの店舗でスマホにまつわることを気軽に相談できる。
  • データ容量当たりの金額が安い(音声通話SIM2GBで1,380円)。
  • 500MB〜50GBと料金体系が細分化され、選択肢が多い。
  • 音声通話SIMにも最低利用期間がない(解約手数料ゼロ円)。
  • アプリ「イオンでんわ」から発信することで10分間かけ放題となるオプションサービス(月額850円)がある
  • 家族や複数端末でデータ容量を低コストで共有できるシェアプランがある。
  • スマホ+回線セットで1週間の無料お試し利用サービスがある。
  • 技適マークのあるすべての持ち込みスマホ・タブレット(iOS、Android)につき、保証サービスが適用となる

 

支払いにクレジットカードが必須、独自メールアドレスはないなどの懸念点はあるものの、2017年オリコン調査で顧客満足度1位の格安SIMです。

 

 

この機会に格安SIM移行を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安SIMおススメランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。

どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。

第1位
UQモバイルロゴ

12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。
セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • ファミゼロ学割:18歳以下とそのご家族が新規またはMNPで「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」を契約すると月額基本料金が最大3ヶ月無料、新中高生の月額基本料金は最大5ヶ月間無料(2018年12月1日〜2019年5月31日)

UQモバイル公式サイト


第2位
mineoロゴ

余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。解約手数料もかかりません。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • 家族・友人などの紹介でデュアルタイプまたはシングルタイプを契約すると、電子マネーギフト1,000円分をプレゼント(2018年12月10日〜2019年1月31日)
  • 最大2カ月無料!mineoオプションキャンペーン:mineoでんわ 10分かけ放題サービス、持込み端末安心保証サービス、ウイルスバスター モバイル 月額版、超ストレージ、パスワードマネージャー 月額版(2018年12月10日〜2019年1月31日)
mineo公式サイト

第3位
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。
端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • ありがとう4周年 続・感謝セール!:AQUOS sense lite SH-M05が月669円×24回など(2018年12月1日〜2019年1月10日まで)
  • LG Q Stylus/AX7発売記念キャンペーン:通常価格から3,000円〜10,000円割引(2019年1月31日まで)

楽天モバイル公式:サイト


第4位
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。
解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。

  • 大盤振舞キャンペーン:2台同時契約ででWAON4,000ポイントプレゼントン、公式アカウントフォロー&リツィートでHUAWEI P20 liteなどプレゼント(2018年12月28日〜2019年1月8日)
  • 3ヶ月間月額基本料金1,130円引きキャンペーン:音声プラン、シェア音声プランに新規・MNPで契約すると3ヶ月間毎月1,130円引きに(2018年12月15日〜2019年1月14日)

イオンモバイル公式サイト


第5位
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。
携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • オンラインストア初売り2019:Android One X4が通常62,400円を14,800円から提供&他社乗り換えでワイモバイルの音声USIMに契約すると、10,000円を還元(2019年1月7日まで)
  • 学生(5歳以上18歳以下のお客さま(ご使用者))を対象に、スマホプランM/Lの基本料が加入月から最大13ヶ月間割引になるキャンペーン(2018年12月5日〜2019年5月31日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
  • 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン(2018年8月9日〜終了時期未定)


ワイモバイル公式サイト

 このエントリーをはてなブックマークに追加