自宅でWi-FiルーターなしにUQ mobileをWi-Fi接続する方法とは?

キャリアから格安SIMに移行する理由はコストダウンです。これがすべてといっても過言ではありません。

 

毎月スマホ代に7千円以上使うのはもったいない。必要要素が満たされて2千円代で済むのなら、それに越したことはないですからね。

 

更にいうと、移行した格安SIMを利用する上でもできるだけ費用をおさえるポイントは、Wi-Fiをいかに利用するかにかかっています

 

自宅ではWi-Fiルーターを既に設置している方も多いかと思います。

 

しかし、僕の部屋にはいわゆるWi-Fiルーターはないのに、UQ mobileをWi-Fi接続し、おしゃべりプランSの契約で毎月3千円代前半で済んでいます。

 

別の部屋にWi-FiルーターがあってWi-Fiの電波を利用しているからというつまらないオチではありません。

 

理由は有線で接続したノートPCをWi-Fiルーター代わりにしているからなのです。

 

Windows 10では簡単にPCをWi-Fiルーターのようにして使うことができるのです。

 

今や安価なノートPCでも無線接続機能がありますからね。実際、僕のノートPCは4万円代のデル製です。

 

別の言葉でいうと、パソコンをWi-Fiのアクセスポイント化し、スマホ・タブレットなどWi-Fi機器をインターネットに接続するという逆テザリングになるわけです。

 

これが簡単にできるようになったのは、2016年8月3日から提供が開始されたWindows 10のAnniversary Update(アニバーサリーアップデート)以降になります。

 

これ以前のWindowsでこの逆テザリングを行うには非常に複雑なコマンド操作が必要で一般利用者には困難な方法でした。

 

Windows 10でPCをWi-Fiルーターのように活用する方法

 

Windows 10のスタートメニューから「設定」アイコンをクリックします。

 

左側メニューの「モバイル ホットスポット」をクリックします。

 

モバイルホットスポット

 

右側の「モバイル ホットスポット」を「オン」にして、画面下の「編集」をクリックします。

 

モバイルホットスポットオン

 

スマホとWi-Fi接続するためのパスワードを入力し、保存します。ネットワーク名はデフォルトのままでも任意の名称に変えても問題ありません。

 

PW設定

 

前の画面で入力したパスワードが表示されているのが確認できます。

 

モバイルホットスポットPW表示確認

 

後はWi-Fi接続したいスマホなどでWi-Fi接続先として、上記のネットワーク名を選び、設定したパスワードを入力すれば完了です。

 

これで接続できれば、パソコン側のモバイル ホットスポットの画面下部に、接続されているデバイスとして、自分のスマホ名が表示されているはずです。

 

モバイルホットスポット接続デバイス確認

 

UQ mobileの費用をおさえるもう一つの秘訣

 

UQモバイルには無料のポータルアプリが提供されており、このアプリを通して節約モードに変更できます。

 

UQモバイルポータルアプリ

 

節約モードにすると、通信速度が受信時最大225Mbpsから300Kbpsへと遅くなるかわりに、データ消費量がゼロになるのです。

 

テキスト中心のサイトや360p程度の画質の動画(YouTubeなど)ならやや遅いながらも使えます。

 

UQモバイル以外の格安SIMでも専用アプリで同様に低速に切り替えることはできますが、通信速度が最大200Kbpsと遅いのです。

 

この100Kbpsの差は体感速度として無視できないものです。

 

ポータルアプリを使う上では画面上にウィジェットとして登録しておくと、ロック画面からでもワンタップでモードの切り替えができるので便利です。

 

iPhone、Androidそれぞれのウィジェット登録方法はこちらを参照して下さい。

 

実際に僕の端末を通して流れる毎月のパケット量は20GBを超えていると思いますが、UQ mobileのおしゃべりプランSの2GBで済んでいる理由は、このWi-Fiと節約モードをできるだけ活用しているからです。

 

外出先でアプリダウンロードなどが必要になった場合はコンビニやマクドナルドのWi-Fiを利用しています。

 

Wi-Fiのない場所では、回線の混雑する12-13時以外では、できるだけ節約モードでネット利用しています。

 

格安SIMを運用する上ではいかにデータ通信容量をおさえるかが、安く済ませる鍵を握っています。移行前に使っていたデータ通信容量を前提とするのでなく、家計と同じようにWi-Fiや低速モードでデータ消費をどれだけ抑制できるかを考えてできるたけ少ない容量の料金プランで契約してみましょう。

 

その場合、低速(節約)モードでも他社よりも高速なUQモバイルは、第一候補としておススメできます。

 

UQモバイル に申し込む

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

おすすめ格安SIMランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。 どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。
UQモバイルロゴ
12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。 セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • UQモバイルでは2019年7月現在、家族割、イチキュッパ割、増量オプション2年間無料キャンペーン、MNP新規申し込み者や機種変更者を対象向けの下取りサービスなど、無期限のキャンペーンのみ実施されています。
UQ mobileのキャッシュバックキャンペーンはこちらから

mineoロゴ
余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
mineo に申し込む
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。 端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • 機種変更応援キャンペーン:人気スマホへの機種変更がおトク!対象製品が6,000円引き!(2019年11月14日まで)
  • お友達紹介キャンペーン!紹介した方は、1人紹介するごとに最大3,000ポイントプレゼント!(2019年12月2日まで)
楽天モバイル に申し込む
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。 携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • PayPayボーナス10,000円相当をプレゼント!:「B.LEAGUEスタンプ」サイトにて新規会員登録をすると、「PayPayボーナス10,000円相当」を抽選で20名にプレゼント(2019年10月8日〜2019年11月14日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
ワイモバイルへの申し込みはこちら
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。 解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。
  • やさしいスマホ ゆっくりマイペースでスマホデビュー:60歳以上の方向けにイオンでんわ10分かけ放題と電話サポートがセットで月額850円にて提供中(2019年9月6日〜)
イオンモバイルに申し込む

 このエントリーをはてなブックマークに追加