主要格安SIMの持込端末保証を徹底比較〜最も手厚いのはイオンモバイル

「携帯端末(電話)の修理に関するアンケート」(2017年10月オークネット調べ)によると、15歳以上の携帯端末(スマホ、タブレット、ガラケー)利用者のうち、約3割が過去2年の間に端末不具合があったと回答しています。

 

その不具合のうち最も多いのがディスプレイの破損で、31%もの人が経験していることがわかります。

 

 

確かに電車に乗っていると、スマホのディスプレイにひびが入ったまま使っている若い人をちょくちょく見かけますね。

 

画面破損

 

そのままでも使えること、修理に出すのが面倒なこと、費用がかなりかかることが放置の理由のようです。

 

実際、ディスプレイ破損修理を実費で支払うと1万円〜2万円はかかりますからね。

 

こうした実態をふまえると、これまで使ってきた端末で格安SIMを使う場合の端末保証は重要といえます。

 

しかし、知人の話を聞いたり、ネットの口コミを見ていると、格安SIMだとキャリアと違ってサポートが限定的、特にキャリア端末やSIMフリー端末を使ってSIMだけ格安SIMに移行した場合、端末の保証は受けられないと思っている人が多い印象です。

 

格安SIMも市場に登場して数年が経ち、当初と比べサポート体制がかなり充実してきており、セット購入端末の保証は当たり前。持込端末についても大手は全て保証対象としているのが実態です

 

ところが詳細を比較してみると、保証対象端末や保証期間などに差がみてとれます。

 

各社の公式サイト公開情報や、各社へのヒアリング内容をもとに、当サイトが推奨する格安SIM5社を中心に9社(UQモバイル、mineo、楽天モバイル、ワイモバイル、イオンモバイル、LINEモバイル、BIGLOBEモバイル、DMMモバイル、IIJmio)の持込端末保証を比較し、それぞれの長所と短所をまとめました。(2020年6月現在)

 

ぜひ格安SIMへの移行の参考にしてみてください。

 

主要5社(UQモバイル、mineo、楽天モバイル、ワイモバイル、イオンモバイル)は以下の9項目について情報を整理しました。

 

  • 名称
  • 料金
  • 対象端末
  • 保証内容
  • 保証期間
  • 申請方法
  • 詳細URL
  • 窓口

 

 

スマホ以外もそうだけど保証サービスって入るかいつも迷うんだよね。


 

毎月500円の保証料だと、1年で6,000円、2年で1万2,000円。僕なら端末代金が3万円以上かが保証をつけるかの分かれ道かな。


 

 

故障直前の通信履歴は問わないものの、Androidのみ持込端末保証対象のUQモバイル

 

UQモバイルつながる端末補償

 

  • 名称 つながる端末保証
  • 料金 月額500円(税抜)
  • 対象端末 UQモバイルのSIMカードを利用しているAndroidのスマホ・タブレット端末で保証対象として事前登録した端末
  • ※非正規修正端末、日本で正規販売のない端末は除く

  • 保証内容 保証対象端末の場合、水没、自然故障、落下などにより不具合が生じた端末の無償修理。修理できない場合、1回目は4千円(税抜)、2回目は8千円で交換機(指定製品)を提供
  • 保証期間 申込み翌月1日から保証対象となり、自然故障の場合、発売日から36ヶ月以内、水没・破損の場合は本契約期間中
  • 申請方法 故障日から7日以内にコールセンターに電話し、故障端末を送付。修理中は交換機を無償で提供。
  • 詳細URLはこちら
  • 窓口 つながる端末保証修理受付センター 0120-301-883 受付時間 10:00〜18:00(年末年始除く)

 

メリットとデメリット

○故障直前の通信履歴は問わない
×iPhoneは保証対象外
×故障から7日間以内の申告が必要と厳しめ

 

 

キャリア端末は交換のみの対応となるmineo

 

mineo持込み端末保証

 

  • 名称 持込み端末安心保証サービス
  • 料金 月額500円(税抜)
  • 対象端末 こちらのリストにあるSIMフリー端末、キャリア端末(ASUS・HUAWEI・Motorola・FUJITSU・SHARPなどのAndroid)、iPhone・iPad。事前に登録済で、故障発生日から過去30日間で当SIMによる通信を常時利用している端末。
  • 保証内容 破損、水濡れなど、万が一のトラブル時(盗難・紛失や火災等、本サービスは利用できない場合あり)の年間2回までの無償修理(ただしAndroidキャリア端末は交換のみ対応)。修理できない場合、1回目は5千円(税抜)、2回目は8千円で交換機(指定製品)を提供。年間3回目以降は修理・交換とも実費。
  • ※代替機の貸し出しは3,000円で対応。

  • 保証期間 加入日から31日後から保証対象。各メーカーの保証期間内での自然故障については、各メーカーでの対応。
  • 申請方法 故障日から10日以内にコールセンターに電話し、故障端末を送付
  • 詳細URLはこちら
  • 窓口 クロネコ端末安心保証ダイヤル 0800-0800-171 受付時間 10:00〜19:00(年中無休)

 

メリットとデメリット

○故障から10日間以内の申告と緩め
×代替機の貸出はあるが有料(3千円)
×キャリア端末は交換のみ対応で修理非対応
×故障直前30日間の通信履歴を問われる
×1回目の交換は5千円とやや高め

 

 

標準的な保証内容の楽天モバイル

 

楽天モバイルつながる端末保証

 

  • 名称 つながる端末保証 by 楽天モバイル
  • 料金 月額500円(税抜)
  • 対象端末 楽天モバイルのSIMカードを利用し通話・通信を行っているスマートフォン・タブレット端末・モバイルルータで、かつ、保証対象として事前登録を行った端末。故障発生申告日から過去90日間で当SIMによる通信が確認できた端末
  • 保証内容 水没、自然故障、落下などにより不具合が生じた端末の無償修理。修理できない場合、1回目は4千円(税抜)、2回目は8千円で交換機(指定製品)を提供
  • ※修理対応時、Androidの無料貸出を提供(送料は利用者負担)

  • 保証期間 申込み翌月1日から保証対象となり、自然故障の場合、発売日から36ヶ月以内、水没・破損の場合は本契約期間中
  • 申請方法 故障日から7日以内にコールセンターに電話し、故障端末を送付
  • 詳細URLはこちら
  • 窓口 コールセンター 050-5212-6913 受付時間 9:00 〜 20:00 年中無休

 

メリットとデメリット

○(特筆すべきメリットはなし)
×故障から7日間以内の申告が必要と厳しめ

 

 

修理は行わず、交換のみの対応となるワイモバイル

 

ワイモバイル故障安心パックライト

 

  • 名称 故障安心パックライト
  • 料金 月額500円(税抜)
  • 対象端末 上記表記載のAndroidとiPhone
  • 保証内容 故障した場合有償(7,500円〜)での交換のみの対応。修理は対応していない。
  • 保証期間 申込み日から解約まで
  • 申請方法 ワイモバイルショップ店頭にて端末交換
  • 詳細URLはこちら
  • 窓口 全国ワイモバイルショップ店頭

 

メリットとデメリット

×修理対応はなし
×交換時の費用が高め

 

 

月額保証料金は高めなものの、技適マークのある端末全てが保証対象など、手厚いイオンモバイル

 

イオンモバイル持ちこみ保証

 

  • 名称 持ちこみ保証
  • 料金 Android・Windows端末月額550円、iOS端末月額650円(税抜)
  • 対象端末 キャリア端末、SIMフリー端末で日本国内使用が認められているスマホ・タブレット
  • 保証内容 自然故障・水濡れ・破損などにより不具合が生じた端末の無償修理(上限金額なし)。修理できない場合、Android・Windows端末は1回目4千円(税抜)、2回目8千円、iOS端末は一律1万2千円の負担金で交換機(指定製品)を提供
  • ※盗難・紛失は対象外
    ※修理期間中、無料で貸出機提供
    ※本体部分のみの保証であり、電池パック、電源コード、取扱説明書その他付属品やSIMカードは対象外

  • 保証期間 イオン店舗申込み日より契約終了まで
  • 申請方法 下記窓口に電話し、電話で問診後、故障端末を集荷
  • 詳細URLはこちら
  • 窓口 専用ダイヤル 0120-966-356 

 

メリットとデメリット

○保証対象端末の範囲が広い(技適マークのあるスマホ・タブレット全て)
○申込み日から保証対象で自然故障も永続的に保証
○修理保証金額上限なし
○修理期間中、無料で貸出機を提供
×保証月額料金とiOS端末の交換費用が高め
×申込みはイオン店舗のみ

 

 

その他の格安SIMでの持込端末保証

 

これら大手5社の他、LINEモバイルBIGLOBEモバイルDMMモバイルIIJmioも持込端末保証を提供しています。

 

ほぼ各社とも楽天モバイルと同様の標準的な保証料金・内容になっていますが、BIGLOBEモバイル(BIGLOBE SIM端末保証サービス)はAndroid端末のみが対象、DMMモバイル(つながる端末保証)はキャリア端末についてはドコモのみが対象でauとソフトバンク端末は保証対象外、IIJmio(つながる端末保証)ではソフトバンク端末は保証対象外という点が短所としてあげられます。

 

格安SIM移行に躊躇する理由として、通信速度の他、端末の保証面をあげる方の多いことが調査結果などからわかっています。

 

しかし上記の情報をみれば、格安SIMでも今やかなりの充実した保証を受けられ、安心して使えることがわかると思います。

 

 

格安SIMは端末保証が心配で、、という声を聞いたことがあるけど、各社とも何か十分じゃない!


 

格安SIMに限らずちゃんと自分で調べて事実を確認することだよ。


 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

おすすめ格安SIMランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。 どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。
UQモバイルロゴ
12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。 セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • OPPO Reno3 A発売キャンペーン(2020年7月1日〜2020年8月30日)
  • スマホプラン データ増量キャンペーン:「スマホプラン」&「通話オプション★」へ加入&UQモバイルの電話番号で「au ID」登録により13ヶ月データが増量(2019年11月29日〜)
UQ mobileのキャッシュバックキャンペーンはこちらから

mineoロゴ
余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • Hulu新規登録キャンペーン:翌月以降の利用でEJOICAセレクトギフト1000円分プレゼント(2020年8月1日〜2020年9月30日)
  • mineo端末安心保証 加入促進キャンペーン(2020年3月3日〜2020年8月31日)
mineo に申し込む

Rakuten_Logo_New
都市圏にお住まいで、楽天ヘビーユーザーの方はポイントが+2倍となるので検討すべきです。端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーン:1年間プラン料金無料/300万名対象(2020年3月3日〜終了日未定)
  • Rakuten UN-LIMITED申込み&Rakuten Link利用で事務手数料3,300円(税込)相当分を全額ポイント還元(2020年7月10日〜終了日未定)
楽天モバイル に申し込む

ワイモバイルロゴ
1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。 携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
    オンライン限定SUMMER SALE:iPhone 7(32GB)が21,600円(税込)、Xperia 10 Uが36,000円(税込)(2020年7月22日〜2020年8月31日)
  • PayPayフリマ&ヤフオク! 売っても買ってもおトク祭り(2020年6月1日〜)
  • PayPayモールで最大15%相当戻ってくる!(2020年4月1日〜)
ワイモバイルに申し込む

イオンモバイルロゴ
普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。 解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。
  • 納得!夏得!家計節約キャンペーン2020:イオンモバイルへのMNPで3,000WAONポイントプレゼント!他(2020年7月1日〜2020年8月31日)
  • やさしいスマホ ゆっくりマイペースでスマホデビュー(2019年9月6日〜)
イオンモバイルに申し込む

 このエントリーをはてなブックマークに追加