UQモバイルでセット購入すべきおすすめスマホを用途別に紹介

回線が混雑する12-13時や夕方でもキャリア並みにサクサク使えるという通信速度と安定性が最大のウリのUQモバイル。マンスリー割という端末割引の仕組みや月額200円で携帯としてのメールアドレスも使えるというメリットもあります。

 

キャリアや他の格安SIMからの移行時にスペックの古くなった端末も新しくしたいという方も多いと思います。

 

端末を選ぶ際に重要なのは価格以前にどういう使い方をして何を最重視するかですね。

 

ゲームをバリバリやりたいのか、写真にこだわりたいのか、SNS・動画利用・サイト閲覧など定型的な使い方なのかなどです。また、おサイフケータイ、端末の堅牢性、iPhoneブランドなど、人により重視する点は異なりますね。

 

そこでそれらの用途別にUQモバイルでセット購入すべきおすすめスマホをご紹介します。

 

SNS・動画利用、サイト閲覧など定型的な使い方で出来るだけ安く済ませたい方

 

定型的な使い方で出来るだけ安く済ませたい方が選ぶべき端末はズバリHUAWEI P10 liteです。

 

HUAWEI P10lite

 

バランスのとれたスペックで定型的使い方なら不自由を感じることはありません。

 

スペック項目
CPU 2.1GHz/4コア+1.7GHz/4コア
メモリ(RAM) 3GB
ストレージ(ROM) 32GB
バッテリー 3,000mAh
カメラF値 アウトカメラ2.2、インカメラ2.0
カメラ画素数

アウトカメラ約1200万画素
インカメラ800万画素

 

それぞれのスペックの意味合いはこちらを参照してください。

 

冒頭に記載したマンスリー割の仕組みにより、おしゃべりプランかぴったりプランでセット購入し、24回の分割払いにすれば、この端末は契約初月の108円しかかからないのです。

 

公式サイトには以下のように記載されています。

 

HUAWEI P10lite料金

 

SIMフリー版のこの端末を購入すれば22,896円(2018/3/3価格コム最安値)しますので、非常にお得です。

 

仮に途中でもっと高スペックの端末にしたくなったら、実質108円のこの端末をヤフオクやメルカリなどで売り、その費用を新端末代に充当する手もあります。

 

注意点としては、UQモバイルのマンスリー割は、2年契約のおしゃべりプランやぴったりプランを途中解約してしまうと、契約解除料の9,500円の他、端末代残債も支払わなくてはならないことです。

 

上記のHUAWEI P10 liteの場合、仮に1年後に解約すると、端末割賦販売価格33,804円のうち、残り12ヶ月分として1,404円×12=16,848円、契約解除料として10,260円(税抜9,500円)、合計27,108円の支払いが発生することになります。

 

3Dゲームをバリバリやりたい方

3Dゲームをサクサク動かすためにはCPUの性能と、メモリの容量が問われます。これらが十分でないとプレイ中にアプリが落ちたり、動かなくなったりします。

 

また、ゲームなどの多数のアプリをインストールするには大容量のストレージ(ROM)、長時間プレイするにはバッテリー容量も十分でないと何かと面倒になります。

 

これらの観点からおすすめのスマホはASUSのZenFone 4になります。

 

ZenFone4

 

スペック項目
CPU 2.2GHz/オクタコア
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ(ROM) 64GB
バッテリー 3,300mAh
カメラF値

アウトカメラ1.8(広角レンズは2.2)
インカメラ2.0

カメラ画素数

アウトカメラ約1,200万画素+800万画素(120°の広角カメラ)
インカメラ約800万画素

 

こちらは高スペック端末ですのでSIMフリー版を購入すると、53,795円します。(2018/3/3価格コム最安値)

 

しかし、UQモバイルのおしゃべりプランまたはぴったりプランでセット購入すると、端末代としてはプランSの場合毎月2,052円の2年分割払い(初月は3,780円)、プランMかLの場合毎月1,620円の2年分割払い(初月は3,348円)と、別途SIMフリー版を購入するより3千円〜1万3千円ほど安く購入できるのです。

 

やっぱりiPhoneにこだわりたい方

 

絶大なブランド力のiPhone。今までAndroidを使ってこられた方で一度はiPhoneをも持ちたいと思っている人は多いはずです。

 

UQモバイルではSIMロックを解除できるiPhone 5sから最新のiPhone Xまで動作検証済みリストに掲載済みで、全て使うことはできます。

 

しかしマンスリー割が適用されるセット販売対象は2018年3月現在、iPhone 6siPhone SEのみです。

 

iPhoneは高価なのでこの2つの端末がおすすめです。iPhone SEはサイズが4インチと小さいので、最もおすすめはiPhone 6sとなります。

 

iPhone6s

 

既に後継機が多数出回っていますが、コスパを考えると圧倒的にこの機種ですね。

 

スペック項目
CPU 1.85GHz/デュアルコア
メモリ(RAM) 2GB
ストレージ(ROM) 32GB(128GBも選べます)
バッテリー 1,715mAh
カメラF値 アウトカメラ2.2、インカメラ2.2
カメラ画素数

アウトカメラ約1,200万画素
インカメラ約500万画素

 

iPhone 6s SIMフリー版32GBを購入すると、54,864円します。(2018/3/3価格コム最安値)

 

しかし、UQモバイルのおしゃべりプランまたはぴったりプランでセット購入すると、端末代としてはプランSの場合毎月1,620円の2年分割払い(初月は1,728円)と、1万6千円ほど安く購入できるのです。

 

また、今(2018年3月)ならセット購入でJCBギフトカード3,000円分がプレゼントされます。

 

写真にこだわりたい方

 

スマホのカメラの進化も日進月歩の世界です。

 

カメラのスペックとして多くの場合、画素数を比較していますが、最も気にすべきはF値デュアルカメラの有無です。

 

F値は小さいほど性能の高いレンズです。デュアルカメラとは通常レンズの他に広角レンズ(より広い範囲を撮影できる)などもう一つレンズが搭載され、切り替えて使えるタイプのスマホです。

 

この観点でおすすめのスマホは上記でゲーム向け端末として紹介したZenFone 4です。

 

120度の広角レンズも搭載しています。

 

おサイフケータイ搭載の国産スマホがいい方

おサイフケータイが使える国産端末でバランスのとれているのは2017年11月に発売されたシャープのAQUOS senseです。

 

AQUOS sense

 

シャープが得意とするIGZO液晶の美しさに加え、防水・防塵機能も備えています。

 

以下のように定型的な使い方の上では十分なスペックを備えています。

 

スペック項目
CPU 1.4GHz/4コア+1.1GHz/4コア
メモリ(RAM) 3GB
ストレージ(ROM) 32GB
バッテリー 2,700mAh
カメラF値 アウトカメラ2.2
カメラ画素数

アウトカメラ約1,310万画素
インカメラ約500万画素

 

SIMフリー版を購入すると、30,456円します。(2018/3/3価格コム最安値)

 

しかし、UQモバイルのおしゃべりプランまたはぴったりプランでセット購入すると、端末代としてはプランSの場合毎月540円の2年分割払い(初月は648円)、プランMかプランLの場合は初月108円のみと、1万7千円〜3万円ほど安く購入できるのです。

 

堅牢性を重視する方

落としても壊れにくい堅牢性を重視する方が選ぶべきスマホは富士通のarrows M04 PREMIUMです。

 

arrows M04

 

等級「IPX8」のレベルの防水だけでなく、米国国防総省が定めたMIL規格の23項目に準拠しています。具体的には落下による衝撃や高温保管(70℃固定)、温度・湿度の急激な変化にも耐えうる設計です。

 

また、このスマホは本体にハンドソープをつけて洗うこともできます。スマホは汚れやすいので清潔に使えますね。

 

以下のように定型的な使い方の上では十分なスペックも備えています。

 

スペック項目
CPU 1.2GHz/4コア
メモリ(RAM) 3GB
ストレージ(ROM) 32GB
バッテリー 2,580mAh
カメラF値 アウトカメラ2.0
カメラ画素数

アウトカメラ約1,350万画素
インカメラ約500万画素

 

SIMフリー版を購入すると、27,980円します。(2018/3/3価格コム最安値)

 

しかし、UQモバイルのおしゃべりプランまたはぴったりプランでセット購入すると、端末代としてはプランSの場合毎月540円の2年分割払い(初月は648円)、プランMかプランLの場合は初月108円のみと、1万5千円〜2万7千円ほど安く購入できるのです。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安SIMおススメランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。

どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。

第1位
UQモバイルロゴ

12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。
セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • ファミゼロ学割:18歳以下とそのご家族が新規またはMNPで「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」を契約すると月額基本料金が最大3ヶ月無料、新中高生の月額基本料金は最大5ヶ月間無料(2018年12月1日〜2019年5月31日)

UQモバイル公式サイト


第2位
mineoロゴ

余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。解約手数料もかかりません。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • 家族・友人などの紹介でデュアルタイプまたはシングルタイプを契約すると、電子マネーギフト1,000円分をプレゼント(2018年12月10日〜2019年1月31日)
  • 最大2カ月無料!mineoオプションキャンペーン:mineoでんわ 10分かけ放題サービス、持込み端末安心保証サービス、ウイルスバスター モバイル 月額版、超ストレージ、パスワードマネージャー 月額版(2018年12月10日〜2019年1月31日)
mineo公式サイト

第3位
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。
端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • ありがとう4周年 続・感謝セール!:AQUOS sense lite SH-M05が月669円×24回など(2018年12月1日〜2019年1月10日まで)
  • LG Q Stylus/AX7発売記念キャンペーン:通常価格から3,000円〜10,000円割引(2019年1月31日まで)

楽天モバイル公式:サイト


第4位
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。
解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。

  • 大盤振舞キャンペーン:2台同時契約ででWAON4,000ポイントプレゼントン、公式アカウントフォロー&リツィートでHUAWEI P20 liteなどプレゼント(2018年12月28日〜2019年1月8日)
  • 3ヶ月間月額基本料金1,130円引きキャンペーン:音声プラン、シェア音声プランに新規・MNPで契約すると3ヶ月間毎月1,130円引きに(2018年12月15日〜2019年1月14日)

イオンモバイル公式サイト


第5位
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。
携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • オンラインストア初売り2019:Android One X4が通常62,400円を14,800円から提供&他社乗り換えでワイモバイルの音声USIMに契約すると、10,000円を還元(2019年1月7日まで)
  • 学生(5歳以上18歳以下のお客さま(ご使用者))を対象に、スマホプランM/Lの基本料が加入月から最大13ヶ月間割引になるキャンペーン(2018年12月5日〜2019年5月31日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
  • 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン(2018年8月9日〜終了時期未定)


ワイモバイル公式サイト

 このエントリーをはてなブックマークに追加