キャリアから格安SIM、そして投資への移行手順を知ってイメージをつかみましょう

利用者拡大が続く格安SIMですが、普及の妨げの大きな要因となっているのが手続きや仕組みのわかりづらさです。

 

面倒でよくわからないものになかなか人は手を出そうとしません。

 

しかし実際やってみるとさほど難しいものでないことがわかります。最初のきっかけしだいだと思います。

 

細かい点から入ると混乱してしまいますので、ここでは大まかな移行の流れを解説します。

 

大きくは以下の7ステップです。

 

  1. 格安SIMと使用するスマホの選択
  2. (端末も変える場合)データのバックアップ
  3. (必要に応じて)SIMロック解除
  4. 移行日を決めて契約中のキャリアにMNP予約番号の発行を依頼
  5. 公式サイト又は移行する格安SIM取扱店舗で契約手続き
  6. SIMのスマホへの挿入とAPN(アクセスポイントネーム)設定
  7. (端末も変える場合)データ移行

 

 

MNP予約番号の発行の前にSIMロック解除を行えばいいのか。


 

全体の流れをイメージできると、理解が深まり、不安も少なくなるよ。


 

1. 格安SIMと使用するスマホの選択

 

何はともあれ、移行するSIMが決まらなければ全て決まりません。

 

12-13時などの回線混雑時での通信速度、データ容量当たりの料金、通話の仕方、携帯メールアドレスの必要性、サポート、セット端末での割引、複数台利用での割引などを考慮し、自分に合ったサービスを決めてください。

 

当サイトではUQモバイルワイモバイル楽天モバイルイオンモバイルmineoの5社を推奨しています。

 

今お使いのスマホを格安SIMでも使うのか、新規購入するのかによっても流れが変わります。

 

新規にスマホを購入するのであれば、各格安SIM公式サイトの動作検証済端末情報を必ず確認しましょう。

 

また、各社のセット販売時の値引き額も要チェックです。

 

iPhoneを新規に購入するのであれば、値段が高いので中古も検討すると良いでしょう。

 

選定にあたってはこちらの記事を参照して下さい。

 

 

2. (端末も変える場合)データバックアップ

 

iPhone間の機種変更ならiTunesかiCloudでバックアップをとります。

 

ゲームアプリなどは個別に機種変更コードを活用します。

 

Android間の機種変更はGoogleアカウントの同期、Googleバックアップ、サードパーティのバックアップアプリなどを使います。

 

iPhoneからAndroidへのデータ移行では、「連絡先」「カレンダーの予定」「写真・ビデオ」は「Googleドライブ」でできます。個別アプリは機種変更コードを使います。

 

逆にAndroidからiPhoneへの移行は、「iOSに移行」アプリを使います。こちらのApple社サイトに説明があります。

 

 

OSが変わってもこんなにデータを移行できるのか。知らなかったら一から登録していたかも。。


 

何事もよく調べることだよ。


 

3. (必要に応じて)SIMロック解除

 

使っているスマホを使い続け、今のキャリアと異なる回線を借りている格安SIM業者に移行する場合、基本的にSIMロック解除が必要です。

 

SIMロック解除は各キャリアそれぞれMy docomo、My au、My SoftBankのSIMロック解除画面で自分の端末のIMEI(製造番号)を入力して申請すればすぐに処理が完了します。

 

IMEI番号は以下で確認できる15桁の番号です。

 

  • iPhone
  • 「設定」 → 「一般」 → 「情報」の画面に記載

  • Android
  • 電話をかける方法と同じ手順で「*#06#」と入力すると画面に表示

 

SIMについてはこちらを参照してください。

 

 

携帯ショップに頼むと3千円も取られるので自分でやりましょう。数分で済みます。

 

キャリアのスマホは一括払であれば即SIM解除が可能ですが、分割払いの場合は購入後101日目以降でないとSIMロック解除ができません。

 

4. 移行日を決めて契約中のキャリアにMNP予約番号の発行を依頼

 

キャリアへの電話、キャリア店舗のいずれかで予約番号を発行できます。

 

キャリアのショップは待たされるので電話(9時-20時受付)がおすすめです。

 

  • ドコモ:0120-800-000(ドコモの携帯電話からは151)
  • au:0077-75470
  • ソフトバンク:0800-100-5533

 

処理が完了されると携帯メール宛にMNP予約番号が送られてきます。この番号は格安SIM申込時に申請します。

 

注意すべきはこの番号は有効期限が15日間で、格安SIM受付時に有効期間が10日以上必要なことです。

 

予約番号発行は格安SIM申込と同じ日に行うのが間違いないでしょう。

 

5. 公式サイト又は移行する格安SIM取扱店舗で契約手続き

 

1.で選んだ自分に合った格安SIMの公式サイトで自分のあったプランを選択し、必要情報を入力、選択して契約をします。

 

その際、本人身分証明書書類(運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど)の画像ファイル、料金引き落としのためのクレジットカード又は銀行など金融機関の口座情報が必要です。

 

当サイトがおススメしている格安SIMの中では、UQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイルが口座振替に対応しています。

 

どの業者でもSIMには以下の大きさの異なる3種類があり、使うスマホの機種によって決まります。

  • 標準SIM(=miniSIM)
  • micro SIM(マイクロSIM)
  • nano SIM(ナノSIM)

 

SIM3種

 

各格安SIM公式サイトの動作検証済み端末情報のページで使う端末に該当するSIMの種類を確認して間違えないようにしましょう。

 

例えば楽天モバイルの場合、このように端末ごとのSIM種別情報が記載されています。

 

楽天モバイルSIM種別情報

 

au回線を借りている格安SIMのUQモバイル、mineoなどではこの3つのSIM以外にもう一つ「マルチSIM」というものがあります。これは、auのLTE回線を使った高音質の音声通話サービスで従来の3G回線を使った音声通話に比べてクリアな音質で通話できるau VoLTEに対応したSIMカードのことです。

 

このマルチSIMは大きさという観点では台紙に各サイズ用の切れ込みが入っているため、SIMカードを切り離す際に上記3つのどのサイズにも対応できるのです。ですから別枠で記載しています。

 

UQモバイルのサイトではこのように記載されています。

 

UQモバイルSIM種別情報

 

格安SIMのショップや各格安SIMを扱っている家電量販店でも契約はできます。

 

スマホとセットで購入する場合、店舗は機種によって在庫がない場合がありますので、公式サイトから申し込んだ方が確実です。

 

SIMが郵送されてくるまで数日要しますが、店舗に出向きさらに待たされるのとどちらをとるかです。

 

6. SIMのスマホへの挿入とAPN(アクセスポイントネーム)設定

 

申込数日後にSIMが到着したら、スマホの電源を切った上で付属のピンをスマホ側面の小さな穴に差し込みます。すると、SIMトレイが出てきますので、新しいSIMを挿入します。

 

SIM取り出し

 

その後、通信するためにAPN(アクセスポイントネーム)設定をします。

 

これにはiPhoneとAndroidでやり方が異なります。

 

詳細はこちらの通りです。

 

 

APNの設定情報は送られてきたSIMの同梱物にも記載されています。

 

 

SIMに出し入れとかAPN設定とかビビるんだよね。


 

気持ちはわかるよ。でもやってみると大したことないよ。


 

7. (端末も変える場合)データ移行

 

2を受けてバックアップしたデータを新しい端末と同期させていきます。これで格安SIMをスマホで使えるようになります。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安SIMおススメランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。

どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。

第1位
UQモバイルロゴ

12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。
セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • データ特盛キャンペーン:増量オプションの月額料金500円を無料とし、さらにデータチャージ料金からプランSは2,000円/月、プランM6,000円/月、プランLは14,000円/月を割引(2018年9月1日〜2018年11月30日)

UQモバイル公式サイト


第2位
mineoロゴ

余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。解約手数料もかかりません。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • mineo紹介キャンペーン:Amazonギフト券1,000円分」または「EJOICAセレクトギフト1,000円分」をご紹介元およびご紹介先にプレゼント(2018年11月7日〜2018年12月9日)
mineo公式サイト

第3位
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。
端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • ローソンでエントリーパッケージを購入した方限定!スーパーホーダイをご契約で3,000ポイントプレゼントキャンペーンルール(2018年11月6日〜2018年11月19日)
  • 第1弾 楽天モバイル大抽選会:エントリー+通話SIM申込でHUAWEI P20、ZenFone 5などが抽選で当たる(2018年11月2日10:00〜2018年11月15日9:59)

楽天モバイル公式サイト


第4位
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。
解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。

  • 3か月間480円引きキャンペーン:29種類の料金プランすべてが3ヶ月間、月額基本料金480円引き(2018年11月3日〜2018年11月30日)
  • 食欲の秋!豪華プレゼントキャンペーン:イオンモバイルに契約し、AQUOS SH-M04などシャープ製端末を同時購入すると、抽選でシャープ製家電製品を40名にプレゼント(2018年10月5日〜2018年11月18日)

イオンモバイル公式サイト


第5位
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。
携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • 平成最後の“お買物の祭典”『いい買物の日』(11月11 日)キャンペーン:「Android One X3」を一括11,111 円で販売(2018年11月1日〜2018年11月11日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)


 このエントリーをはてなブックマークに追加