UQモバイルの速度や端末割引だけでない6つのメリットとは?

格安SIMを選ぶ上で重要なのはデータ容量当たりの価格、通信速度とその安定性、解約・変更などの柔軟性、対応する端末の種類と価格などでしょう。

 

それらをふまえて格安SIMに移行してからは、徹底的にそのサービスをうまく使いこなすことです。

 

そこで僕が使っているUQモバイルの使いこなすべき細かい機能やサービスを紹介します。

 

オンラインチャット、フリーダイアル、豊富な店舗での問い合わせ受付

まず、わからないことがあれば、公式サイトのチャット、フリーダイヤル0120-929-818(UQお客さまセンター:契約者向け)で聞いてしまいましょう。

 

丁寧に回答していただけるので、あれこれ悩むより早いです。

 

端末を見せて何かを聞きたいのであれば、店舗で聞くことです。

 

あまり知られていませんが、UQスポットといわれる自社店舗は23区だけで27店舗あります。
こちらにその他家電量販店など含めた取扱店舗一覧があります。

 

UQ mobileポータルアプリのウィジェット

高速通信のままにしているとデータ容量を過剰に消費します。軽いサイト閲覧の場合は低速モードで利用すると、データ容量は消費しません。

 

ポータルアプリでこの速度の切り替えができるのですが、ウィジェットとしてスマホ画面に常駐させると切り替え操作ステップを省略でき、切り替えのえリマインダーにもなるので必ず設定しておくべきです。

 

こちらに設定方法をまとめています。

 

留守番電話

友人同士の連絡なら、メッセージ送信や着信の履歴が残るLINEで済んでしまうので、わざわざ留守番電話みたいな煩わしい機能は不要でしょう。

 

ですから留守番電話のオプションサービスの存在を知らない方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし親世代でガラケーを使っている方もおり、電話文化に馴染んだ世代でもあるので、留守番電話にメッセージを残したいニーズもあります。

 

また、店舗などからの電話に出られない場合、留守番電話は重宝します。

 

UQモバイルではこの留守番電話サービスはオプションとなっており、「留守番電話サービス」「三者通話サービス」「迷惑電話撃退サービス」という電話基本パックとして月額380円で提供されています。

 

ボイスメールと合わせて 3分×99件まで保存できます。利用時は別途20円/30秒(税抜)の通話料がかかります。

 

申込みはこちらから。

 

キャリア同等のメールアドレス

UQモバイルでは月額200円で○○○○@uqmobile.jpのメールアドレスを使えます。

 

メール着信通知機能もありますので緊急性の高い連絡にも使えます。

 

何よりも格安SIMの他社のようにPCメールでなく、携帯メールとしてのアドレスなので、オンラインバンキングの認証用などとしても使え、キャリアのメールアドレス宛に送っても迷惑メールにならずに済みます。

 

申込みはmyUQ mobileの「ご契約内容から」行います。

 

1通当たり最大3MBまで30日間サーバに保存されます。メールアプリはACCESS社のアプリ:CosmoSiaを使います。

 

家族割

家族でUQモバイルのおしゃべりプランまたはぴったりプランを契約すると、子回線が9回線まで毎月500円引きになります。家族が同居していなくても戸籍抄本などの証明書があれば適用されます。

 

申込みはUQお客さまセンターへの電話かUQスポット/UQ mobile取扱店で行います。

 

自分の複数回線分としても使えますので、お得です。

 

あんしんフィルター for UQ mobile

お子さんがUQモバイルを使う場合、親のスマホに無料アプリ「あんしんフィルター」をインストールすることで子供のサイト閲覧やアプリ利用を年齢区分でコントロールできます。

 

あんしんフィルター

 

制限レベルは小学生、中学生、高校生、高校生プラスの4段階になっています。その上でサイトのURLや個別アプリごと、個別に許可/制限ができます。

 

さあ、皆さんはどこまでの機能やサービスを使いこなしているでしょうか。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安SIMおススメランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。

どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。

第1位
UQモバイルロゴ

12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。
セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • ファミゼロ学割:18歳以下とそのご家族が新規またはMNPで「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」を契約すると月額基本料金が最大3ヶ月無料、新中高生の月額基本料金は最大5ヶ月間無料(2018年12月1日〜2019年5月31日)

UQモバイル公式サイト


第2位
mineoロゴ

余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。解約手数料もかかりません。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • 家族・友人などの紹介でデュアルタイプまたはシングルタイプを契約すると、電子マネーギフト1,000円分をプレゼント(2018年12月10日〜2019年1月31日)
  • 最大2カ月無料!mineoオプションキャンペーン:mineoでんわ 10分かけ放題サービス、持込み端末安心保証サービス、ウイルスバスター モバイル 月額版、超ストレージ、パスワードマネージャー 月額版(2018年12月10日〜2019年1月31日)
mineo公式サイト

第3位
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。
端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • ありがとう4周年 続・感謝セール!:AQUOS sense lite SH-M05が月669円×24回など(2018年12月1日〜2019年1月10日まで)
  • LG Q Stylus/AX7発売記念キャンペーン:通常価格から3,000円〜10,000円割引(2019年1月31日まで)

楽天モバイル公式:サイト


第4位
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。
解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。

  • 大盤振舞キャンペーン:2台同時契約ででWAON4,000ポイントプレゼントン、公式アカウントフォロー&リツィートでHUAWEI P20 liteなどプレゼント(2018年12月28日〜2019年1月8日)
  • 3ヶ月間月額基本料金1,130円引きキャンペーン:音声プラン、シェア音声プランに新規・MNPで契約すると3ヶ月間毎月1,130円引きに(2018年12月15日〜2019年1月14日)

イオンモバイル公式サイト


第5位
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。
携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • オンラインストア初売り2019:Android One X4が通常62,400円を14,800円から提供&他社乗り換えでワイモバイルの音声USIMに契約すると、10,000円を還元(2019年1月7日まで)
  • 学生(5歳以上18歳以下のお客さま(ご使用者))を対象に、スマホプランM/Lの基本料が加入月から最大13ヶ月間割引になるキャンペーン(2018年12月5日〜2019年5月31日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
  • 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン(2018年8月9日〜終了時期未定)


ワイモバイル公式サイト

 このエントリーをはてなブックマークに追加