2019年、UQモバイルの契約1年後、2年後だけどどうする?データ増量で解約不要になりましたよ

auのサブブランドとして、ワイモバイルとともに格安SIMでありながら、昼間の回線混雑時もサクサクとストレスなく使えると評判のUQモバイル。

 

iPhone

 

通信速度とその安定性はピカ一ながら、契約から1年後には毎月1,000円値上がりする上、2年後には使える毎月データ容量が半分になるという料金体系で契約に躊躇されたり、手数料がかからない26ヶ月目に解約してMNPで他社に乗り換える方もちらほらいらっしゃいました。

 

2年目以降、格安SIMとしては割高感が高くなるので、だったら多少昼間の遅さをがまんさえすればmineo、楽天モバイルなどの方が総合的にお得なのではという考え方です。

 

確かにそれは一理ありました。

 

しかしです。

 

2018年12月、そして2019年10月と、UQモバイルはどんどん進化してきました。

 

ご紹介しましょう。

 

 

2019年10月からUQモバイルに契約する方へ

 

総務省のお達しを受けて、キャリアだけでなく大手格安SIMも2019年10月からの新規契約について、最低利用期間の縛りと解約手数料が劇的に改善されました。

 

中でもUQモバイルは最低利用期間なし、解約手数料ゼロ円と、利用者にとってこの上なくやさしい契約体系となりました!

 

またこれまでのように1年目、2年目で料金やデータ容量が変わることもなく、更にシンプルでコスパのよいサービスになりました。

 

詳しくはこちらを参照してみてくださいね。

 

 

UQモバイルの増量された新料金プランでの1年後、2年後はいくら?高いのか?

 

2018年8月までのUQモバイルの通話料込みのプラン(おしゃべりプラン・ぴったりプラン)は、以下の通りでした。2年目で料金、3年目でデータ容量が変動します。

 

1年目
S(2GB):1,980円、M(6GB):2,980円、L(14GB):4,980円

 

2年目
S(2GB):2,980円、M(6GB):3,980円、L(14GB):5,980円

 

3年目
S(1GB):2,980円、M(3GB):3,980円、L(7GB)5,980円
※3年目以降は毎月500円の追加料金で、2年目までのデータ容量を使える。

 

これだと特に3年目以降、いくら昼間も高速だといってもmineoなどに比べると割高感を感じる方がいらっしゃいました。

 

これが2018年12月1日以降、正式に以下の料金プランに変わりました。

 

基本データ容量が1.5〜2倍になったのです!

 

1年目
S(3GB):1,980円、M(9GB):2,980円、L(21GB):4,980円

 

2年目
S(3GB):2,980円、M(9GB):3,980円、L(21GB):5,980円

 

3年目
S(2GB):2,980円、M(6GB):3,980円、L(14GB):5,980円
※3年目以降は毎月500円の追加料金(増量オプション)で、2年目までのデータ容量を使える。

 

この通話料込みであるおしゃべりプラン・ぴったりプランの場合、課金開始から13ヶ月間は、イチキュッパ割という毎月1,000円の割引が適用されているので、2年目(14ヶ月目)は自動的に1,000円値上がりするのです。

 

また、上記は契約時に増量オプション(25ヶ月間は無料)を申し込み、追加課金が発生する25ヶ月目でこのオプションを解約した場合のデータ容量と料金になります。

 

3年目以降も2年目と同じデータ容量を使う場合、増量オプション料として月額500円が発生するので、以下の料金になります。

 

3年目
S(3GB):3,480円、M(9GB):4,480円、L(21GB):6,480円

 

ただし、家族とともに使う場合、子回線分は毎月500円ずつ減額されます。自分で複数端末使う場合も適用されます。

 

一見mineoなどと比べると高く見えますが、UQモバイルの上記おしゃべりプランの場合、1回5分間までの通話は何度かけても上記以外に通話料は発生しません。

 

mineoで同様のかけ放題を使うには、オプションとして「mineoでんわ 10分かけ放題」の月額850円が加算されます。

 

その上、通信速度が格安SIMの中で最も速く安定しているのがこのUQモバイルです。

 

これらを考慮するなら、上記料金は決して高いわけでなく、逆にコスパが良いといえると思います。

 

UQ mobileの最大1万3千円キャッシュバックはこちらから

 

なぜUQモバイルなのか〜キャリア、他の格安SIMとの比較

 

キャリアユーザーの方は、現状の料金と上記UQモバイルの料金を比べてみてください。

 

毎月数千円安く、体感速度は変わらず使えるのがUQモバイルなのです。

 

2019/3/19に発表されたMMD研究所による「2018年9月格安SIMサービスの利用動向調査」では、このUQモバイルが「総合満足度」」で84.6%と第1位となっている他、「データ通信品質・安定性」、「サービスブランドの信頼性」でも第1位と、非常に信頼性が高いです。

 

 

僕は2017年6月にキャリアからUQモバイルに移行していますが、体感速度は変わらず快適です。

 

わからないことがあれば、公式サイトのチャットで質問すればほとんど解決しますよ。

 

不安な方はこちらから試してみてください

 

UQモバイルの場合、自社店舗が全国100店以上ある上、大手量販店にも窓口があるので心配いりません。

 

月額数百円で端末保証も受けられますよ。これまでお使いの端末でも同様です。

 

格安SIMはサポートが限定的などの噂がありますが、それは数年前の格安SIM市場が黎明期の話です。

 

現に僕は使っていて困ったことは何もないです。

 


 

UQモバイルを1年半ほど使ってみた変化

 

ソフトバンクからUQモバイルに移行後、毎月3-4千円ほど安くなっています。

 

娘もUQモバイルを使っており、二人合わせても2年目の現在、6千円台前半です。

 

ということは年間3万円〜4万円得をしているわけですよ!

 

キャリアと同じ速度で安くなり、上記の通り特段困ることもない。

 

移行しない手はないはずです。

 

キャリアの解約手数料や端末残債があるって?

 

いやいや目先のことだけでなく、向こう1年間でのトータル費用を考えてみてください。

 

手数料などは数ヶ月で回収できてしまいますよ。

 

UQモバイルのお得なキャンペーン

 

最後にUQモバイルを検討されている方向けに更にお得になるプランをご紹介しておきます。

 

UQモバイルの正規販売代理店のリンクライフ(LinkLife)社では、おしゃべりプラン・ぴったりプランにつき、キャッシュバックキャンペーンを行っています。(まっとうな代理店です!ご安心を)

 

下記サイト経由で申し込むと、端末セットなら1万1千円〜1万3千円、SIMのみでも1万円〜1万3千円のキャッシュバックを受けられるのです。

 

お手持ちのiPhoneのSIMだけUQモバイルへ移行される場合でも、このキャッシュバックは適用されます。

 

キャンペーンなので、利用者が増えると終了となる可能性がありますので、ご検討中の方はこのチャンスをお見逃しなく。

 

UQ mobileの最大1万3千円キャッシュバックはこちらから

 

UQモバイルでiPhoneとSIMのセット購入を検討されていらっしゃる方は、上記代理店では扱っていないので、下記のUQモバイルオンラインストアからお申込みいただければ、マンスリー割が適用され、市場価格よりも大幅に安くiPhoneを購入できます。

 

UQモバイル に申し込む

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加