中古iPhoneを購入して格安SIMを使う場合の注意点5つとは?

こちらの日経新聞の記事(2017/10/25)にあるように中古市場でのiPhone流通量が増加しています。まだ少数派ですが、 今後は中古iPhone×格安SIM利用者が増えていくことが予想されます。

 

そこで未経験の方も多い中古iPhone購入にあたっての注意点をまとめておきます。中古のiPhone購入先はゲオmobileなどの中古店舗、中古携帯販売サイト(EC)、オークションやフリマなどの個人間取引サイト(C2C)とありますが、後者ほどより注意が必要になります。

 

 

赤ロム(あかろむ)とは、割賦販売で購入された端末が支払い完了の前に中古品として流通し、その後キャリアによって利用停止にされたものの俗称です。キャリアによって端末の通信回線がロックされ、SIMを挿入しても携帯回線は使えず、 電波感度を示すアンテナのマークが赤く表示されるためこう呼ばれています。

 

特にネットでの個人間取引の端末流通市場(ヤフオク!やメルカリなど)などでは、こうした赤ロムが少なからず存在するので注意が必要です。

 

やっかいなことに、購入時点では通信回線が使えたとしても、その後割賦販売での残りの支払いが滞り、後からキャリアで使用停止の措置がなされ、「赤ロム」となってしまうこともあります。

 

赤ロムになりそうな端末をつかまないためには確認方法があります。各キャリアの専用サイト(ドコモauソフトバンク)で端末識別番号である15桁の「IMEI番号」を入力すると、以下の3区分でステータスがわかるようになっています。

 

  • 〇:利用可能
  • ▲:現状利用可能だが代金債務の不履行等により利用制限となる可能性あり
  • ×:利用制限中(=赤ロム)

 

中古のiPhone購入にあたっては必ずこのIMEI番号を事前に確認し、”〇”のステータスの端末を購入するのが無難です。

 

 

アクティベーションロックとは、紛失したり盗まれたりしても、第三者に使われないように保護する仕組みのことです。具体的には、「iPhone を探す」機能をオンにすると自動的に有効になります。

 

このロックがかかっていると、端末を初期化しても元の持ち主のApple IDとパスワードが残ってしまい、App Storeなどが使えなくなってしまいます。

 

通常中古市場に自分の端末を売る場合、このロックを解除してから出品しますが、まれに解除されていない場合があるのです。

 

中古iPhoneを購入する場合は必ずこのアクティベーションロックが解除されているかを確認しましょう。

 

 

もう一つの端末ロックの仕組みがこのSIMロックです。SIMロックが解除されていないと、元のキャリア以外の携帯回線を使うことができません。

 

解除はMy docomo、My au、My SoftBankのメニュー上から行う仕組みですので、ドコモとソフトバンクは元の端末契約者でないと解除ができません。auだけはauショップに行けば 元の端末契約者でなくてもSIMロック解除できます。

 

ドコモのiPhoneの場合は、ドコモ回線を借りているMVNOのSIMに移行する場合はSIMロック解除は不要です。auのiPhoneの場合、端末仕様によりSIMロック要不要が異なります。詳細はこちらをご参照ください。ソフトバンクのiPhoneを格安SIMで利用するには必ずSIMロック解除が必要になります。

 

またiPhoneではiPhone 6s以降の機種しかSIMロック解除はできません

 

 

意外と見落としがちなのが、このバッテリーの残り寿命です。実際使ってみないことには正確にどれほどパフォーマンスを発揮してくれるかはわからないところがやっかいです。

 

バッテリーは新品購入から使えば使うほど劣化し、どんどんその”もち”や充電効率が悪くなっていきます。新品を同じ年数・時間使ったとしても、発熱具合などで摩耗度は異なります。

 

中古販売のサイトや店舗では本体の購入とともにバッテリー交換サービスも提供しているところが多数あります。また2018年12月までなら、通常8,800円かかるApple社でのバッテリー交換が3,200円(iPhone 6以降のモデルに限る)でできます

 

中古iPhone購入時はこのバッテリー交換費用も端末本体代金に加えた上で購入すべきか判断した方がいいでしょう。

 

購入後の故障による費用の発生などを考えると、残りの保証期間もチェックポイントです。iPhoneの場合、新品購入から1年間はメーカー保証がつき、初期不要や不具合、イヤホンの交換などが無料でできます。

 

また有料保証サービスであるAppleCareに加入しているiPhoneですと、保証とサポートが購入日から2年間に延長されるので、中古品でも適用される可能性があります。

 

 

こちらはウェイブダッシュ社が2018年7月4日に同社が運営するフリーマーケットサイト「ムスビー」で実施した、中古スマートフォンに関するアンケート調査結果です。(有効回答数は783人。実施期間は5月24日〜6月24日。)

 

 

想像以上に悪い状態だったと回答している人はわずか2%です。

 

多くの人は中古という選択肢を考えることなく、あるいは何となく新品を選んでいると想像します。

 

使ってみると当初の心配は杞憂であることがほとんどだったとデータからわかりますね。

 

環境保全を重視する価値観が広がり、経済低成長時代が続く日本で、メルカリの株式上場に見るように、リユース市場は今後も着実に成長していくはずです。

 

少しずつでしょうが、スマホも中古に対する抵抗が減り、購入プロセスもより洗練されていくことが予想されます。

 

 

うちの子供も次はAndroidではなくiPhoneにしたいと言うんだよね。気持ちはわかるけれど高いしなあ。。


 

中古ではどうかと聞いてみたら。中古といってもきれいな端末は多いし、なんせiPhoneだから意外と抵抗ないかもよ。


 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安SIMおススメランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。

どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。

第1位
UQモバイルロゴ

12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。
セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • ファミゼロ学割:18歳以下とそのご家族が新規またはMNPで「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」を契約すると月額基本料金が最大3ヶ月無料、新中高生の月額基本料金は最大5ヶ月間無料(2018年12月1日〜2019年5月31日)

UQモバイル公式サイト


第2位
mineoロゴ

余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。解約手数料もかかりません。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • 家族・友人などの紹介でデュアルタイプまたはシングルタイプを契約すると、電子マネーギフト1,000円分をプレゼント(2018年12月10日〜2019年1月31日)
  • 最大2カ月無料!mineoオプションキャンペーン:mineoでんわ 10分かけ放題サービス、持込み端末安心保証サービス、ウイルスバスター モバイル 月額版、超ストレージ、パスワードマネージャー 月額版(2018年12月10日〜2019年1月31日)
mineo公式サイト

第3位
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。
端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • ありがとう4周年 続・感謝セール!:AQUOS sense lite SH-M05が月669円×24回など(2018年12月1日〜2019年1月10日まで)
  • LG Q Stylus/AX7発売記念キャンペーン:通常価格から3,000円〜10,000円割引(2019年1月31日まで)

楽天モバイル公式:サイト


第4位
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。
解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。

  • 大盤振舞キャンペーン:2台同時契約ででWAON4,000ポイントプレゼントン、公式アカウントフォロー&リツィートでHUAWEI P20 liteなどプレゼント(2018年12月28日〜2019年1月8日)
  • 3ヶ月間月額基本料金1,130円引きキャンペーン:音声プラン、シェア音声プランに新規・MNPで契約すると3ヶ月間毎月1,130円引きに(2018年12月15日〜2019年1月14日)

イオンモバイル公式サイト


第5位
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。
携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • オンラインストア初売り2019:Android One X4が通常62,400円を14,800円から提供&他社乗り換えでワイモバイルの音声USIMに契約すると、10,000円を還元(2019年1月7日まで)
  • 学生(5歳以上18歳以下のお客さま(ご使用者))を対象に、スマホプランM/Lの基本料が加入月から最大13ヶ月間割引になるキャンペーン(2018年12月5日〜2019年5月31日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
  • 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン(2018年8月9日〜終了時期未定)


ワイモバイル公式サイト

 このエントリーをはてなブックマークに追加