2020年7月、UQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイルを徹底比較〜各々選択すべき人はどんな人?

UQモバイル_ワイモバイル_楽天モバイル

 

総務省のお達しにより2019年10月からキャリアや大手格安SIMの最低利用期間が撤廃され、解約手数料が激減しました。

 

また、2020年4月8日から楽天モバイルがキャリア(MNO)としてのサービス、Rakuten UN-LIMITを開始しました。(本サイトでは料金が格安であることからMNOとしてRakuten UN-LIMITも格安SIMとして扱います)

 

このタイミングでキャリアから格安SIMに移行しようかなと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

1,000社以上ある格安SIMの中でもシェア上位で企業体力もあるワイモバイル、楽天モバイル、UQモバイルは有力な検討対象になるかと思います。

 

理由は通信サービスとして最も大事な通信速度のコスパが高いからです。

 

この3社の料金メニューは一見似ているところもありますが、、小さな字で「ただし・・・」と注釈があったり、オプションメニュー体系が微妙に異なったり、比較しづらい点もあります。

 

そこで3社のサービスの違い、それぞれどんな使い方をする方が合っているのかをご紹介します。

 

結論として、選び方は実はシンプルな考え方でよいのです。

 

細かい違いを気にしだすと迷いだし、結局いつまでも無駄の多いキャリアを使い続けるという、本末転倒な結果となります。

 

下記フローチャートに沿ってまずは選んでみてください。

 

3社フローチャート

 

  • 都市圏以外でもスマホをよく使い、ネット利用メインでコスパを上げたい方:UQモバイル
  • 都市圏利用メインでRakuten UN-LIMIT対応機種保有のスマホヘビーユーザーの方:楽天モバイル
  • ネットより通話メイン利用の方:ワイモバイル

 

(※本記事は2020年10月現在の各社公式情報などに基づいています。)

 

 

 

ネット利用時のUQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイルの違い

 

ワイモバイルはS:3GB、M:10GB、R:14GBという3つの料金プラン(2020年7月改訂)、UQモバイルはS:3GB、R:10GBという2つの料金プラン(2020年6月改訂)を提供しているのに対して、楽天モバイルはRakuten UN-LIMIT(月額2,980円で使いたい放題。ただし会員300万人までは1年間無料)の1プランのみです。

 

Sプランの場合、UQモバイルとワイモバイルの基本料金は1,980円(ワイモバイルでは契約翌月から6ヶ月後以降は2,680円)なので、3GBでおさまる方にとってRakuten UN-LIMITは割高となります。

 

その他ネット利用における3社の違いは下記表の通りとなります。

 

UQモバイル
スマホプラン

ワイモバイル
スマホべーシックプラン

楽天モバイル
Rakuten UN-LIMIT

余ったデータ容量の翌月繰越 ×


※au回線エリアでは不可

月のデータ容量をオーバーしたときの最大通信速度


※プランS:300Kbps、プランR:1Mbps

×
※プランS:300Kbps、プランM/R:1Mbps


※au回線エリアでは1Mbps

データ容量の節約


※節約モード切替でデータ容量消費ゼロ

×


※au回線エリアでは不可

 

ワイモバイルでは2020年10月14日、これまでのスマホベーシックプランSでの月のデータ容量をオーバーしたときの最大通信速度を従来の128Kbpsから300Kbpsに引き上げ、UQモバイルに並びました。

 

UQモバイルでは専用のポータルアプリで高速モードと節約を切り替えることができ、データ容量を節約して使えるというアドバンテージがあります。

 

UQモバイルウィジェット

 

 

Rakuten UN-LIMITは都市圏の楽天回線エリアで定額使いたい放題ですが、au回線エリアでは5GBまでとなっており、翌月繰越やデータ容量の節約ができません。

 

また、iPhoneの場合、XR以降の機種しか対応していません。(2020年10月現在)

 

通話利用時のUQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイルの違い

通話

 

通話の扱いは下表のように3社とも異なります。

 

UQモバイル
スマホプラン

ワイモバイル
スマホべーシックプラン

楽天モバイル
Rakuten UN-LIMIT

通話の位置づけ 3種のオプション

1回10分間までかけ放題
※完全かけ放題はオプション

専用アプリ利用時かけ放題
※海外かけ放題オプションあり

 

UQモバイルでは1回10分間までかけ放題となる月額700円のオプション、月に累計60分間まで通話できる月額500円の通話パックオプション、そして月額1,700円の完全かけ放題オプション(2019年12月18日開始)から選べるようになっています。

 

ワイモバイルはプランS/M/Rの料金に1回10分間までのかけ放題通話料が含まれており、超過時間分は30秒あたり20円となっています。

 

Rakuten UN-LIMITでは専用のRakuten Linkアプリから通話することで完全かけ放題となっています。このアプリを使わないでこれまで通り通話してしまうと、30秒あたり20円課金されてしまいます。

 

また、月額980円で海外66の国と地域への通話がかけ放題になるオプションも用意されています。

 

 

その他のUQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイルの違い

 

その他主要な違いをまとめると下表のようになります。

 

UQモバイル
スマホプラン

ワイモバイル
スマホべーシックプラン

楽天モバイル
Rakuten UN-LIMIT

特典 購入前に、15日間の無料SIM貸出あり Yahoo!プレミアムが無料 楽天スーパーポイントが2倍に
通話不可のデータプラン あり あり なし
家族割と学割 それぞれ毎月500円引き それぞれ毎月500円引き なし
携帯メールの有無 あり(月額200円) あり なし
eSIM対応 なし なし あり
自宅ネットとのセット割 毎月500円引き(ギガMAX月割) 毎月500円引き(おうち割 光セット) ポイント+1倍(楽天ひかり)

 

 

UQモバイルはイオンモバイルとともに、無料SIMレンタルサービス(Try UQ mobile)があり、お試し利用することができるとともに、ワイモバイル同様データ通信のみのプランや家族割・学割があります。

 

UQモバイル_Try

 

ワイモバイルはソフトバンクのサービスということで、Yahoo!プレミアム(通常月額462円/税別でTポイント3%-5%還元、雑誌・漫画読み放題など)が無料で使えます。

 

Yプレミアム特典

 

楽天モバイルのRakuten UN-LIMITでは楽天で買い物ををすると楽天スーパーポイントが2倍付与され、スマホ料金のポイント払いもできます。

 

楽天SPU

 

 

ここまで読んでいただいて、おおよそ自分に合ったサービスのあたりがついてきたかと思います。

 

後は3つのサービスの特徴、メリット・デメリットを下記記事から確認してくださいね。

 

デメリットを把握した上で契約すれば後悔することはありません。

 

 

迷っていることが実は一番もったいない

 

大手3キャリアと比べると毎月数千円安くなります。

 

よって迷っている間に、どんどんあなたのお財布から無駄なお金が携帯大手会社に流れていっているのです。

 

あとはあなたの決断・行動しだいです。

 

 

UQモバイルロゴ

  • 都市圏以外でもネットメインで使う方
  • 毎月3GB以下で済む方
  • 月々の通話時間は12分間以下で済む方

 

ワイモバイルロゴ

  • 都市圏以外にお住まいで店舗サポート重視の方
  • ネットより通話重視の方
  • Yahoo!プレミアムやYahoo!ショッピングをよく使う方

 

楽天モバイルロゴ

  • 都市圏でほとんどスマホを使う方
  • 毎月4GB以上必要でUN-LIMIT対応機種保有の方
  • 楽天各種サービスをよく使う方

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安SIM業界最新注目ニュース

2020年10月23日、ついに発売となったiPhone 12/12 Proですが、大手格安SIMでも下記の通りオフィシャルに動作確認結果が公表されています。 2020年10月28日、UQモバイルからはスマホプランV、ワイモバイルからシンプルプラン20という20GBの大容量プランが発表され、それぞれ2021年2月、2020年12月以降からサービスインされるようです。

おすすめ格安SIMランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。 どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。
UQモバイルロゴ
12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。 セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • スマホプラン データ増量キャンペーン:「スマホプラン」&「通話オプション★」へ加入&UQモバイルの電話番号で「au ID」登録により13ヶ月データが増量(2019年11月29日〜)
  • デバイス割引キャンペーン:ネットワークカメラやスマートプラグなどの本体費用がゼロ円に(利用にあたっての初期費用や月額費は別途)(2020年9月10日〜2021年1月31日)
UQ mobileのキャッシュバックキャンペーンはこちらから

mineoロゴ
余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • データ使い放題で月額980円〜!コミコミでおトクになるキャンペーン(2020年9月1日〜2020年11月30日)
  • 敬老の日にスマホ新生活!親孝行キャンペーン:デュアルタイプ新規契約で電子マネーギフト3,000円分プレゼント(2020年9月1日〜2020年10月31日)
  • ソニーストアお買い物券プレゼントキャンペーン(2020年9月1日〜)
mineo に申し込む

Rakuten_Logo_New
都市圏にお住まいで、楽天ヘビーユーザーの方はポイントが+2倍となるので検討すべきです。端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • Rakuten UN-LIMIT V プラン料金1年間無料(2020年3月3日〜終了日未定)
  • Rakuten UN-LIMIT Vオンラインお申し込み&Rakuten Link利用で3,000ポイントプレゼント!(2020年7月10日〜2020年11月4日)
  • Rakuten UN-LIMIT V 製品+プランセット購入で最大26,300円相当分ポイント還元:Rakuten Linkアプリの利用要(2020年5月1日〜2020年11月4日)
  • 楽天ひかりUN-LIMITキャンペーン:Rakuten UN-LIMITとのセット契約で楽天ひかりも1年間月額基本料が無料(2020年10月7日〜終了日未定)
楽天モバイル に申し込む

ワイモバイルロゴ
1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。 携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • 超PayPay祭:近くのお店でPayPay大還元中(2020年10月17日〜2020年11月15日)
  • ワイモバイルスーパーセール:ワイモバイルスマホにすると、PayPayモール還元率が大幅アップ(2020年10月20日〜2020年11月16日)
  • おうちでんきキャンペーン:おうちでんき代初月無料(2020年2月1日〜)

  • ワイモバイルに申し込む

    イオンモバイルロゴ
    普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。 解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。
    • イオンモバイル 紹介トク:1人紹介された方人が契約するごとに3,000WAONプレゼント(2020年9月4日〜)
    • 秋の端末セットがお得キャンペーン:端末セット契約で5,000WAONプレゼント(2020年9月4日〜2020年11月1日)
    • エントリーパッケージデビューキャンペーン:エントリーパッケージで音声プランにMNPで契約すれば5,000WAONプレゼント(2020年9月1日〜2020年11月1日)
    • [60歳以上限定]やさしいプランデビューキャンペーン:最大6,000WAONポイントプレゼント(2020年10月1日〜2020年11月1日)
    イオンモバイルに申し込む

     このエントリーをはてなブックマークに追加