ウィジェット機能でUQモバイル ポータルアプリを賢く使う【iPhoneとAndroidでの設定方法】

格安SIMは各サービスとも独自アプリがあり、通信速度の切り替えによるデータ通信容量の節約、通信容量の追加購入、毎月の利用金額実績確認、契約プラン・オプションサービス変更が簡単にできるようになっています。

 

ここに代表的格安SIMであるUQモバイルのポータルアプリの機能、その画面、使いやすくするためのウィジェット登録方法(iOS/Android)を紹介します。

 

ウィジェットとはアプリアクセスのためのショートカット機能のことで、速度切り替えなどのアプリ操作の手間を省略することができるのでとても便利です。

 

 

通信速度の切り替え

 

キャリアとは違い、格安SIM利用にあたっては高速と低速を切り替えて使うことが一般的です。節約(低速)モードではデータ容量を消費しないので、料金節約につながるからです。

 

UQモバイルの場合、高速モード(ターボ機能ON)では受信最大225Mbpsとなり、主に動画やゲームなど高グラフィックのサイトやアプリを楽しむ時に使います。この場合、データ容量を消費します。

 

一方、節約モード(ターボ機能OFF)では受信最大300Kbpsとなり、一切通信データ容量を消費しない仕組みになっています。

 

主にテキスト中心のサイトやアプリはこちらのモードでそれなりに使えます。

 

UQモバイルは高速モード時にキャリア並みの速度を誇るだけでなく、この節約モードの低速時も最大300Kbpsと他社(200Kbps)の1.5倍の速度なのです。

 

時間帯や場所に応じてつながにくい場合は、高速モードに切り替えることで、ストレスなくネットを使うことができます。

 

UQモバイルポータルアプリ

 

僕は一日で何度か切り替えながら使っています。できるだけWi-Fiも使っています。だからネットヘビーユーザーなのにUQモバイルのおしゃべりプランS(毎月2千円代)で事足りています。

 

モード切り替えにあたってはウィジェットに登録しておくと、画面ロックを解除せずに切り替えができ、便利です。

 

ウィジェットへのアプリ登録方法(iPhoneの場合)

 

  1. 画面ロック状態で右スワイプ
  2. 最下部の「編集」をタップ
  3.  

    UQモバイルウィジェット

     

  4. 下に表示されたアプリの中からUQモバイルアプリの左+をタップすると、上部にウィジェットとして登録される
  5.  

    UQモバイルウィジェット設定

     

  6. 同画面右側の三本線をタップしながら上下に移動することで表示順をカスタマイズ
  7.  

  8. これでいつでも画面を右スワイプすると、ワンタップで「高速/節約」のモード切り替えができるようになります。

 

iOSウィジェット画面

 

ウィジェットへのアプリ登録方法(Androidの場合)

 

一方のAndroidでのウィジェット登録方法はこうなります。

  1. ホーム画面でアイコンのない部分を長押し
  2.  

    Androidホーム画面

     

  3. 表示された「ホーム画面の管理」画面で「ウィジェット」をタップ
  4.  

    ウィジェット設定

     

  5. ウィジェット設定可能なアプリの中から「UQモバイルポータルアプリ」を探す(右から左へスワイプすることで画面が切り替わります)
  6.  

    「UQモバイルポータルアプリ」が見つかったら、それを長押ししながらホーム画面にスワイプ

     

    Androidウィジェット設定

     

  7. ホーム画面に通常より大き目のアイコンができウィジェット設定完了

 

Androidウィジェット設定完了

 

これでいつでもホーム画面からワンタップで「高速/節約」のモード切り替えができるようになります。

 

 

節約モードでYouTubeは見られるのかなあ?


 

YouTubeは通信速度に応じて自動的に画質を調整してくれるから、節約モードでも見られるよ。Amazonプライム・ビデオなど配信映像は無理だからWi-Fi環境で事前にダウンロードしておくといいよ。


 

データ通信容量の追加購入

 

プランSは毎月3GB、プランMは毎月9GB、プランLは毎月21GBまで使えると公式サイト料金メニューに書いてあります。(2018年12月1日料金プラン改訂後)

 

実際はこれ、契約から25ヶ月間の増量オプションを適用した容量なのです。

 

プランS の場合の基本容量は毎月2GBまでなので、残りの1GB分を使う場合、このアプリを通して容量を「購入」する処理が必要です。

 

UQデータ容量購入

 

この追加購入分が、増量オプションを申し込んであると25ヶ月間無料になるのです。(26ヶ月目以降は毎月500円加算)

 

逆にいうと、毎月購入処理を忘れてしまうと、プランSの場合、毎月2GBを超える分は追加料金を払わないと使えないということになります。僕はリマインダーアプリに月末繰り返し設定でデータ購入処理を登録し、忘れないようにしています。

 

追加購入した分は90日間有効なので、できるだけWi-Fiを使いつつ、Wi-Fiが使えない環境では上記のようにアプリでできるだけ節約モードを使用し、データ容量を消費しないようにしています。

 

毎月の利用金額実績確認

 

このように毎月の費用の内訳がわかります。特に通話料金は要チェックですね。「おしゃべりプラン」の場合、1回5分までの通話は何度かけても追加料金は発生しません。

 

UQモバイル利用料金

 

上記画面にある11月分の通話料1,140円に対して通話割引(おしゃべり)が-1,080円ということは、差額60円分が5分以上かけた分の請求金額ということになります。1回5分を超える分については30秒当たり20円なので、11月は90秒 <(60÷20)×30秒>ほど5分をオーバーしてしまったということがわかります。

 

また月全体では、28分30秒<1,710(秒)=(1,140円÷20円)×30(秒)>ほど通話したことがわかります。これぐらいの通話時間が続くようなら、 月額1,680円で3GBまで使える「データ高速+音声通話プラン」に移行した方が安上がりかもしれません。契約更新期間となる2019年に再度検討したいと思います。

 

契約プラン・オプションサービス変更

 

MプランからSプランへの変更など音声付きプランから他の音声付きプランへの変更はいつでもこのアプリかできるのです。Mプランで契約したけれども思ったよりデータ容量は使わなかったという場合、Sプランに翌月から変更することができるということです。

 

データ専用プランから他のデータ専用プランへの変更も同様です。ただし、音声付きプランからデータ専用プランへの変更はSIMそのものを入れ替えないといけないので、このアプリではできません。

 

UQモバイル利用プラン変更

 

以上がUQモバイルでのポータルアプリの使い方でしたが、他の格安SIMもおおよそ同様の機能です。

 

格安SIMの場合、このようにウィジェットにポータルアプリを登録することで賢く使うことができるはずです

 

中でもいつでもさくさくネットを使いたい方には高速時だけでなく、節約(低速)モードでも最大300Kbpsと他社の1.5倍の速度で使えるUQモバイルが一押しです。

 

通信速度ならUQモバイル!〜その料金メニュー、メリット・デメリット、評判

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

おすすめ格安SIMランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。 どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。
UQモバイルロゴ
12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。 セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • UQモバイルでは2019年7月現在、家族割、イチキュッパ割、増量オプション2年間無料キャンペーン、MNP新規申し込み者や機種変更者を対象向けの下取りサービスなど、無期限のキャンペーンのみ実施されています。
UQ mobileの最大1万3千円キャッシュバックはこちらから

mineoロゴ
余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。解約手数料もかかりません。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • 敬老の日にスマホ新生活キャンペーン:EJOICAセレクトギフト(電子マネーギフト)3,000円分をプレゼント又は訪問サポートの標準サポートメニュー端末1台分を無料(2019年9月2日〜2019年9月30日)
  • 対象者限定:端末安心保証継続キャンペーン:端末安心保証サービス 月額料金3カ月無料!(2019年9月2日〜2019年9月30日)
mineo に申し込む
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。 端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • 楽天モバイル大感謝祭:楽天モバイルショップで「キャンペーンページを店舗スタッフに提示」+「アンケートに回答」で200ポイントもらえる(2019年8月8日〜2019年9月30日)
  • au回線 おトクにスタートキャンペーン:専用申込ページで、楽天モバイル au回線通話SIMと楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイルを申し込むとau回線 事務手数料(3,406円)が無料に(2019年6月3日〜2019年9月30日)
楽天モバイル に申し込む
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。 携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • おトクなる5周年キャンペーン:紹介した方、紹介された方ともに、それぞれ1,000円相当のPayPayボーナス、最大5名で5,000円相当のPayPayボーナス(2019年8月1日〜2019年9月30日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
ワイモバイルへの申し込みはこちら
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。 解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。
  • スマホ代節約で増税分カバー!キャンペーン:イオンモバイル契約と端末セットで3,000WAONポイントプレゼント(2019年9月6日〜2019年9月30日)
イオンモバイルに申し込む

 このエントリーをはてなブックマークに追加