UQモバイルと比較してわかるpovo2.0のデメリットとは?

povo2.0

 

2021年9月13日にKDDIは、9月下旬から基本料ゼロ円でデータ容量を1GBからトッピングできるpovo2.0を開始することを発表しました。

 

利用者が多い3GBトッピングだと月額990円(税込)、5分以内の通話かけ放題トッピング料は550円、合計1,540円となります。

 

一方、同じKDDIのサブブランドとして人気のUQモバイルくりこしプラン 5G+では3GBで1,628円、最大60分/月の国内通話かけ放題550円と合わせると、合計2,178円です。

 

これだけ見るとpovo2.0の方がお得に見えます。

 

しかし詳細を深堀ると一概にそうとも言えないことがわかります。

 

結論として、毎月3GBでおさまり店舗サポート不要な方はpovo2.0が合っています。

 

 

一方、月によっては3GB以上利用する方、店舗サポートがあると安心と感じる方はUQモバイルが合っています。

 

 

本記事では両プランのメリット・デメリットを解説し、それぞれに合ったユーザータイプをご紹介していきます。
(※本記事は2021年9月現在の各社公式情報などに基づいています。)

 

 

povo2.0のUQモバイルに対するデメリット

 

3GBのプランの場合、一見povo2.0の方がUQモバイルより安く見えるのですが、auでんきに加入すると、UQモバイルくりこしプラン +5Gはpovo2.0と同額の月額990円となります。(「自宅セット割」適用で月額638円割引)

 

オプションの通話料も月額550円※で同じです。
※ただし、povo2.0は1回5分間までのかけ放題、UQモバイルは月合計60分間までのかけ放題

 

しかし、povo2.0にはUQモバイルに比べるといくつかのデメリットが存在します。

 

データ容量を使い果たすと通信速度が最大128Kbpsと低速

 

下記のpovo2.0スペック表に記載の通り、トッピングしたデータ容量を使い切ると最大128Kbpsと極端に通信速度が落ちます。

 

povo2.0_spec

 

この128Kbpsは、通常時100分の一程度なので、テキスト主体のWebサイトぐらいしかまともに使うことができなくなりますので、追加トッピングとして1GB355円(7日間)を購入することが必要になります。

 

一方、UQモバイルでデータ容量を使い果たした時の速度は最大300Kbpsと、povo2.0の2倍以上です。300KbpsだとYouTubeも視聴することができます。

 

UQモバイルにように速度を低速に切り替えてデータ容量消費を一時的にゼロにできない

 

UQモバイルには専用のポータルアプリにある「ターボ機能」のオン/オフを切り替えることができます。

 

オフにすると、300Kbpsの節約(低速)モードとなり、データ通信容量を消費することなくネットを使うことができます。

 

ネットサーフィン時など通常はこの節約モードにしておき、高速でサクサク使いたい時だけターボ機能をオンにすれば、データ容量の節約になり、実質的に契約プラン以上のデータ容量を使いことができるのです。

 

また、下記のようにポータルアプリをウィジェットとして登録しておけば、ホーム画面からワンタップでターボ機能の切替が可能となり、非常に便利ですよ。

 

ウィジェット

 

 

使っているとわかるのですが、格安SIMを低コストで運用する上で、実はこの低速モードが重要なのです。

 

一方のpovo2.0にはこの速度切替機能が存在していません。

 

3GBのトッピングでは余ったデータ容量を翌月にくりこして使うことはできない

 

UQモバイルはくりこしプランという名称の通り、当月に使い切らなかったデータ容量は、翌月に繰り越して使えます。

 

例えばくりこしプランS(3GB)に契約していた場合、当月2GBまでしか使わなかった時には残りの1GBは繰り越され、翌月は4GB(=3+1)まで使えるのでお得なのです。

 

一方のpovoのトッピングとしてのデータ容量は下記の通りあらかじめ利用期限が決まっています。

 

  • データ使い放題:330円/24時間
  • データ1GB追加:390円/7日間
  • データ3GB追加:990円/30日間
  • データ20GB追加:2,700円/30日間
  • データ60GB追加:6,4900円/90日間
  • データ150GB追加:12,980円/180日間

 

3GBのトッピングの場合、30日間以内に消費しないと消滅してしまうので、注意が必要です。

 

リアルの店舗サポートや端末保証は一切なく、困ったときはチャットなどのオンラインのみの対応

 

UQモバイルでは全国のUQスポットで各種サポートを受けられますが、povoはオンラインサポートのみとなっています。

 

契約もWebのみとなります。

 

同じKDDI運営のサービスだからとauやUQモバイルの店舗で問い合わせても受け付けてもらえません。

 

店舗サポートをゼロとすることでコストを削減し、安い料金プランを実現しているからです。

 

ITに不慣れで店舗サポートがないと不安という方は店舗サポートのあるUQモバイルを選択するのが懸命でしょう。

 

UQモバイルにあるような、スマホ端末故障時の保証サービスもないので、故障時は専門の修理サービスを利用することになります。

 

スマホ端末をセットで安く購入できない

 

auやUQモバイルなどでは回線契約時に端末も安くセット購入できるメリットがあります。

 

UQモバイルではオンラインショップにて各種Androidの他、iPhone 11/12も扱っており、SIMやAPN設定も事前設定済みなので、購入後即使うことができます。

 

 

これに対してpovo2.0では端末のセット販売は一切行っておらず、端末の購入とSIMの設定はユーザー自身が行うことになります。

 

 

povo2.0のUQモバイルに対するメリット

 

自分の必要なデータ容量分だけトッピングして安く済む

 

povo2.0では基本料金はゼロ円となり、以下の通りデータ容量、通話料、コンテンツ利用などを自分に合った形で任意にトッピングできるので、無駄が少なくなります。

 

データトッピング
トッピング名 税込料金/回
データ追加1GB (7日間) 390円
データ追加3GB (30日間) 990円
データ追加20GB (30日間) 2,700円
データ追加60GB (90日間) 6,490円
データ追加150GB (180日間) 12,980円
データ使い放題 (24時間) 330円

 

通話トッピング
トッピング名 税込料金/回
5分以内通話かけ放題 550円
通話かけ放題 1,650円

 

コンテンツトッピング
トッピング名 税込料金/回
DAZN使い放題パック (7日間) 760円
smash.使い放題パック (24時間) 220円

 

例えば、毎月6GB利用し、3分間の通話を月に10回程度する場合、3GBのデータ追加×2と、5分以内通話かけ放題をトッピングすれば月2,530円(=990×2+550)となります。

 

一方のUQモバイルのくりこしプランは以下の3種類の料金体系となっており、6GBまで高速通信を利用する場合プランMに契約する必要があり、データ容量のみで2,728円(でんきセット割適用で2,090円)となります。

 

これに月合計60分間の通話かけ放題オプション550円を追加すると、3,278円(でんきセット割適用で2,640円)となります。

 

くりこし
プランS +5G

くりこし
プランM +5G

くりこし
プランL +5G

月額基本料金
(税込)

1,628円 2,728円 3,828円
でんきセット割適用時の月額基本料金(税込) 990円 2,090円 2,970円
データ容量 3GB 15GB 25GB

節約モード時
最大速度

300Kbps 1Mbps 1Mbps

 

 

日常の買い物やサービス利用でデータが貯まる「#ギガ活」がお得

 

「#ギガ活」とは、以下の3つの方法で貯めることができる新しいギガチャージの活動です。

 

  • もらう:対象店舗におけるau PAY支払いや、対象店舗のご利用などを通じ、ギガを「もらう」ことができます。
  • さがす:街中やバーチャル空間でギガを「さがす」と、ギガをチャージすることができます。
  • あたる:店舗やオンラインサービスなどと連携し、抽選などによりギガが「あたる」機会を提供します。

 

「#ギガ活」を通じて貯めたデータは、使用期限内であれば好きなタイミングで「povo2.0アプリ」にプロモコードを入力することで利用できます。

 

サービス開始時には以下の店舗でキャンペーンが始まります。

 

povo2.0_gigakatsu

 

今後povoでは「povo Business Partner Program」として提携店舗を増やしていく戦略のようです。

 

意外と簡単にギガを増やせそうですね。

 

まとめ

 

ここまでの説明でKDDIによる2つの携帯サービスブランドの特徴をつかめたでしょうか。

 

優先事項を見定め、下記観点で自分に合ったサービスを選んでくださいね。

 

 

UQモバイルロゴ

  • 自宅のでんき代とセット契約できる方
  • 店舗サポートや端末保証を重視する方

povo_logo

  • 毎月3GB以内で安く使いたい方
  • 自分でトラブル解決できるリテラシー高めの方

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

おすすめ格安SIMランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社の最新キャンペーン情報です。 キャンペーンは期間限定の「安さ」なので、サービスそのもののコストとパフォーマンスも必ずチェックしましょう。
UQモバイルロゴ
12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方は3GBで毎月ずっと1,480円とコスパの高いUQモバイルがおススメです。
    • くりこしプラン +5G データプレゼントキャンペーン:(S:+3GB/M:+15GB/L:+25GB)(2021年9月2日〜終了日未定)
UQ mobileのキャッシュバックキャンペーンはこちらから

LINEMO Logo
ソフトバンクの高速回線ベースで3GB990円とコスパ最強です。LINEギガフリーも見逃せません。
  • PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン(2021年6月5日 〜 終了日未定)
  • 通話オプション割引キャンペーン(2021年3月17日 〜 終了日未定)
  • LINEスタンプ プレミアム ポイントバックキャンペーン(2021年3月17日 〜 終了日未定)
LINEMOに申し込む
mineoロゴ
低容量をできるだけ安く使いたい方は新プラン「マイピタ」がお得です。オンラインサポート、友人などとデータをシェアして使える点も優れています。
  • パケット放題 Plus(1.5Mbps)最大2ヶ月無料キャンペーン(2021年9月1日〜2021年11月30日)
  • 5G通信オプション最大6ヶ月無料キャンペーンキャンペーン(2021年9月1日〜2021年11月30日)
  • 敬老の日にスマホ新生活キャンペーン:満60歳以上の方がデュアルタイプ新規申し込みで3,000円分電子マネーギフト・プレゼント(2021年9月1日〜2021年10月31日)
  • Xiaomi Redmi 9T/Redmi Note 10 Pro購入で電子マネーギフトプレゼントキャンペーン(2021年8月2日〜2021年10月31日)
mineo に申し込む

Rakuten_Logo_New
契約から1年間無料、1GBまでなら永続的に無料と破格の安さです。楽天回線が使える都市圏にお住まいで、楽天ヘビーユーザーの方はポイントが2倍となるので検討すべきです。端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン料金3カ月無料キャンペーン(2021年4月8日〜終了日未定)
  • 他社から乗り換えでiPhoneが22,000円割引!さらに初めてのお申し込みなら5,000円相当分ポイント還元!(2021年7月29日〜終了日未定)
  • Rakuten UN-LIMIT Yの申し込み、Rakuten Linkの利用、対象製品の購入で最大25,000ポイント還元(2021年1月7日〜)
  • 楽天ひかりUN-LIMITキャンペーン:Rakuten UN-LIMITとのセット契約で楽天ひかりも1年間月額基本料が無料(2020年10月7日〜終了日未定)
  • Rakuten Hand19,999ポイントプレゼントキャンペーン(2021年1月7日〜終了日未定)
楽天モバイル に申し込む

ワイモバイルロゴ
家族割か固定回線セット契約で毎月1,080円引き、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。Yahoo!ショッピングでのポイント5倍などの特典も見逃せません。
  • 街のPayPay祭り:対象のQRコードを読み取り、PayPay残高で支払うと最大20%戻ってくる(2021年9月13日〜2021年11月28日)
  • もっとPayPayあげちゃう!:Yahoo!ショッピングにてPayPay残高で支払うと最大18..5%戻ってくる(2021年10月1日〜)

ワイモバイルに申し込む

イオンモバイルロゴ
普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。低容量データ料金が安く、安心感が魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。
  • イオンモバイル新料金&お乗り換えキャンペーン:他社から乗換えで契約の音声プランまたはシェア音声プラン1件につき5,000電子マネーWAONポイントを進呈(2021年10月1日〜2021年11月30日)
  • イオンモバイル紹介トク:紹介した人・された人に1GBクーポンをプレゼント!紹介した人が月額基本料金から1ヶ月500円引(2020年11月3日〜)
イオンモバイルに申し込む

 このエントリーをはてなブックマークに追加