ahamo(アハモ)やLINEMO(ラインモ)のデメリットとは?〜楽天、UQモバイル、ワイモバイルと比較

ahamo_image

 

2020年12月3日に発表されたドコモのアハモにより、モバイル通信業界は2021年から更なる変革期を迎えそうです。

 

アハモの20GB、2,980円という破格の料金プランが凄い、格安SIM(サブブランド、MVNO)やRakuten UN-LIMITが駆逐されるという意見が多数見受けられますが、本当にそうでしょうか。

 

何でもメリットだけでなく、デメリットを慎重に見極めることが必要です。

 

確かにこれまでのドコモの料金プランとの比較では画期的に安くなりました。

 

しかし格安SIMユーザーの大半は、データ通信で月々数GB、通話は数十分でほとんど済んでおり、月額料金は千円台です。

 

ソフトバンク、KDDI、楽天、キャリアサブブランドのUQモバイルやワイモバイル、MVNOのmineoもその後アハモに対抗する割安な新プランを続々と発表してきました。

 

サービス 料金プラン
ahamo/ドコモ

20GB:2,980円
5分までの通話かけ放題

LINEMO/ソフトバンク

20GB:2,480円
5分通話かけ放題はオプション

povo/KDDI

20GB:2,480円
5分通話かけ放題はオプション

Rakuten UN-LIMIT Y

1GBまで:無料
3GBまで:980円
20GBまで:1,980円
20GB以上:2,980円
専用アプリで通話かけ放題

ワイモバイルシンプルS/M/L

 3GB:1,980円
 15GB:2,980円
 25GB:3,780円
・通話かけ放題はオプション
・家族割又は光回線セットで
各プラン1,080円引き

UQモバイルくりこしプラン

3GB:1,480円
15GB:2,480円
25GB:3,480円
通話かけ放題はオプション

mineo マイピタ

1GB:1,180円
5GB:1,380円
10GB:1,780円
20GB:1,980円

※UQモバイル、ワイモバイル、mineoは2021年2月、ドコモ、KDDI、ソフトバンクは2021年3月、楽天モバイルは2021年4月から新プランを開始予定

 

ソフトバンクはpovoに合わせて5分間通話かけ放題をオプションとし、LINEMO(ラインモ)というオンライン専用ブランドとして2021年3月17日にサービスを開始します。

 

LINEMO

 

気づけばアハモが一番割高になっています。

 

よって、アハモは既存の大手キャリア以外の多くのSIMユーザーにとってフィットしたサービスではないといえそうです。

 

2021年3月にサービスインするアハモに真っ先に移行するのは、10GB以上を必要とする格安SIMユーザーや、これまでの3大キャリアユーザーでITリテラシーが高めの一部の方にとどまることが予想されます。

 

モバイル通信市場全体として低価格の路線が一層進むことが予想されるので、今後も自分にあったSIMがどれなのかはよく見極めた方がいいですね。

 

それでは根拠となるデータも交えて解説します。
(※本記事は2021年2月現在の各社公式情報などに基づいています。)

 

 

格安SIMユーザーの80%以上は毎月7GB以下の利用

 

MMD研究所による「2020年11月通信サービスの料金と容量に関する実態調査」によれば、格安SIMユーザーはデータ通信容量7GB以下の人が80.9%を占めています。

 

一方、20GB以上の大容量を使っている人はわずか2.7%です。

 

アハモなど大手キャリアの新プランと5GB前後の主要格安SIMの月額料金を比較してみるとこのようになります。

データ容量と料金 通話料
ドコモ アハモ 20GB/2,980円 5分かけ放題無料
SB LINEMO 20GB/2,480円※1 5分かけ放題500円
KDDI povo 20GB/2,480円 5分かけ放題500円

Rakuten
UN-LIMIT Y

3GB/980円 かけ放題無料

ワイモバイル
シンプルS

3GB/1,980円※2 10分かけ放題700円

UQモバイル
くりこしプランS

3GB/1,480円

60分まで500円
10分かけ放題700円

mineo マイピタ

3GB/1,180円
5GB/1,380円

30秒ごと10円
10分かけ放題850円

イオンモバイル

4GB/1,580円
6GB/1,980円

30秒ごと10円
10分かけ放題850円

※1 LINEアプリ利用時のデータ容量消費ゼロ
※2 家族割又は固定回線割引「おうち割光セット(A)」の適用で900円(1,080円割引)

 

 

楽天モバイルの安さが際立っています。

 

楽天の高速回線が使える都市圏にお住まいの方で適合端末保有の方は、1年間はすべて無料の楽天モバイル一択ではないでしょうか。

 

キャリアサブブランドのワイモバイルとUQモバイルはドコモの通信速度と遜色ありませんので、毎月数GBで済む既存のユーザーが現状アハモに移行するメリットはほとんどないといえそうです。

 

一人で使う方はUQモバイル、家族とともに使う方はワイモバイルを選択するとお得になります。

 

MVNOのmineo、イオンモバイルのユーザーにとっても、現状の数GBの利用ではアハモは割高になります。

 

mineo、イオンモバイルのユーザーで通信速度に不満がある方は、アハモに移行するより、ワイモバイルかUQモバイルを検討した方がコスパが高いです。

 

ahamo(アハモ)のRakuten UN-LIMITに対するデメリット

 

ドコモのアハモは楽天つぶしなどと書かれた記事が散見されていましが、案の定2021年1月29日に楽天は更に安い新プラン:Rakuten UN-LIMIT Yを2021年4月から開始することを発表しました。

 

アハモのRakuten UN-LIMIT Yに対するデメリットは以下の点になります。

 

  • 1年間利用料35,760円(=2,980×12)分の他、月額利用料が割高(Rakuten UN-LIMITは会員300万人までは契約から1年間無料:2021年1月末で累計契約申し込み数は220万人)
  • 1回5分以上通話すると30秒20円追加課金される
  • dポイントが3,000ポイント付与されるが、楽天モバイルのポイント経済圏に比べるとメリットが少ない
  • オンラインのみの契約となり、リアル店舗では申込みができない

 

既存ドコモユーザーはアハモに一斉に移行するのか

 

2020年12月3日の発表会で、アハモはデジタルネイティブ世代と呼ばれる20代のユーザーをターゲットとし、「当社は、この層(若者)のユーザーが弱い」と井伊社長は述べています。

 

こちらのコンセプトムービーでもターゲット層がよくわかります。

 

しかし低価格を志向し、ITリテラシーの高い若い層は既に格安SIM(キャリアサブブランドやMVNO)に移行していることが考えられ、利用しているデータ容量は上述の通り毎月数GB程度です。

 

一方これまでドコモを使い続けてきたユーザー層は相対的に保守層/高齢層だと考えられます。

 

そうすると、リアル店舗で申し込みができないアハモとはミスマッチとなりそうです。

 

今後のモバイル通信市場動向

 

結局大手3キャリア、サブブランド、新興の楽天モバイル、大手MVNOのmineoと続々と値下げした新プランを発表しました。

 

MVNOの日本通信も、ドコモが発表した翌日の2020年12月10日、早速16GB/1,980円の合理的20GBプランを展開してきました。

 

 

ドコモもエコノミープランなど更なる新たなプランを展開していくことを発表しています。

 

これらの動向をふまえると、今後モバイル通信市場は以下の7つの流れが予想されます。

 

  1. SIM乗り換えコスト(MNP転出手数料とSIM契約事務手数料)の無料化
  2. 物理的SIM郵送・挿入不要なeSIMの主流化
  3. 大手キャリアでのSIMフリー化
  4. 市場全体の低価格化
  5. 高速安定大容量回線重視層、安心感重視の保守層は大手3キャリアを継続利用
  6. 低容量利用者で、速度重視層はキャリアサブブランド、安さ重視は大手MVNOを利用
  7. 弱小MVNOの淘汰

 

あなたに大事なのは何となくの世論に流されず、自分のライフスタイルの変化に合わせて最適なSIMを使い分けていくことです。

 

まずはこちらのフローチャートからまずはあたりをつけてみてください。

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

おすすめ格安SIMランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社の最新キャンペーン情報です。 キャンペーンは期間限定の「安さ」なので、サービスそのもののコストとパフォーマンスも必ずチェックしましょう。
UQモバイルロゴ
12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方は3GBで毎月ずっと1,480円とコスパの高いUQモバイルがおススメです。
  • UQ学割&UQ家族割適用で5歳以上18歳以下の方はくりこしプランS(3GB)が翌月から8ヵ月間月額900円(2020年11月20日〜2021年5月31日)
  • 2人に1人 必ず当たる!Galaxy 新生活キャンペーン(購入期間:2021年2月19日〜2021年3月31日)
UQ mobileのキャッシュバックキャンペーンはこちらから

mineoロゴ
低容量をできるだけ安く使いたい方は新プラン「マイピタ」がお得です。オンラインサポート、友人などとデータをシェアして使える点も優れています。
  • 月額基本料金割引キャンペーン::デュアルタイプ(音声通話+データ通信)と5GB以上のコースへ新規契約すると3カ月間月額300円(2021年2月1日〜2021年5月31日)
  • パケット放題(500kbps)最大4カ月無料キャンペーン:デュアルタイプ(音声通話+データ通信)と5GB以上のコースへ新規契約すると3カ月間月額300円(2021年2月1日〜2021年5月31日)
  • 5G通信オプション最大6ヶ月無料キャンペーン:5G通信オプション申し込みで月額料金が最大6ヶ月無料(2020年12月1日〜2021年3月31日)
  • HUAWEI製スマートフォン購入で電子マネーギフトプレゼントキャンペーン:2,000円分の電子マネーギフト(2021年2月1日〜2021年2月28日)
mineo に申し込む

Rakuten_Logo_New
契約から1年間無料、1GBまでなら永続的に無料と破格の安さです。楽天回線が使える都市圏にお住まいで、楽天ヘビーユーザーの方はポイントが2倍となるので検討すべきです。端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • Rakuten UN-LIMIT V プラン料金1年間無料(2020年3月3日〜終了日未定)
  • 年末年始大感謝祭:Rakuten UN-LIMIT Vの申し込み、Rakuten Linkの利用、対象製品の購入で最大25,000ポイント還元(2021年1月7日〜)
  • 楽天ひかりUN-LIMITキャンペーン:Rakuten UN-LIMITとのセット契約で楽天ひかりも1年間月額基本料が無料(2020年10月7日〜終了日未定)
  • Rakuten Hand 発売記念キャンペーン:楽天ポイント10,020円相当のポイントをプレゼント(2020年12月8日〜終了日未定)
  • 先着3,000名!対象のAQUOSシリーズスマホ購入+エントリーで、楽天マガジン1年無料クーポン&1,000ポイントプレゼントキャンペーン(2020年11月25日〜2021年2月26日)
楽天モバイル に申し込む

ワイモバイルロゴ
家族割か固定回線セット契約で毎月1,080円引き、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。Yahoo!ショッピングでのポイント5倍などの特典も見逃せません。
  • ワイモバ学割:5歳〜18歳の方はスマホベーシックプランSが契約7ヶ月まで毎月1,280円引きなど(2020年11月11日〜2021年5月31日)
  • おうちでんきキャンペーン:おうちでんき代初月無料(2020年2月1日〜)
  • ソフトバンク→ワイモバイル事務手数料3,000円無料キャンペーン(2020年2月1日〜)

  • ワイモバイルに申し込む

    イオンモバイルロゴ
    普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。低容量データ料金が安く、安心感が魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。
    • イオンモバイルの春得:音声4GBプランなら3ヶ月間月額500円(2021年2月11日〜2021年5月31日)
    • イオンモバイル3年学割:25歳以下なら3年間ずっと1GB増量で5GB音声プランが3ヶ月間月額500円に(2021年1月15日〜2021年5月31日)
    • イオンモバイル紹介トク:紹介した人・された人に1GBクーポンをプレゼント!紹介した人が月額基本料金から1ヶ月500円引(2020年11月3日〜)
    イオンモバイルに申し込む

     このエントリーをはてなブックマークに追加