ワイモバイルとUQモバイルの新プランを比較〜どっちがいい?

キャリアサブブランドとして、通信速度で群を抜く格安SIM2社がこの2社ですね。

 

これまでも似通った料金プランをもった両社ですが、2019年10月1日から2社とも新プランがはじまります。

 

今回は微妙に料金プランの内容が異なりますので、改めて比較ポイントを明らかにしてそれぞれに合ったユーザー像をご提案します。

 

 

結論:それぞれに合った人はどんな人?

 

端的言うと、余計な付随サービスはいらないから純粋に高速なモバイル通信サービスをコスパよく利用したい方、通話はLINE無料通話がほとんどという方はUQモバイルが合っています。

 

一方、Yahoo!プレミアムなどヤフーのサービスを普段からよく使い、お店・役所・学校・仕事などに多頻度に通話する方はワイモバイルが合っています。

 

最大の違いは通話料金の扱い

 

これまでUQモバイルの主力料金プランであるおしゃべりプランは1回5分間までの通話料金がセットで含まれたものでした。

 

しかし10月1日からの新しいスマホプランでは、かけ放題部分がオプションとして分離され1回10分までのかけ放題が月額700円月合計60分間までのかけ放題が月額500円と、選択できるようになったのです。

 

UQモバイルの新しくなったスマホプラン

 

UQ新スマホプラン

 

一方のワイモバイルでの新プランであるスマホベーシックプランは従来と変わらず1回10分間までの通話料込みの料金体系となっています。

 

ワイモバイルの新しくなったスマホベーシックプラン

 

ワイモバイルスマホベーシックプラン

 

このかけ放題の通話料金の扱いが今後の2社の新プランの最大の違いといえます。

 

かけ放題オプションを使わずにUQモバイルで60分間通話すると、(20円/30秒)×(60分÷0.5分)=2,400円と、高額になってしまいます。

 

月額の500円分だと、500÷40=12.5と、12分半は通話できる計算です。

 

つまり1ヶ月12分半以上通話するなら、あっさり月額500円で60分間通話できるオプションに加入した方がお得ですね。

 

更に10分間までかけ放題となるオプションプラン金額700円ですと、700÷40=17.5と、 17分半は通話できる計算になります。

 

どのぐらい通話するかわからない方は、まずはオプションを申し込まないで2-3ヶ月使ってみて、自分の通話時間を計測してみるのがいいでしょう。

 

よく自分のトータル通話時間や1回の通話時間を考慮してオプションに申し込むべきか判断することが節約につながりますね。

 

オプションなので月ごとに申し込みを変えられますので、実績を適宜確認していくのが賢いですね。

 

料金の変動の有無に違いあり

 

UQモバイルがこれまでの2年目、3年目での料金の実質値上げというわかりにくさを解消したシンプルなプランを提示してきたのに対して、ワイモバイルでは契約翌月から6ヵ月間基本使用料の最大700円割引を行っています。

 

一見割引とは聞こえがいいですが、要は半年後値上げということになります。

 

結局いくらなのかわかりづらくなるので、僕はこういうのはあまり好きではないです。

 

既存契約者が新プランに移行した場合の対応の違い

 

UQモバイルのおしゃべりプランなど旧プラン契約者は契約解除料金を支払うことなく、2019年9月24日から新プランへの移行予約ができます

 

一方、ワイモバイル既存契約者が契約解除料9,500円を免除されるには、以下のいずれかを満たす必要があります。

  • ワイモバイルを継続して2年以上ご契約していること
  • 機種変更※と同時に変更後対象プランにプラン変更すること

ワイモバイルを使い始めて2年経過していなく、機種変更もしないとなると、従来からの魔の契約解除料9,500円をとられてしまうのです。

 

旧プランからの移行は明らかにUQモバイルの方がやさしく設計されています。

 

これまで同様のUQモバイルとワイモバイルの比較ポイント

 

以下の4点は両社の新旧プラン共通の大きな違いなので、おさえておいてください。

 

UQモバイル ワイモバイル
通信速度の切り替えによるデータ容量の節約 300Kbpsの節約モードへ切替でデータ容量の消費ゼロに 速度切替は不可
余ったデータ容量の翌月繰り越し 可能 不可
付随サービスの利用特典 大きくはなし Yahoo!プレミアムの特典が無料、TポイントUp
キャリア扱いのメール利用 月額200円のオプション 無料かつ容量無制限

 

さあ、あなたならどちらを選びますか。

 

UQモバイル公式サイトでスマホプランをみる
ワイモバイル公式サイトでスマホベーシックプランみる

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

おすすめ格安SIMランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。 どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。
UQモバイルロゴ
12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。 セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • UQモバイルでは2019年7月現在、家族割、イチキュッパ割、増量オプション2年間無料キャンペーン、MNP新規申し込み者や機種変更者を対象向けの下取りサービスなど、無期限のキャンペーンのみ実施されています。
UQ mobileのキャッシュバックキャンペーンはこちらから

mineoロゴ
余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。解約手数料もかかりません。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
mineo に申し込む
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。 端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • Xperia Ace発売記念キャンペーン:期間中にご購入の方から、抽選で1,000名様に楽天スーパーポイント3,000ポイントが当たる!(2019年11月1日まで)
  • arrows RX発売記念キャンペーン:先着2,000台が発売記念価格の3,000円引き(2019年11月1日まで)
楽天モバイル に申し込む
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。 携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • PayPayボーナス10,000円相当をプレゼント!:「B.LEAGUEスタンプ」サイトにて新規会員登録をすると、「PayPayボーナス10,000円相当」を抽選で20名にプレゼント(2019年10月8日〜2019年11月14日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
ワイモバイルへの申し込みはこちら
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。 解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。
  • やさしいスマホ ゆっくりマイペースでスマホデビュー:60歳以上の方向けにイオンでんわ10分かけ放題と電話サポートがセットで月額850円にて提供中(2019年9月6日〜)
イオンモバイルに申し込む

 このエントリーをはてなブックマークに追加