2020年6月、UQモバイルに登場したスマホプランR。新プランはここがポイント!

6/18に総務省から発表された、携帯途中解約時の違約金上限を1,000円、携帯端末の値引き上限を2万円としていく措置を受けて、2019年10月からキャリアや格安SIM事業者がぞくぞくと新料金プランを発表しています。

 

本記事ではUQモバイルの2019年10月からの新プランであるスマホプラン、そして2020年5月25日発表されたスマホプランRでこれまでとどう変わるのかを端的にご紹介していきます。

 

 

いつからスマホプランRに移行できるのか

 

既存のUQモバイルユーザーは2020年5月27日よりサポートページ「my UQ mobile」等で「スマホプランR」へのプラン変更の受付を開始しています。

 

他のサービスから新規にUQモバイルに申し込む方は2020年6月1日から受付開始します。

 

従来のスマホプランM・Lは、2020年5月31日をもって新規受付を終了するようです。

 

もちろんスマホプランS/M/LからスマホプランRへの以降にあたって違約金などはかかりませんのでご安心を!

 

メリット1: 解約手数料がゼロ円に

 

キャリアサブブランドとしてUQモバイルはキャリア同様の2年縛り、途中解約すると解約手数料9,500円がありましたが、いずれも2019年10月からの新プランではなくなっています。

 

auが新プランでも解約手数料1,000円が必要なのに対してUQモバイルでは完全にゼロ円です。

 

これはうれしいですね。移行の敷居がぐっと下がり、契約期間満了まで待つ必要がなくなります。

 

メリット2:かけ放題がオプション料金となり節約可能

 

UQ通話オプション

 

これまでおしゃべりプランは1回5分まで無制限に通話ができ、ぴったりプランは月60分(プランSの場合)まで通話し放題となっていた分、2年目から毎月1,000円値上がりするなどやや割高な面もありました。

 

2019年10月からのスマホプランでは、かけ放題がオプション料金として3パターンから選べるようになったのです。

 

しかも1回5分から10分に拡大されて月額700円、1回の通話が長めな人向けには月60分まで700円、完全かけ放題が月額1,700円という料金体系となっています。

 

このオプションに加入しなければ、30秒当たり20円(1分40円)課金されるだけです。

 

500円÷40円=12.5分と、月12分以上以下しか通話しない人は、通話オプションに加入しない方がお得です。

 

僕なんて2019年9月は15日まで100秒程度した通話していなかったです。

 

メリット3:料金の変動がなくずっと一定金額

 

UQスマホプラン2006

 

UQモバイルの主力となるおしゃべりプランは契約から13ヶ月目までは「イチキュッパ割」として毎月1,000円の割引があり、14ヶ月目からは実質値上がりする料金体系でした。

 

更に3年目以降同じデータ容量を使い続けるには、データ増量オプション500円を毎月支払うことが必要でした。

 

この2段階のわかりづらい料金変動がなくなり、契約後ずっと同じ金額で同じデータ容量を使い続けられるように変わります。

 

これまでの料金体系の方がむしろ異常だったといえるでしょうね。

 

メリット4:通信速度やデータ容量翌月繰り越しなどはそのまま

 

UQ新スマホプラン速度切替

 

キャリアと比べても通信速度やその安定性で定評のあるUQモバイルの通信速度は新プランでも変わりません。

 

節約モードに切り替えてデータ容量の消費をゼロにできますし、その通信速度もスマホプランRでは300Kbpsから1Mbpsに高速化(スマホプランSでは300Kbps)されました。

 

また毎月余ったデータ容量を翌月に引き継いて使えることにも変わりはありません。

 

まとめ

 

良いところを残したまま、これまでのキャリアっぽさを引きづったわかりにくさや若干の無駄も残っていたUQモバイルですが、これでほぼデメリットが解消されましたね。

 

もうキャリア・MVNOを問わずUQモバイル一択しかないともいえるユーザー目線で改定されています。

 

キャリアなどは新プランとなっても解約手数料上限の1,000円が必要だったりしますからね。

 

旧UQモバイルユーザー、キャリアユーザー、楽天モバイルやワイモバイルなどの格安SIMユーザーも、この機会にUQモバイルの新スマホプランを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

 

 

 

おすすめ格安SIMランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。 どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。
UQモバイルロゴ
12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。 セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • OPPO Reno3 A発売キャンペーン(2020年7月1日〜2020年8月30日)
  • スマホプラン データ増量キャンペーン:「スマホプラン」&「通話オプション★」へ加入&UQモバイルの電話番号で「au ID」登録により13ヶ月データが増量(2019年11月29日〜)
UQ mobileのキャッシュバックキャンペーンはこちらから

mineoロゴ
余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • Hulu新規登録キャンペーン:翌月以降の利用でEJOICAセレクトギフト1000円分プレゼント(2020年8月1日〜2020年9月30日)
  • mineo端末安心保証 加入促進キャンペーン(2020年3月3日〜2020年8月31日)
mineo に申し込む

Rakuten_Logo_New
都市圏にお住まいで、楽天ヘビーユーザーの方はポイントが+2倍となるので検討すべきです。端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーン:1年間プラン料金無料/300万名対象(2020年3月3日〜終了日未定)
  • Rakuten UN-LIMITED申込み&Rakuten Link利用で事務手数料3,300円(税込)相当分を全額ポイント還元(2020年7月10日〜終了日未定)
楽天モバイル に申し込む

ワイモバイルロゴ
1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。 携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
    オンライン限定SUMMER SALE:iPhone 7(32GB)が21,600円(税込)、Xperia 10 Uが36,000円(税込)(2020年7月22日〜2020年8月31日)
  • PayPayフリマ&ヤフオク! 売っても買ってもおトク祭り(2020年6月1日〜)
  • PayPayモールで最大15%相当戻ってくる!(2020年4月1日〜)
ワイモバイルに申し込む

イオンモバイルロゴ
普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。 解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。
  • 納得!夏得!家計節約キャンペーン2020:イオンモバイルへのMNPで3,000WAONポイントプレゼント!他(2020年7月1日〜2020年8月31日)
  • やさしいスマホ ゆっくりマイペースでスマホデビュー(2019年9月6日〜)
イオンモバイルに申し込む

 このエントリーをはてなブックマークに追加