安い!と格安SIMキャンペーンに飛びつくリスクまとめ

キャリアから格安SIMに移行する目的はまぎれもなく、スマホ回線費用のコスパの向上です。

 

コスパが大事なのは何もスマホ回線費用に限ったことではなく、世の中のあらゆる商品・サービス共通です。

 

しかしスマホ回線サービスは形がないため、ついつい目先の安さだけに目がいきがちですよね。

 

事業者もそこを狙って、下記のような安さ訴求のキャンペーンを多数展開しています。

 

 

100円でスマホが手に入るぞー! 格安SIM、IIJのキャンペーンが完全にやりすぎ!(GIZMODE 2019/3/28)

 

LINEモバイル新キャンペーン『LUCKY FESTIVAL』で割引クーポン当たる(bitWave 2019/3/4)

 

格安SIM:MVNOサービス「LinksMate(リンクスメイト)」、2019年3月22日(金)より「春の新生活応援キャンぺーン 2019」を開始!(exciteニュース 2019/3/23)

 

 

しかし、安さに目を奪われると後で思わぬトラブルにあったり、後悔する羽目になります。

 

皆さんにはそんな想いをしていただきたくないので、格安SIMキャンペーンに潜むリスクとともに後悔しない格安SIMの選び方を解説いたします。

 

 

回線混雑時につながらくて使い物にならない

 

格安SIMとは言うまでもなく通信サービスなので、最も重要な価値は、いつでも安定してつながり、速度が速いことです。

 

いくら安くてもつながりにくいサービスを使っていては、人生における最も貴重なリソースである時間を無駄に奪われてしまいます。

 

駅のホームでネットにつながらなかった時などイライラしますよね。

 

自分の時間を有効に使えているという実感は、幸福感に大きな影響を与えるので気をつけたいです。

 

 

回線とセット買ったスマホでゲームが動かないなどスペックが不足

 

多くの端末セットキャンペーンの目玉として販売されている100円〜10,000円程度のスマホ端末は3Dゲームを動かせるスペックはありません。

 

またバッテリー容量は必ずチェックしてください。一日の中で何かと頻繁にスマホを使う方は、3000mAh未満のスマホは避けた方がよいです。

 

モバイルバッテリーをもっていたとしても、外出先で充電するのは面倒ですし時間がかかりますからね。

 

写真にこだわりたい場合は、公開されている情報の中で、レンズの性能といってもいいF値をチェックしてください。

 

 

キャンペーン期間が終了したら実は割高だった

 

キャンペーンはあくまで購買意欲をかきたてるための企業側の仕掛けです。

 

商品・サービスの真の実態ではありません。

 

キャンペーンでよくある基本料金やオプションサービス3ヶ月無料などは、いってみれば3ヶ月後以降は意味をなさなくなります。

 

その後2-3年ほど契約した格安SIMサービスを使うことを想定すると、トータルコストで比較しない限り本当の割安さは見えてきません。

 

面倒かもしれませんが、基本料金、オプション料、通話料、端末代などすべての費用の想定利用期間分を算出し、自分にあった使い方の格安SIMを選ぶようにしましょう。

 

契約後、2年間の間解約すると1万円弱の解約手数料がかかるのを知らなかった

 

キャリアに比べて格安SIMでは利用期間の縛りは緩くなっていますが、解約・MNP転出で全く手数料がかからないサービスは現状ありません。

 

大手のワイモバイル、楽天モバイル、UQモバイルでは通話料込みの料金プランで契約するとキャリア同様の2年縛りがあり、途中解約すると1万円弱の解約手数料が発生します。

 

mineoやイオンモバイルは解約するだけなら手数料はかかりませんが、番号を変えずに他社に乗り換えるMNP転出時は、最低でも3,000円の手数料が発生します。(契約からの経過日数により手数料は変動)

 

通話代が高くて結局キャリアを料金が大して変わらなかった

 

格安SIMは元々ネット利用をメインに設計されたサービスなので、通話料金はキャリアに比べ割高な傾向があります。

 

30秒当たり20円がどのサービスでも基本となっているのです。

 

ただし、ワイモバイルや楽天モバイルのように1回10分までの通話料金が基本料金に含まれている料金メニューもあります。
UQモバイルでは1回5分までが基本料金に含まれています。

 

また、mineoやイオンモバイルでは 1回10分までの通話がかけ放題となるオプションサービス(月額850円)を専用通話アプリで提供しています。

 

契約時、キャンペーンだけに惑わされず、自分の通話時間や頻度に応じて適切なサービスや料金メニューを選択する必要があります。

 

スマホ利用

 

ここまで格安SIMキャンペーンのリスクを5つの観点から解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

格安SIMは現在800社以上もサービス提供社が存在しますが、3大キャリアを含めて競争環境が激しく、宣伝費用もバカにならないので、大手以外は生き残りが難しくなってきています。

 

当サイトではこのような市場環境を鑑みて、UQモバイル、mineo、楽天モバイル、ワイもバル、イオンモバイルという資本力があり特徴的な大手5社を使い方に応じて推奨しています。

 

下記にそれぞれに合ったユーザー像をまとめてありますので、サービス選択の参考にしてみてください。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加