楽天モバイルでの料金プランはこの3パターンから選ぼう

楽天モバイルは、MVNO市場シェアNo.1(15.0%)のサービスです。(MM総研調べ/2018年6月20日)

 

楽天サイトからの強力な誘導力、楽天スーパーポイントがより多く貯まること、安価で自由度が高い料金、多くのキャンペーンで端末を安く購入できることなどがその要因でしょう。

 

楽天モバイルには複数の料金プランがあるので、ここではあまり詳しくない方向けに、使い方に応じて最適な料金プランをご提案します。

 

前提として、楽天モバイルには大きく以下の二つのタイプの料金プランがあることを認識してください。

 

  • 1回10分間までかけ放題となる通話料込みのスーパーホーダイ(データ容量は4種類から選べる)
  • 通話料は別料金となる組み合わせプラン(データ容量は6種類から選べる)

 

組み合わせプランは更に通話SIM、SMSとIP電話が使える050データSIM、SMSや通話ができないデータSIMという3つのタイプに分かれています。

 

 

 

  1. 通話(LINE無料通話で済む分除く)を月に合計15分以上、又は30回以上する方はスーパーホーダイ。データ容量はミニマムのプランS(2GB)からスタート。
  2.  

  3. 通話(LINE無料通話で済む分除く)は必要だけど、月に合計15分以内又は30回未満で済む方は、組み合わせプラン通話SIMの3.1GBからスタート。
  4.  

  5. 通話はLINE無料通話以外基本不要という方は、SMS※1も不要な場合データSIMの3.1GB組み合わせプランから、SMSは必要な方や一応通話機能がほしい方は050データSIMの3.1GB組み合わせプランからスタート

 

この3パターンが基本の考え方です。

 

月に通話15分、又は30回という基準値の根拠は、平均的はデータ消費量の5MB〜6MBをもとに、スーパーホーダイと組み合わせプランの料金を比較した結果です。

 

それぞれの料金はこちらの通りです。

  • スーパーホーダイ(プランM:6GB)で3年契約:2,480円(楽天会員の場合)
  • 組み合わせプラン(通話SIM:5GB):2,150円

 

組み合わせプランはこの2,150円に通話料金が加算されます。

 

楽天でんわアプリを使えば30秒あたり10円、つまり1分20円です。

 

15分通話すると300円、30回通話すると最低でも300円かかり、上記組み合わせプラン(通話SIM:5GB)の料金に加算すると、2,450円(2,150+300)。

 

つまり、上記6GBプランMでのスーパーホーダイの料金(2,480円)とほぼ同額となるわけです。

 

 

データ容量をミニマムからスタートと書いたのは、月ごとに上限データ容量の変更は可能であること、データ容量を使い果たしたとしても低速モード※2(スーパーホーダイは原則最大1Mbps、組み合わせプランは最大200Kbps)になるだけだからです。

 

キャリアから格安SIMに移行する理由は無駄を省いて通信料金を下げることにあります。

 

格安SIMでもできるだけ無駄を抑えるために、まずはミニマムのデータ容量でどこまで生活に耐えうるかチャレンジすべきと考えるべきと考えています。

 

データ容量=料金を抑えるためにはできるだけ家でも外でもWi-Fiと、低速モード活用することです。

 

アプリのダウンロードはWi-Fiを利用しましょう。アマゾンプライムビデオ、Netflixなどの動画配信サービスも事前にWi-Fiでエピソードごとにダウンロードしておけばデータ容量を無駄に消費しなくて済みます。

 

※1 Short Message Serviceの略で、携帯電話同士で電話番号を宛先にしてメッセージをやり取りするサービス
※2 楽天モバイル SIMアプリを使い、高速データ通信をOFFにした状態。速度が制限されますが、データ消費はゼロになります。スーパーホーダイの1Mbpsだと高速通信時に比べ数秒つながりが遅くなりますが、さほど支障なく使えます。ただし、12−13時や18-19時といった回線混雑時はよりつながりにくくなります。組み合わせプランの低速モードは最大200Kbpsなので、テキスト中心のサイト、メール、LINEなどは使えますが、それ以外の画像・動画・ゲームなどを使うことは厳しいです。

 

 

上記に月ごとに上限データ容量の変更は可能と書きましたが、楽天モバイルのスーパーホーダイと組み合わせプラン間で変更可能なパターンは下記の通りです。

 

楽天モバイル料金プラン変更

 

※1 最低利用期間を過ぎたあとは、組み合わせプランへ変更することが可能になります。
※2 通話SIMでご契約の場合、データSIM、050データSIMへのプラン変更はできません。
※3 組み合わせプランからスーパーホーダイにプラン変更した場合、楽天会員割、長期割は適用されません。
※4 通話SIMでご契約の場合、データSIM、050データSIMへのプラン変更はできません。
※5 データSIM、050データSIMでご契約の場合、通話SIMへのプラン変更はできません。
※6 データSIMから050データSIM、050データSIMからデータSIMへのプラン変更はできません。

 

スーパーホーダイに最初に契約した方は、契約最低利用期間を過ぎたら、その時の通話時間・回数に応じてスーパーホーダイから組み合わせプランへの変更を再検討してみることです。

 

変更不可のパターンでは一度解約手続きが必要になり、手数料9,800円がかかるので注意してください。

 

 

〇がついたパターンの変更はOKということね。


 

そうだね。でも組み合わせプランからスーパーホーダイに変更すると、楽天会員割(2年間毎月500円引きや長期割(2年間毎月1,000円引き)は適用されないから割高になるから注意してね。


 

 

スーパーホーダイの詳細

 

こちらは1回10分までの通話料を含む料金プラン、スーパーホーダイの詳細です。10分を超える通話は楽天でんわを使えば、通常の半額の30秒当たり10円となります。

 

楽天モバイル通話込プラン

 

無料の楽天IDをもつ会員の場合、2年間はS・M・L・LLそれぞれ毎月500円引きの金額になります。ダイヤモンド会員※の場合、1年目のみS・M・L・LLそれぞれ楽天会員よりも更に毎月500円の割引になります。

 

※ダイヤモンド会員の条件

  • 楽天ポイント獲得…過去半年で4,000ポイント以上
  • 楽天ポイント獲得回数…過去半年で30回以上
  • 楽天カード保有

 

組み合わせプランの詳細

 

  通話SIM

050データSIM
(SMSあり)

データSIM
(SMSなし)

ぺーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円

 

この3つのSIMの違いを整理すると、このようになります。

 

  通話SIM

050データSIM
(SMSあり)

データSIM
(SMSなし)

通話 アプリ「楽天でんわ」で30秒当たり10円、10分以内の通話かけ放題オプションを申し込むと毎月850円 楽天が運営するIP電話アプリ「Viber」を使い、付与された050で始まる自分の番号を使って通話する。(固定電話宛て1分3.24円、携帯電話宛て10.6円) (通話をしない人向けプランです)
SMS(携帯番号宛てのショートメッセージ) 3円/通 3円/通 不可

 

050データSIMで注意したいのは、110や119には電話をかけられないこと、184をつけて発信しても自分の番号を非通知にできないことです。Viberアプリを使うための設定もありますので、初心者にはおすすめできるものではないですね。

 

 

以下のデメリットは事前に認識しておいてください。

 

  • 通信速度がUQモバイルやワイモバイルに比べると遅い。特に12-13時や18-19時で差が出やすい。(その分両社より安い)
  •  

  • 料金を抑えるためには2年、3年の長期契約が必要となり、その途中で解約すると、契約解除料9,800円がかかる。
  •  

  • 楽天ドメインのメールアドレスは無料で使えるが、PCメールの位置づけなので、キャリアメールアドレス宛に送信すると、デフォルトで迷惑メール扱いになることが多い

 

 

楽天モバイルの最大のメリットは最初にかかげた楽天スーパーポイントとの連携によるお得感です。詳細は下記記事を参考にしてみてください。

 

 

  • 楽天ポイントがより多く貯まる!携帯料金支払いにポイントを使える!
  •  

  • 楽天モバイルSIMアプリで高速通信のON/OFF切り替えてデータ容量を節約できるとともに、使用したデータ通信量の確認ができる。
  •  

  • 高速通信をOFFにして低速モードに切り替えても最大1Mbpsの通信速度(12-13時、18-19時は300Kbps)と、格安SIMの中で低速モード時の速度が最も速い
  •  

  • 当月に使用しなかったデータ通信容量は翌月に繰り越して使える。
  •  

  • セット販売されている端末の種類が多く、季節ごとのキャンペーンやタイムセールで安く購入できる。

 

 

今も多数のキャンペーンが実施されていますので、このタイミングお見逃しなく!

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安SIMおススメランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。

どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。

第1位
UQモバイルロゴ

12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。
セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • ファミゼロ学割:18歳以下とそのご家族が新規またはMNPで「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」を契約すると月額基本料金が最大3ヶ月無料、新中高生の月額基本料金は最大5ヶ月間無料(2018年12月1日〜2019年5月31日)

UQモバイル公式サイト


第2位
mineoロゴ

余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。解約手数料もかかりません。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • 家族・友人などの紹介でデュアルタイプまたはシングルタイプを契約すると、電子マネーギフト1,000円分をプレゼント(2018年12月10日〜2019年1月31日)
  • 最大2カ月無料!mineoオプションキャンペーン:mineoでんわ 10分かけ放題サービス、持込み端末安心保証サービス、ウイルスバスター モバイル 月額版、超ストレージ、パスワードマネージャー 月額版(2018年12月10日〜2019年1月31日)
mineo公式サイト

第3位
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。
端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • ありがとう4周年 続・感謝セール!:AQUOS sense lite SH-M05が月669円×24回など(2018年12月1日〜2019年1月10日まで)
  • LG Q Stylus/AX7発売記念キャンペーン:通常価格から3,000円〜10,000円割引(2019年1月31日まで)

楽天モバイル公式:サイト


第4位
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。
解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。

  • 大盤振舞キャンペーン:2台同時契約ででWAON4,000ポイントプレゼントン、公式アカウントフォロー&リツィートでHUAWEI P20 liteなどプレゼント(2018年12月28日〜2019年1月8日)
  • 3ヶ月間月額基本料金1,130円引きキャンペーン:音声プラン、シェア音声プランに新規・MNPで契約すると3ヶ月間毎月1,130円引きに(2018年12月15日〜2019年1月14日)

イオンモバイル公式サイト


第5位
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。
携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • オンラインストア初売り2019:Android One X4が通常62,400円を14,800円から提供&他社乗り換えでワイモバイルの音声USIMに契約すると、10,000円を還元(2019年1月7日まで)
  • 学生(5歳以上18歳以下のお客さま(ご使用者))を対象に、スマホプランM/Lの基本料が加入月から最大13ヶ月間割引になるキャンペーン(2018年12月5日〜2019年5月31日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
  • 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン(2018年8月9日〜終了時期未定)


ワイモバイル公式サイト

 このエントリーをはてなブックマークに追加