格安SIMの悩み、迷い、どれがいいの?〜こうすれば迷わない

テレビをつけても、ネットをみていても頻繁に格安SIMの広告を目にするようになりました。

 

周囲の友人をみても、10人に1人以上は格安SIMユーザーとなっているのではないでしょうか。

 

様々な調査機関が発表する格安SIM市場のデータをみても、ここ数年着実に市場が拡大しています。

 

とはいえ、まだ80%ぐらいの携帯ユーザーが3キャリアのユーザーです。

 

キャリアユーザーの心理としては、移行にブレーキがかかる要素が沢山あるんですよね。

 

  • よくわからない
  • 面倒そう
  • つながりにくい、サポートがないなど悪評がある
  • キャリアに解約金などがかかる
  • 格安SIMもいっぱいあってどれがいいかわからない
  • とりあえず今のキャリアでもさほど困っていない

悩む

 

こんな気持ちなのではないでしょうか。

 

迷っているときは行動しないのが人間の心理です。

 

それが行動につながるのは、何か大きな認識を変えるきっかけがあった時です。

 

  • 家族が格安SIMに移行し、満足している
  • 信用できる友人に勧められた
  • キャリアの契約更新期間を迎えた
  • スマホが古くなり買い替えたくなった
  • 格安SIMに関する新たな情報を得た
  • 家計が苦しくなった

 

こんなケースが想定されます。

 

格安SIMに限らず、ライフスタイルや使う商品・サービスを変えることはよくあると思います。

 

この場合も、変えるきっかけは似たようなところでしょう。

 

ではそれらに変えて満足した場合、皆さんはどう振り返ったでしょうか。

 

  • こんな便利な商品、もっと早くから使えばよかった
  • 情報に対するアンテナをもっと高くしておけばよかった
  • 決断が大事なんだ

 

こんな思いをすることも多いのではないでしょうか。

 

 

例えば仕事のスキル獲得などです。

 

英語が大事と言われて久しいですが、本腰を入れて勉強するのは、何かのきっかけがあった時です。

 

なぜ本腰を入れないのか。

 

  • とりあえず、今は困っていない
  • 勉強が面倒
  • 勉強するお金も時間があまりない
  • 書籍、アプリ、各種スクール、オンラインと選択に迷う

 

こんな理由があげられますね。

 

しかしです。

 

会社の状況が変わり、海外と取引することになったり、海外調査が必要になったり、社内で英語の試験が課されたり、転職することになったりすると、英語に本腰を入れて勉強せざるを得なくなります。

 

今や国内マーケットだけを相手にしている会社の方がめずらしいですからね。

 

いつ何時、会社の業績が悪化して、会社ごと外資に買収されるかもわかりません。

 

そして突如上司が外国人になるのです。

 

そしてこう思うわけです。

 

  • もっと早くから勉強しておけばよかった
  • 世の中へのアンテナをもっと高くしておけばよかった
  • もっと前に決断しておけばよかった

 

 

人間は現状維持している方が楽なので、緊急の必要性がない限りなかなか変わりません。

 

過去に経験してきたことを継続した方が心配も少ないです。

 

人間含め動物には種としての安全欲求にはものすごく強いものがあります。

 

誰しも未来をある程度見通す力はありますが、所詮未来なので確証をもてません。

 

だからなかなか行動せず、変わらないのです。

 

しかし、先の英語の例にあるように、いち早く行動しておくと、未来が大きく開ける可能性が高く、将来の心配も減るわけです。

 

では能動的に行動するためには何が最初のステップとして必要なのでしょうか。

 

確かな情報とその理解ですよね。

 

格安SIMはまさにこの構図の典型だと思います。

 

利用者が着実に増えていますが、乗り換えた人はこの情報を入手し、それを正しく理解した人です。

 

 

ここまで読んでいただき、ちょっとでも気になった方は、まずはこのサイトのトップページから読んでみてください。

 

読んでマイナスになることはないはずです。使い方に合った格安SIMを厳選して紹介し、詳細比較情報も載せています。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安SIMおススメランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。

どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。

第1位
UQモバイルロゴ

12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。
セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • ファミゼロ学割:18歳以下とそのご家族が新規またはMNPで「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」を契約すると月額基本料金が最大3ヶ月無料、新中高生の月額基本料金は最大5ヶ月間無料(2018年12月1日〜2019年5月31日)

UQモバイル公式サイト


第2位
mineoロゴ

余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。解約手数料もかかりません。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • 家族・友人などの紹介でデュアルタイプまたはシングルタイプを契約すると、電子マネーギフト1,000円分をプレゼント(2018年12月10日〜2019年1月31日)
  • 最大2カ月無料!mineoオプションキャンペーン:mineoでんわ 10分かけ放題サービス、持込み端末安心保証サービス、ウイルスバスター モバイル 月額版、超ストレージ、パスワードマネージャー 月額版(2018年12月10日〜2019年1月31日)
mineo公式サイト

第3位
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。
端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • ありがとう4周年 続・感謝セール!:AQUOS sense lite SH-M05が月669円×24回など(2018年12月1日〜2019年1月10日まで)
  • LG Q Stylus/AX7発売記念キャンペーン:通常価格から3,000円〜10,000円割引(2019年1月31日まで)

楽天モバイル公式:サイト


第4位
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。
解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。

  • 大盤振舞キャンペーン:2台同時契約ででWAON4,000ポイントプレゼントン、公式アカウントフォロー&リツィートでHUAWEI P20 liteなどプレゼント(2018年12月28日〜2019年1月8日)
  • 3ヶ月間月額基本料金1,130円引きキャンペーン:音声プラン、シェア音声プランに新規・MNPで契約すると3ヶ月間毎月1,130円引きに(2018年12月15日〜2019年1月14日)

イオンモバイル公式サイト


第5位
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。
携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • オンラインストア初売り2019:Android One X4が通常62,400円を14,800円から提供&他社乗り換えでワイモバイルの音声USIMに契約すると、10,000円を還元(2019年1月7日まで)
  • 学生(5歳以上18歳以下のお客さま(ご使用者))を対象に、スマホプランM/Lの基本料が加入月から最大13ヶ月間割引になるキャンペーン(2018年12月5日〜2019年5月31日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
  • 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン(2018年8月9日〜終了時期未定)


ワイモバイル公式サイト

 このエントリーをはてなブックマークに追加