UQモバイル家族割はデータプランでどうなる?申し込み方法・条件などを徹底解説

UQモバイルはテレビCMで訴求しているように、家族割があります。毎月500円割り引かれます。

 

格安SIMすべてで家族割があるわけではなく、500円という割引額の大きさ、子回線9回線までという対象回線数の多さも格安SIMの中で最大です。

 

通信速度とその安定性で定評のあるUQモバイルを検討中の方は、家族皆で契約した方がお得度が高まるわけです。

 

UQモバイル家族割

 

実際僕も娘は二人ともUQモバイルのおしゃべりプランSを使っています。

 

契約から2年半、二人合わせても毎月6千円台です!

 

しかも速度はキャリア並みです。

 

ぜひ多くの方に家族皆でUQモバイルを使うことのメリットを知っていただきたいので、その対象プラン、申し込み方法、家族の定義、割引条件などを解説しますね。

 

 

家族割適用対象の料金プラン〜データプランは家族割を使えるのか?

 

UQモバイルの家族割は、一定の無料通話を含むおしゃべりプラン及びぴったりプランで適用されます。

 

それ以外の以下の無料通話を含まない4つのデータプランでは残念ながら家族割は適用されません。

 

  • データ高速プラン(月額基本料980円)
  • データ高速+音声通話プラン(同1,680円)
  • データ無制限プラン(同1,980円)
  • データ無制限+音声通話プラン(同2,680円)

 

だからといって必ずしも家族皆がおしゃべりプランやぴったりプランが最適かというと、そういうわけでもないと思います。

 

家族の中で通話はLINE無料通話以外、ほとんどしないという方もいらっしゃると思います。

 

自分の時間を相手のタイミングでコントロールされてしまう電話は特に若い世代から敬遠されてきていますからね。

 

そういう方にとっては毎月3GBまで使えるデータ高速+音声通話プラン(月額基本料1,680円)、又は最高速度500Kbpsでデータ容量を気にせず使えるデータ無制限+音声通話プラン(同2,680円)の方がお得です。

 

おしゃべりプラン・ぴったりプランのプランSに家族割を適用すると、毎月3GBで1年目は1,480円、2年目以降は2,480円ですから。

 

ここに含まれている無料通話分が割高となってしまうわけです。

 

データ高速+音声通話プランやデータ無制限+音声通話プランでの通話料は30秒あたり20円の従量制ですから、利用時間が短い場合は料金が少なく済むわけです。

 

どれぐらい通話をするか微妙でプラン選択に迷った場合は、まずはデータ高速+音声通話プラン(3GBで月額基本料1,680円)に契約してみることをおすすめします。

 

ここは大事なポイントです。

 

というのもデータ高速+音声通話プランやデータ無制限+音声通話プランに契約後、途中でおしゃべりプランやぴったりプランに変更することはいつでも無料でできるからです。

 

ところが逆に、おしゃべりプランやぴったりプランからデータ高速+音声通話プランやデータ無制限+音声通話プランに変更には、解約という手続きが必要になり手数料などが発生してしまうのです!

 

データ高速+音声通話プランとデータ無制限+音声通話プランについてはいつでも双方向に無料で変更が可能です。

 

ですから通話頻度と時間が微妙でプラン選択に迷った場合で、端末はキャリア端末など既に用意できているケースにおいては以下の手順をふむのが一番後悔が少なくなるのです。

 

※端末もセットでUQモバイルに申し込む場合は、マンスリー割という割引がおしゃべりプラン・ぴったりプランのみで適用となるので、そちらを選択した方がお得です。

 

  1. データ高速+音声通話プランに契約
  2. 月間の通話料、使用データ容量、月額合計料金をみて、おしゃべりプラン・ぴったりプランとどちらが得かをチェック
  3. 毎月3GBでは足りないようなら、データ無制限+音声通話プランに変更し、500Kbpsの速度が許容範囲かをチェック

 

データ高速+音声通話プランとデータ無制限+音声通話プランは双方向にいつでも無料で変更ができるので、一度は両方のプランを試してみるのがいいと思います。

 

UQモバイル に申し込む

 

家族割の申し込み方法、必要書類

 

UQモバイルの公式サイトからオンラインで契約した場合、実は契約完了までの流れの中に家族割を申請するフローはないのです。

 

どうするかというと、複数回線を個別に契約後、電話(0120-929-818)又は店舗(UQスポットやUQ mobile取扱店)で家族となる複数回線の電話番号・氏名・住所を伝えて家族割の適用をうけるという、アナログな処理となるのです。

 

電話での家族割申請は、親回線の方でないとできません。

 

その後、「UQ家族割」契約申込書が自宅宛てに送られてきますので、家族の個人情報を記載し、親回線の方、子回線の方の本人確認書類とともに返送します

 

家族が同一性・同一住所でない場合は家族を証明する書類※も返送する必要があります。

 

家族を証明する書類
健康保険証、戸籍謄本、住民票、遠隔地用健康保険証、同性のパートナーシップを証明する書類(発行から3ヶ月以内)

 

店舗で申請する場合は、親回線の方及び家族である子回線の方の本人確認書類(免許証、健康保険証など)を持参する必要があります。

 

また、電話の場合と同様に、家族が同一性・同一住所でない場合は家族を証明する書類も必要になります。

 

ここはユーザーからみると改善していただきたいポイントですね。

 

オンラインの契約でも子回線の個人情報を入力し、家族を証明する書類のデータをアップロードすれば事足りるように思いますが、システム開発が追い付いていないのでしょうかね。。

 

家族の定義〜別居、別姓、自分の別端末はどうなる?

 

UQモバイルでの家族とは、血縁関係すべての人です。生計が同一かどうかなども関係ありません。

 

上述の通り、同一性・同一住所の場合は家族証明書類が不要となるという仕組みです。

 

また、自分自身のサブのスマホやタブレットもこの家族割の適用対象となります。

 

従兄弟も、おじ・おばも家族割の対象となるということです。

 

クレジットカードなどの支払はもちろん家族でも別にできます。

 

この点は見落としている人が多いと思います。

 

別の住まいだと会う機会も限られますからね。

 

でも、親戚に会ったときに、格安SIMの話をもちかけてみるのはありじゃないでしょうか。

 

それがきっかけでより親密になったり、キャリアからの乗り換えでスマホ代が安く済むことで親戚からも感謝される可能性大です。

 

UQモバイルなら、後からつながりにくい!などと文句を言われることはないと断言できます。

 

契約後、後から申し込めるのか

 

家族割は申請しない理由は見当たらないですね。できれば子回線契約と同時に申し込みたいですね。

 

でも、後からいつでも上記フローに基づいて申請はできます。

 

時間がなく後回しにしたとしても、大丈夫です。

 

申込み後、いつか適用されるのか

 

家族割を店舗で申請又は電話経由で書類を郵送後、実際に料金に反映されるのは翌月からになります。

 

まとめ〜〜UQモバイルのメリット

 

このように毎月500円、9回線分まで家族割が適用となるのは、格安SIMの中でワイモバイルと並んで最大規模です。

 

mineoにも家族割がありますが、月額50円引きで最大5回線まで、かつ3親等以内が条件です。

 

楽天モバイルも月額基本料が3ヶ月無料など限定的です。

 

ワイモバイルもUQモバイルと並んでキャリア並みの通信速度を誇りますが、以下の点でUQモバイルの方が優れています。

 

  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越して使える
  • 契約に基づく毎月のデータ容量を使い果たして低速になった場合も、最大300Kbpsと高速(ワイモバイルは128Kbps)
  • 専用のポータルアプリで節約モードにすると低速(最大300Kbps)になるが、データ容量の消費をゼロにできる

 

ワイモバイルがUQモバイルより優れている点は、主に無料通話時間の長さです。

 

UQモバイルの5分かけ放題に対して10分かけ放題、かつオプション料月額1,000円で完全かけ放題になります。

 

ここが選択の大きな分かれ目です。

 

データ通信主体にスマホをサクサク使いたい方は、UQモバイルを選択するのが最も間違いが少ないですよ。

 

通信サービスなので、つながってなんぼですからね!

 

UQモバイル に申し込む

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

おすすめ格安SIMランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。 どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。
UQモバイルロゴ
12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。 セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • UQモバイルでは2019年7月現在、家族割、イチキュッパ割、増量オプション2年間無料キャンペーン、MNP新規申し込み者や機種変更者を対象向けの下取りサービスなど、無期限のキャンペーンのみ実施されています。
UQ mobileの最大1万3千円キャッシュバックはこちらから

mineoロゴ
余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。解約手数料もかかりません。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • 敬老の日にスマホ新生活キャンペーン:EJOICAセレクトギフト(電子マネーギフト)3,000円分をプレゼント又は訪問サポートの標準サポートメニュー端末1台分を無料(2019年9月2日〜2019年9月30日)
  • 対象者限定:端末安心保証継続キャンペーン:端末安心保証サービス 月額料金3カ月無料!(2019年9月2日〜2019年9月30日)
mineo に申し込む
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。 端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • 楽天モバイル大感謝祭:楽天モバイルショップで「キャンペーンページを店舗スタッフに提示」+「アンケートに回答」で200ポイントもらえる(2019年8月8日〜2019年9月30日)
  • au回線 おトクにスタートキャンペーン:専用申込ページで、楽天モバイル au回線通話SIMと楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイルを申し込むとau回線 事務手数料(3,406円)が無料に(2019年6月3日〜2019年9月30日)
楽天モバイル に申し込む
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。 携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • おトクなる5周年キャンペーン:紹介した方、紹介された方ともに、それぞれ1,000円相当のPayPayボーナス、最大5名で5,000円相当のPayPayボーナス(2019年8月1日〜2019年9月30日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
ワイモバイルへの申し込みはこちら
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。 解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。
  • スマホ代節約で増税分カバー!キャンペーン:イオンモバイル契約と端末セットで3,000WAONポイントプレゼント(2019年9月6日〜2019年9月30日)
イオンモバイルに申し込む

 このエントリーをはてなブックマークに追加