HUAWEI新機種が約7千円お得ほか〜納得!夏得!イオンモバイルキャンペーン2018にて

料金プランが豊富で容量当たりの価格が業界最安値、業界随一の手厚い端末保証があるなど安心ブランド力を誇るイオンモバイルが、6月15日から2018年夏の新たなキャンペーンを開始します。

 

特によく日常の買い物でイオンを利用する方で格安SIMへの移行を検討されていらっしゃる方は、大きなチャンスとなります。

 

イオンモバイルキャンペーン

 

キャンペーンの内容をかみ砕いてご紹介するとともに、イオンモバイルのメリット・デメリットを通してイオンモバイルに合ったユーザー像をまとめてみます。

 

納得!夏得!イオンモバイルキャンペーン2018の内容

 

2018年6月15日(金)〜2018年9月3日(月)に開催されるこのキャンペーンは以下の5つの特典から構成されています。

 

1)納得!夏得!HUAWEI P20シリーズデビューキャンペーン!

 

日本のAnrdoid SIMフリー端末で最も人気の高いHUAWEIシリーズ。その新発売3機種(HUAWEI nova lite2、HUAWEI P20 lite、HUAWEI P20)が、イオンモバイルのSIMとのセット購入により安く購入できるというものです。

 

この3機種のうち、お得度が高いのは以下の2機種になります。

 

  • HUAWEI P20 lite:市場価格最安値34,527円(税込)※が特別価格30,024円に、下記2)のSIM代金値下げと合わせて7千円以上お得に
  • HUAWEI P20:市場価格最安値75,380円※が特別価格69,984円に、SIM代金と合わせて8千円以上お得に

※2018/6/13現在価格コム最安値

 

デュアルレンズ搭載のお得なベゼルレス端末、HUAWEI P20 lite

 

日本で今最も売れているAndroid端末、HUAWEI P10 liteの後継機として新たに発売されるのがこのHUAWEI P20 liteです。

 

 

その特徴は以下の2点になります。

 

  1. iPhone Xのようなディスプレイの外側の額縁(bezel)がないベゼルレスの端末を3万円台と安く購入できる
  2. デュアルレンズを使い、一眼レフのようないい感じの背景ぼかし写真が撮れる

 

ベゼルレスの端末は端末サイズの割にディスプレイ部分の面積が大きいので、迫力ある映像を楽しむことができます。

 

実際この端末のディスプレイサイズは5.84インチもあります。

 

また、1600万画素のメインカメラと200万画素の深度測定用サブカメラというデュアルカメラが搭載されています。

 

サブカメラが被写界深度を捉えることで、一眼カメラのような背景のボケ効果が楽しめるワイドアパーチャー機能が利用できます。

 

詳細スペックをまとめるとこのようになっています。

 

本体サイズ 幅:約71.2mm × 縦:約148.6mm × 厚さ:約7.4 mm
重量 約145g
カラー クラインブルー/ミッドナイトブラック/サクラピンク
ディスプレイ 約5.84インチ 19:9 FHD+(2,280*1,080)LTPS/TFT液晶
OS Android 8.0
CPU Huawei Kirin659
オクタコア (4×2.36GHz+4×1.7GHz)
メモリ
(RAM)
4GB
内蔵ストレージ(ROM) 32GB
メインカメラ デュアルレンズ(F値2.2、1,600万画素+F値2.4、200万画素)
インカメラ 1,600万画素
バッテリー容量 3,000mAh

 

iPhone Xを凌ぐカメラ性能を誇るHUAWEI P20

 

SNSで人より目立つためには、高精細で暗闇でも明るく撮れるスマホは重宝します。

 

HUAWEI P20は現状のスマホの中で最高峰のカメラ性能を誇ります。

 

老舗カメラメーカーのライカ社製レンズを搭載し、F値1.8、1200万画素のRGBレンズに加え、F値1.6、2000万画素のモノクロ2倍ハイブリッドズームレンズを搭載。

 

F値は値が小さいほど明るい写真が撮れるレンズの性能を表しています。2.0未満のレンズは特筆すべき性能と思ってください。

 

このデュアルレンズを使うことで、一眼レフのようないかした背景ぼかし写真を撮ることができます。

 

近接した被写体にピントをフォーカスした背景ぼかし写真は、インスタグラム、Twitter、ブログで注目を集めるはずです。

 

ストレージ(ROM)が128GB、バッテリー3,400mAh、CPUと、先のP20 liteよりハイスペックになっています。

 

HUAWEI P20

 

詳細スペックはこちらの通りです。

 

本体サイズ 幅:約70.8mm × 縦:約149.1mm × 厚さ:約7.65mm
重量 約165g
カラー ブラック/シャンパーニュゴールド/トワイライト/ピンクゴールド/ミッドナイトブル
ディスプレイ 約5.8インチ 19:9 FHD+(2,244*1,080)
OS Android 8.0
CPU Huawei Kirin970
オクタコア (4×2.36GHz+4×1.8GHz)
メモリ
(RAM)
4GB
内蔵ストレージ(ROM) 128GB
メインカメラ デュアルレンズ(F値1.8、2,000万画素+F値1.6、1,200万画素)
インカメラ F値2.0、2,400万画素
バッテリー容量 3,400mAh

 

2)納得!夏得!初期費用1円キャンペーン!

 

上記のHUAWEI製や、SHARP製の指定端末と音声プランかシェア音声プランのSIMをセット購入する、又はSIM単体購入でも4GB以上のプランを新規契約すると、そのSIM代金(通常3千円)が1円(税抜)になるというものです。

 

3)納得!夏得!イオンでんわ10分かけ放題初月無料キャンペーン!

 

イオンでんわは月額850円で1回10分間までの通話はかけ放題となるオプションサービスです。

 

無料アプリ「イオンでんわ」をダウンロードして利用します。

 

この初月850円が初月無料になるという内容になります。

 

4)納得!夏得!イオンスマホ安心パック60日間無料キャンペーン!

 

HUAWEI製又はSHARP製のスマートフォンとイオンモバイルSIMをセット購入し、イオンスマホ安心パックにも加入すると、その通常30日間の無料期間が倍の60日間になるというものです。

 

イオンスマホ安心パックとは、端末故障時の保証サービス「イオンスマホ安心保証」、顧客の端末の遠隔操作や出張サービスを行う「イオンスマホ電話サポート」、ウィルス防御などの「イオンスマホセキュリティ」という3つのオプションサービスをパックにしたもので、通常月額600円〜700円(機種により価格は変動)です。

 

5)納得!夏得!イオンモバイル1GB増量紹介キャンペーン!

 

このキャンペーン期間中に、イオンモバイルの紹介キャンペーンを利用すると、紹介特典が通常の倍の2GBプレゼントされるという内容です。

 

こちらのイオンモバイル紹介ページにお客様IDと電話番号を入力してログイン。紹介チケットを発行して友人宛てに送れば紹介できます。

 

紹介チケットを受け取った方は、イオンにてチケットを提示して新規契約すればこの特典がもらえる仕組みです。

 

紹介者、被紹介者ともにこの特典があります。

 

紹介者は毎月5名まで紹介可能となっています。

 

イオンモバイルのメリットとデメリット

 

他の格安SIMと比較した場合のイオンモバイルそのものメリットは、次の8点になります。

 

  • 全国に220店舗以上ある身近なイオンの店舗でスマホにまつわることを気軽に相談できる。
  •  

  • 料金体系が細分化され、選択肢が多い。
  •  

  • データ容量当たりの金額が安業界最安値水準。
  •  

  • 音声通話SIMにも最低利用期間がない(解約手数料ゼロ円)。
  •  

  • 家族や複数端末でデータ容量を低コストで共有できるシェアプランがある。
  •  

  • 故障した端末の保証の内容が業界一手厚い。
  •  

  • 月額850円のオプション料金で10分間かけ放題オプションがある。
  •  

  • 1週間無料のSIM(ドコモ回線)+端末(arrows M03)お試しレンタルサービスがある

 

 

メリットが多く、オリコンの2017年格安SIM顧客満足度調査でも第一位に選ばれているイオンモバイルですが、以下の3点の相対的デメリットは認識しておいてください。

 

  • 業界最速のUQモバイルやワイモバイルの2社に比べると、昼間や夕方などの回線混雑時に遅くなることがある
  •  

  • 独自ドメインのメールアドレスはない
  •  

  • 料金支払はクレジットカードが必須となり、口座振替はできない

 

 

数ある格安SIMの中で、イオンモバイルが最適な方

 

こうした特徴をもつイオンモバイルが一番合っていると思われるユーザーはこんな方です。

 

  • 機械・コンピューター系は苦手だが、毎月のスマホはできるだけ安くしたいと考えている
  • 食料品・日用品などの買い物で普段からよくイオンを使う
  • 店舗サポートがあると何かと安心と感じる
  • 使ってみて自分に合わなければすぐに解約したい
  • なんやかんやで電話は1回5分以上は話すことが多い

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安SIMおススメランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。

どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。

第1位
UQモバイルロゴ

12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。
セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • ファミゼロ学割:18歳以下とそのご家族が新規またはMNPで「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」を契約すると月額基本料金が最大3ヶ月無料、新中高生の月額基本料金は最大5ヶ月間無料(2018年12月1日〜2019年5月31日)

UQモバイル公式サイト


第2位
mineoロゴ

余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。解約手数料もかかりません。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • 家族・友人などの紹介でデュアルタイプまたはシングルタイプを契約すると、電子マネーギフト1,000円分をプレゼント(2018年12月10日〜2019年1月31日)
  • 最大2カ月無料!mineoオプションキャンペーン:mineoでんわ 10分かけ放題サービス、持込み端末安心保証サービス、ウイルスバスター モバイル 月額版、超ストレージ、パスワードマネージャー 月額版(2018年12月10日〜2019年1月31日)
mineo公式サイト

第3位
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。
端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • ありがとう4周年 続・感謝セール!:AQUOS sense lite SH-M05が月669円×24回など(2018年12月1日〜2019年1月10日まで)
  • LG Q Stylus/AX7発売記念キャンペーン:通常価格から3,000円〜10,000円割引(2019年1月31日まで)

楽天モバイル公式:サイト


第4位
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。
解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。

  • 大盤振舞キャンペーン:2台同時契約ででWAON4,000ポイントプレゼントン、公式アカウントフォロー&リツィートでHUAWEI P20 liteなどプレゼント(2018年12月28日〜2019年1月8日)
  • 3ヶ月間月額基本料金1,130円引きキャンペーン:音声プラン、シェア音声プランに新規・MNPで契約すると3ヶ月間毎月1,130円引きに(2018年12月15日〜2019年1月14日)

イオンモバイル公式サイト


第5位
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。
携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • オンラインストア初売り2019:Android One X4が通常62,400円を14,800円から提供&他社乗り換えでワイモバイルの音声USIMに契約すると、10,000円を還元(2019年1月7日まで)
  • 学生(5歳以上18歳以下のお客さま(ご使用者))を対象に、スマホプランM/Lの基本料が加入月から最大13ヶ月間割引になるキャンペーン(2018年12月5日〜2019年5月31日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
  • 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン(2018年8月9日〜終了時期未定)


ワイモバイル公式サイト

 このエントリーをはてなブックマークに追加