IIJmioコミコミセットのメリットとデメリット、評判はどうなの?

「IIJmioコミコミセット」に月額2,980円 プラン追加のお知らせ - IIJ公式サイトリリース(2018/1/31)

 

2017/8/24から3ヶ月間のテストマーケティングとしてスタートしたこのコミコミセット。端末代、通信料、通話定額オプションをセットにしたプランです。

 

ついに2018/2/1から正式サービスとしてリリースされるとともに、今までの2種類(1,880円、2,480円)に加え、より高スペックの端末をセットにした3,980円のプランも追加されました。

 

テストマーケティングの結果がよかったからなのでしょう。

 

これまでもUQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイルといった大手中心にセットプランはありました。

 

それに対してIIJmioのセットプランはどこが異なるのかそのメリットとデメリットを紹介します。

 

コミコミセットのメリット

 

端末代金も含まれており、使い方に応じた端末スペック込みの3種類の月額料金になっていてわかりやすい

 

最近は各社で通話料込みのプランが増えてきましたが、端末代金は別な上、セットで申し込むと端末ごとに異なる割引が適用されるサービスが多く、実質の支払い料金が分かりづらい欠点がありました。

 

そういう意味ではすぐに全体としての毎月料金がわかりやすくていいですね

 

契約から24ヶ月目以降は月額料金が下がる

 

他のサービスでは2年目以降値上がりするケースが多いです。しかしこのサービスではその不満をとらえて24ヵ月目から値下がりする料金体系です。

 

格安SIMユーザーの不満心理をうまくつかんだ料金体系ですね。

 

データ通信容量がいつまでも変わらない

 

UQモバイルやワイモバイルでは月額料金が途中で値上がりするだけでなく、2年後に使えるデータ容量も半分になります。

 

これも既存のユーザーの不満点の一つです。

 

そこをついた形ですね。このプランではずっと同じデータ容量を使えるのはいいですね。

 

契約解約手数料が低め

 

UQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイルといった大手の通話込みのプランは初期費用を抑えている分の引き換えに、2年以内に解約すると、1万円弱の解約手数料がかかります。

 

しかしこのコミコミセットでは契約当月に解約すると12,000円かかりますが、その後は1ヶ月ごとに千円減額される月割り計算です。24ヶ月以降は端末残債もなくなります。

 

セットの端末がよい

 

ゲームヘビーユースにも耐えうる高スペックで広角デュアルレンズ搭載のZenFone 4、コスパ最高のHUAWEI P10 lite、国産スマホでおススメのAQUOS sense lite、頑丈さにこだわりのあるarrows M04など、用途に応じてよい機種が選ばれています。

 

通話時間が選べる

 

このセットに含まれている通話メニューは、通話定額オプション:誰とでも3分、家族と10分600円というものです。

 

3分では短いという人向けには「誰とでも10分、家族と30分830円」というオプションに変更しすることもできます。(差分230円が毎月追加)

 

ほとんど通話をしない人は通話定額オプションを解約することで、30秒10円の従量制課金にすることもできます。

 

 

料金総額がわかりやすい、長く使うと安くなる、データ容量が変わらないというのは良さげだね。


 

当たり前のようだけど、それだけまだ市場全体に改善余地があるということだね。


 

 

コミコミセットのデメリット

 

料金がアップ、ダウン、アップする

 

詳細をみると、3種類のプランのうち一番安いプランだと12ヵ月目までが1,880円、13〜23ヵ月目2,880 円、 24ヵ月目1,930円、 25ヵ月目以降は2,200円となっています。

 

IIJmioコミコミセット

 

24ヶ月目で安くなるのはいいのですが、一つのプラン内で金額が4種類もあるのは分かりやすいとはいえないですね。

 

端末セットの月額料金でわかりやすくなり、しかも24ヵ月目で安くなる!と飛びつくと、詳細説明の小さな字で上記のように記載されているので注意が必要です。

 

解約手数料がわかりづらい

 

宣伝文句では「2年縛りなし、自動更新なし!」と記載されているのですが、詳細を読むと、契約から12ヵ月間は月割払いで最大12,000円の解除調定金がかかり、24ヵ月以内の解約時は端末残債の一括請求が発生するとあります。

 

縛りが緩くはなっていますが、契約前によく理解しておかないと不満がでそうな内容です。

 

12-13時、18-19時は十分な速さといえない場合も

 

IIJmioは格安SIMの中では通信、サービスの品質も評判は高い方ですが、UQモバイルやワイモバイルに比べると、12-13時や18-19時は通信速度が遅くなりがちです。

 

その時間にあまりネットを使わないか、Wi-Fiが使えるなら特に問題にはならないでしょう。

 

IIJmioコミコミセットのメリット・デメリットをふまえた総括

 

大手3社(UQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイル)のセットメニューへの不満点をついたメニュー内容だと思います。

 

12-13時、18-19時の速度に問題を感じない人にとっては十分に検討の余地があるセットプランだと思います。

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安SIMおススメランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。

どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。

第1位
UQモバイルロゴ

12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。
セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • ファミゼロ学割:18歳以下とそのご家族が新規またはMNPで「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」を契約すると月額基本料金が最大3ヶ月無料、新中高生の月額基本料金は最大5ヶ月間無料(2018年12月1日〜2019年5月31日)

UQモバイル公式サイト


第2位
mineoロゴ

余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。解約手数料もかかりません。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • 家族・友人などの紹介でデュアルタイプまたはシングルタイプを契約すると、電子マネーギフト1,000円分をプレゼント(2018年12月10日〜2019年1月31日)
  • 最大2カ月無料!mineoオプションキャンペーン:mineoでんわ 10分かけ放題サービス、持込み端末安心保証サービス、ウイルスバスター モバイル 月額版、超ストレージ、パスワードマネージャー 月額版(2018年12月10日〜2019年1月31日)
mineo公式サイト

第3位
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。
端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • ありがとう4周年 続・感謝セール!:AQUOS sense lite SH-M05が月669円×24回など(2018年12月1日〜2019年1月10日まで)
  • LG Q Stylus/AX7発売記念キャンペーン:通常価格から3,000円〜10,000円割引(2019年1月31日まで)

楽天モバイル公式:サイト


第4位
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。
解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。

  • 大盤振舞キャンペーン:2台同時契約ででWAON4,000ポイントプレゼントン、公式アカウントフォロー&リツィートでHUAWEI P20 liteなどプレゼント(2018年12月28日〜2019年1月8日)
  • 3ヶ月間月額基本料金1,130円引きキャンペーン:音声プラン、シェア音声プランに新規・MNPで契約すると3ヶ月間毎月1,130円引きに(2018年12月15日〜2019年1月14日)

イオンモバイル公式サイト


第5位
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。
携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • オンラインストア初売り2019:Android One X4が通常62,400円を14,800円から提供&他社乗り換えでワイモバイルの音声USIMに契約すると、10,000円を還元(2019年1月7日まで)
  • 学生(5歳以上18歳以下のお客さま(ご使用者))を対象に、スマホプランM/Lの基本料が加入月から最大13ヶ月間割引になるキャンペーン(2018年12月5日〜2019年5月31日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
  • 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン(2018年8月9日〜終了時期未定)


ワイモバイル公式サイト

 このエントリーをはてなブックマークに追加