20年4月1週のお得な格安SIMニュース〜MNO楽天モバイルの発表プランに関する意識調査など

今週も注目すべき格安SIM関連ニュースを解説交えてご紹介しますね。

 

 

MMD研究所が「MNO楽天モバイルの発表プランに関する意識調査」を発表(MMD研究所 2020/4/3)

 

Rakuten_UNLIMITED

 

いよいよ4/8にMNOとしての楽天モバイルのサービス、Rakuten UN-LIMITが開始されます。

 

それに先立っての意識調査ということで、大変興味深いです。

 

実は自分も2ヶ月ほど前、楽天ポイントせどりの開始に向けて長年愛用していたUQモバイルから楽天モバイルに移行したこともあり、このMNOとしての楽天モバイルのサービスは気になっていました。

 

楽天モバイルの4月からのMNOサービス開始を認知していた方は、調査対象のスマートフォンを所有する18歳〜69歳の男女2,000人中1,512人(75.6%)と、かなり高い数字です。

 

このあたりはさすが楽天パワーといったところでしょう。

 

ところが、この認知者1,512人中、「既に申し込みをした」と回答した方はわずか2.2%という結果でした。

 

日本のスマホ利用者数を約7,000万人(Nielsen「Digital Trends 2019上半期」より)と仮定すると、申込み者数は約116万人となり、Rakuten UN-LIMITの1年間無料対象者上限300万人の半分以下であることがわかります。

 

本調査でも「月額2,980円」「データ通信が無制限」「通話が無制限」が魅力ポイントのトップ3となっていますが、「通信エリアに制限があること」「通信が不安定になる可能性があること」が不安視されていることがわかります。

 

僕も上記調査結果同様の感想をもっており、MNOにはまだ乗り換えずにMVNOとしてのスーパーホーダイプランMを契約しています。

 

こちらの通信エリアの地図を見ればわかりますが、Rakuten UN-LIMITでは首都圏以外では借りたau回線となり速度が落ちるだけでなく、地方の山岳部に行ったらまじでつながらないと思います。

 

当面スーパーホーダイのまま、サービス開始後のユーザーの声や通信エリアの拡大を確認してからRakuten UN-LIMITに移行するのがよい選択だと考えています。

 

スーパーホーダイはUQモバイルモバイルに比べると12-13時はさすがにやや遅いと感じることもありますが、実用に耐えうる品質だと思いますので、まだ3キャリアの方は楽天ポイントせどりの副業と合わせて楽天モバイルへの移行の最後のチャンスとなります。(2020年4月7日までの申込み)

 

楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

 

【格安SIM速度比較】LINEモバイル,mineo,OCNモバイル,IIJmio,楽天モバイル,BIGLOBEモバイル,Y!mobile,UQモバイル+大手携帯3社の通信速度比較レポート(XERA 2020/4/3)

 

これまでの格安SIMの速度比較データは各社が公表していましたが、改めて主要格安SIM6社・サブブランド2社+大手携帯3社の計11社の通信速度が30万以上のデータをもとに100枚のグラフにまとめられた包括的レポートとなっています。

 

 

結論から言うと、新しい大きな発見はなく、本レポートではサブブランドとして格安SIMと分けて区分されていますが、UQモバイルとワイモバイルは3キャリア並に速いこと、楽天モバイルやmineoをはじめとするサブブランド以外の格安SIMの通信速度はどこも大差ないということになります。

 

僕はキャリア(ソフトバンク)、サブブランド(UQモバイル)、MVNO(楽天モバイル、mineo、イオンモバイル)を使った経験がありますが、この3区分以上の速度は体感的にはわからないと思います。

 

楽天モバイルとmineoとイオンモバイルの通信速度を比較しても意味がないということです。

 

それよりも、各社の特徴とする付随するサービスを比較して自分に合った格安SIMを選択するのがよいです。

 

まず、UQモバイルとワイモバイルはキャリア並に速くて料金はキャリアの約半額で済みます。つまり、キャリアを未だ選択するのはこのサブブランドのこともよく知っていて明確な理由があるならいいのですが、何となく過去からの延長で使い続けているとしたら、無駄以外の何者でもないと思います

 

そしてUQモバイルとワイモバイルの大きな違いは、通信重視から通話重視か、Tポイント連携などヤフーのサービス利用による特典の有無になります。

 

詳しくは下記で紹介しています。

 

 

そして、楽天モバイルとmineoとイオンモバイルなどのMVNOの最大特徴はサブブランドよりも安く利用できる点です。その分平日12-13時などはやや速度が落ちます。

 

そしてそれぞれ以下のような特徴がありますので、自分が何を優先するかを見極めれば、選択すべきサービスが見えてきます。細かな速度やデータ容量当たりの料金の比較はあまり意味がありません。

 

  • 楽天モバイル:楽天ポイントを貯めたい方(+2倍に)、Android端末をキャンペーンで安く購入したい方
  • mineo:友人や家族らとデータ容量をシェアしてお得に使いたい方へ
  • イオンモバイル:イオン店舗でのサポート、端末保証などを重視する方へ
  • BIGLOBEモバイル:YouTubeやAmebaTV、Apple MusicやAmazon Musicなどを外で長時間視聴する方へ(エンタメフリー・オプション月額480円)
  • LINEモバイル:LINE、Twitter、InstagramなどSNSを外で長時間使う方(データフリーオプション)、とにかく安く使いたい方へ
  • IIJmioとOCNモバイルONEは格安SIMの老舗で知名度も高いのですが、正直大きな特徴がなく、MVNO参入時期が早かったので未だシェアが高いのですが、年々存在感が薄れており、当サイトでは推奨しません。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

 

 

おすすめ格安SIMランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。 どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。
UQモバイルロゴ
12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。 セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • スマホプラン データ増量キャンペーン:「スマホプラン」&「通話オプション★」へ加入&UQモバイルの電話番号で「au ID」登録により13ヶ月データが増量(2019年11月29日〜)
  • UQ学割:18歳以下は月額980円でスタート(2019年11月15日〜2020年5月31日)
  • UQモバイルでは2019年7月現在、家族割、イチキュッパ割、増量オプション2年間無料キャンペーン、MNP新規申し込み者や機種変更者を対象向けの下取りサービスなど、無期限のキャンペーンのみ実施されています。
UQ mobileのキャッシュバックキャンペーンはこちらから

mineoロゴ
余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • デュアルタイプ新規・既存契約者がiPhone 8などmineo端末を購入すると最大3,000円分の電子マネーギフトをプレゼント!(2020年2月1日〜2020年5月31日)
  • 月額基本料金6カ月800円割引+データ容量1GB増量キャンペーン(2020年2月1日〜2020年5月31日)
  • mineo端末安心保証 加入促進キャンペーン:新たに「mineo端末安心保証」または「mineo端末安心保証 for iPhone」にお申し込みいただくと、端末保証の月額料金が3ヶ月無料!(2020年3月3日〜2020年8月31日)
  • パケット放題 最大2ヶ月無料キャンペーン(2020年3月3日〜2020年5月31日)
mineo に申し込む

Rakuten_Logo_New
都市圏にお住まいで、楽天ヘビーユーザーの方はポイントが+2倍となるので検討すべきです。端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーン:1年間プラン料金無料/300万名対象(2020年3月3日〜終了日未定)
  • Rakuten UN-LIMITオンライン契約で3,000ポイントプレゼント(2020年3月3日〜2020年6月30日)
楽天モバイル に申し込む

ワイモバイルロゴ
1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。 携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • ワイモバ学割:5歳以上18歳以下の方を対象に、スマートフォンの基本料が加入月から最大13ヶ月間割引(2019年11月29日〜2020年6月1日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
ワイモバイルに申し込む

イオンモバイルロゴ
普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。 解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。
  • イオンモバイル4周年キャンペーン:26歳以上は春得で4ヶ月間、4GB月額680円(2020年2月14日〜2020年5月31日)
  • 25歳以下は3年間学割で1GB増量&4ヶ月間春得で、5GB月額680円(2020年2月14日〜2020年5月31日)
  • やさしいスマホ ゆっくりマイペースでスマホデビュー:60歳以上の方向けにイオンでんわ10分かけ放題と電話サポートがセットで月額850円にて提供中(2019年9月6日〜)
イオンモバイルに申し込む

 このエントリーをはてなブックマークに追加