携帯 違約金上限1000円はいつから?キャリアユーザーは〇〇しないとね!

2019年も上半期を終えようとしていますが、この間、日本の携帯市場の最大ニュースはなんといっても6/18に総務省から発表された、携帯途中解約時の違約金上限を1,000円携帯端末の値引き上限を2万円としていく措置ですね。

 

既に下記CNET Japanをはじめとする多数の報道がなされ、識者交えた多数の議論がなされています。

 

 

こちらがその元となる総務省のモバイル市場の競争環境に関する研究会(第15回)発表資料になります。

 

利用者として、この動きをふまえてどう行動していけばいいのでしょうか。

 

スマホ

 

一見違約金が1/10程度に安くなってよいことのように見えますが、問題はそれだけで済まないことですね。

 

違約金で稼げなくなると、ドコモ、KDDI、ソフトバンクとしては利益をあげるために、他の部分で稼ぐ必要がでてきます。

 

そう、携帯端末代金と月額料金ですね。

 

ここでMVNO(格安SIM)を含めた事業者間の大きな競争が発生する流れとなるわけです。

 

既に改正電気通信事業法が2019/5/10に可決され(施行は今秋)、携帯端末代金と通信料を分離が義務付けらるため、事業者間のサービスと価格が比較しやすくなります。

 

これまで携帯通信市場全体でMVNO(格安SIM)全体のシェアは10-20%程度でしたが、この秋以降、大幅にシェアが拡大していくことが予想されます

 

これまでキャリアから移行が進まなかった最大の理由の一つがこの高額な違約金だったわけですから。

 

通信速度やサービスレベルはUQモバイルやワイモバイルだと大手3キャリアに遜色ないにも関わらず、多くの人は違約金や端末残債の出費を嫌っていたわけです。

 

日本の産業としてみた場合の最大の懸念点は、携帯端末の値引き上限が2万円としたことで、今後の通信革命といわれる5Gに対応したハイスペックな端末の普及が進まなくなることでしょうね。

 

ただでさえ家計が厳しく、10月からは消費税10%になることが確実視される中、多くの人はハイスペックな端末に手を出さず、これまでの端末のまま、通信を担うSIMだけ格安SIMに移行していくことが予想されます。

 

また、新品よりも1万円ほど安くなる中古端末市場が今よりも活性化することも予想されます。

 

この法案の施行は今秋からなので、3キャリアユーザーの方は、多数ある格安SIMの中で自分に合ったサービスを見定めておくことをおすすめします。

 

当サイトでは下記に携帯の使い方に応じたおすすめできる5つの格安SIMをそのメリット・デメリット、料金体系、口コミなどとともにまとめていますのでぜひ一読ください。

 

 

また、格安SIM間のサービスの詳細比較もこちらに記載しています。

 

 

中古スマホ端末を検討される方はこちらの注意点をチェックしておいてくださいね。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

おすすめ格安SIMランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。 どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。
UQモバイルロゴ
12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。 セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • UQモバイルでは2019年7月現在、家族割、イチキュッパ割、増量オプション2年間無料キャンペーン、MNP新規申し込み者や機種変更者を対象向けの下取りサービスなど、無期限のキャンペーンのみ実施されています。
UQ mobileのキャッシュバックキャンペーンはこちらから

mineoロゴ
余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
mineo に申し込む
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。 端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • Galaxy A7割引キャンペーン(2019年12月26日まで)
  • Xperia Ace割引&SONY製Bluetoothヘッドセット当たるキャンペーン(2019年12月26日まで)
  • HUAWEI P30 lite割引キャンペーン(2019年12月26日まで)
  • お友達紹介キャンペーン!紹介した方は、1人紹介するごとに最大3,000ポイントプレゼント!(2019年12月2日まで)
楽天モバイル に申し込む
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。 携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
ワイモバイルへの申し込みはこちら
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。 解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。
  • スマホ代節約で出費分カバー!キャンペーン:イオンマーク付きクレジットカードでの月額支払でもれなく5,000WAONポイントプレゼント(2019年11月8日〜2020年1月13日)
  • やさしいスマホ ゆっくりマイペースでスマホデビュー:60歳以上の方向けにイオンでんわ10分かけ放題と電話サポートがセットで月額850円にて提供中(2019年9月6日〜)
イオンモバイルに申し込む

 このエントリーをはてなブックマークに追加