2/15まで1週間の格安SIMニュース:イオンモバイルに「3年学割」登場など

本日は2019/2/15。

 

今週1週間での注目すべき格安SIMニュースを解説したいと思います。

 

 

楽天のMNO事業、仮想化ネットワークで「10月開始は確実」――三木谷社長が見せる自信( ITmedia Mobile 2019/2/12)

 

楽天のMNO参入発表当初は莫大な設備投資が必要な事業に最後発参入で勝ち目はないというネガティブ意見が多かったですが、最初から5Gを見据えたクラウドベースのアーキテクチャでインフラ整備を進めているということで、レガシーシステムを抱えた既存キャリアにない優位性も持ち合わせているのも事実。

 

こちらの 2018年度通期決算スライド資料でもP9-20に渡って説明されています。

 

サービス開始直後はトラブルも予想されますが、今後も目が離せないです。

 

僕らユーザーにとっては業界全体で安価で安定した高速通信が可能な環境が促進されることを期待したいです。

 

また上記決算資料(P83)をみて驚きだったのが、いつの間にか楽天モバイル店舗は全国422、都内だけで42(2019/1/18現在)にも拡大していたことです。

 

弱小MVNO(格安SIM)はもはや勝ち目がないといっていいでしょう。

 

 

2/15(金)、イオンモバイルに「3年学割」登場(イオン株式会社ニュースリリース 2019/2/6)

 

格安SIMの中ではこれまでUQモバイルとワイモバイルの2社のみが純粋な学割サービスを提供してきました。

 

この2社に加え、データ容量当たりの単価が安く、解約手数料ゼロ円、店舗サポートが充実したイオンモバイルがついに学割サービスに参入というニュースです。

 

店舗数、サポート力、家族割、購入前無料お試しサービスなどに加え、学割を導入する格安SIMが広がり、キャリアと遜色ないほどサービスが充実してきています。

 

キャリアを惰性で使い続けているのは本当にもったいと思いますよ。

 

 

格安SIM・大手携帯キャリア 満足度ランキング2019(価格コム調査 2019/2/14)

 

毎年各種調査機関から、格安SIMの利用率、満足度、シェアなどが発表されていますが、今回は2019年になって初めて発表された最新の格安SIM市場調査結果になります。

 

調査期間は2019年1月25日〜2019年1月28日。過去半年以内に価格.comを利用した15歳〜69歳の5千人が調査対象です。

 

価格コム利用者が母数なので、価格にシビアな方が中心となった評価といえると思うのですが、総合満足度1位は格安SIMの中では速度と引き換えに単価は高めのUQモバイルでした。

 

価格コム利用者は価格だけでなくスペック、つまり格安SIMであれば速度と安定性もシビアにみて、そのコスパを評価している結果といえるのではないでしょうか。

 

 

DMMモバイル、新規契約手数料0円+1,100円×3ヶ月割引きキャンペーン開始(DMMモバイルリリース 2019/2/14)

 

イオンモバイルと並んでデータ容量当たりの単価が業界最安値水準のDMMモバイルが、2/14から更にお得になるキャンペーンを開始しました

 

キャンペーン期間内にDMM mobileを新規申し込みし、3ヶ月目の月末時点で契約を継続されている方を対象に、新規契約手数料0円(通常料金は3,240円)、通話対応SIM申し込み時は月額基本料を800円×3ヶ月割引。

 

さらに10分かけ放題オプションの同時申し込みで、月額基本料の割引き額が800円→1,100円に増額されるという内容です。

 

とにかく安く格安SIMを使いた方は絶好にチャンスです。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

おすすめ格安SIMランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。 どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。
UQモバイルロゴ
12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。 セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • ファミゼロ学割:18歳以下とそのご家族が新規またはMNPで「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」を契約すると月額基本料金が最大3ヶ月無料、新中高生の月額基本料金は最大5ヶ月間無料(2018年12月1日〜2019年5月31日)
UQ mobileの最大1万3千円キャッシュバックはこちらから

mineoロゴ
余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。解約手数料もかかりません。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • 月額基本料金500円3カ月間割引キャンペーン:「デュアルタイプ」を新規契約する場合に月額基本料金を500円/月×3カ月間割引(2019年2月1日〜2019年5月8日)
  • 6GB・10GBコースがおトクに使える!キャンペーン:新規契約でデュアルタイプかつ6GBコースまたは10GBコースを申し込んだ場合に月額基本料金を6GBコースなら680円/月、10GBコースなら940円/月を3カ月間割引(2019年2月1日〜2019年5月8日)
  • 機種変更応援キャンペーン:機種変更でスマートフォン(スマホ)などの製品を購入する場合に「EJOICAセレクトギフト(電子マネー)」を最大5,000円分プレゼント(2019年2月1日〜2019年3月31日)
  • 機種変更と保証サービス セットでおトクなキャンペーン:「端末安心サポート」または「mineo安心パック」に加入している場合に「端末安心保証サービス」もしくは「mineo安心パック2」にオプションサービスを変更すると、EJOICAセレクトギフト(電子マネー)を倍増して最大10,000円分プレゼント(2019年2月1日〜2019年3月31日)
mineo に申し込む
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。 端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • 【期間限定】春だ!新生活まるごと応援キャンペーン:最新スマホも大幅プライスダウン!5,980円〜。さらに、スマホ(通話SIM)とネットのセット申し込みで最大22,000円相当プレゼント!(2019年1月30日〜2019年3月14日)
  • HUAWEI nova lite 3発売記念キャンペーン:HUAWEI nova lite 3gが9,980円のスペシャル価格(2019年1月30日〜2019年3月14日まで)
  • 【期間限定】2019年春のスマホ割引キャンペーン:AQUOS sense lite SH-M05が314円/月など(2019年1月30日〜2019年3月14日)
  • 楽天モバイル×楽天コミュニケーションズ光キャンペーン:スマホ(通話SIM)とネットのセット申し込みで12,000円相当プレゼント!(2019年1月28日〜2019年4月24日まで)
楽天モバイル に申し込む
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。 携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • 学生(5歳以上18歳以下のお客さま(ご使用者))を対象に、スマホプランM/Lの基本料が加入月から最大13ヶ月間割引になるキャンペーン(2018年12月5日〜2019年5月31日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
  • 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン(2018年8月9日〜終了時期未定)
ワイモバイルへの申し込みはこちら
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。 解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。
    イオンモバイル「3年学割」&「春得」3周年キャンペーン:(2019年2月15日〜2019年5月7日)
  • 3年学割:新規イオンモバイル契約者(25歳以下)はタイプ1(NTTドコモ回線・au回線)の2・4・6・8GBプランについて、 契約月から3年間、1GBを増量
  • 「春得」3周年キャンペーン:タイプ1(NTTドコモ回線・au回線)およびタイプ2(NTTドコモ回線)の4・6・8GBプランの基本料金が契約翌月から3カ月間半額。「イオンでんわ10分かけ放題」が31日間無料!など
イオンモバイルに申し込む

 このエントリーをはてなブックマークに追加