モバイル市場の競争環境に関する研究会 第4回〜格安SIM料金プランも全面見直しだね

総務省にて2018年11月26日に第四回の研究会が開催され、こちらに配布資料が掲載されています。

 

緊急提言(案)概要という資料を見るのが理解しやすいです。

 

これまでの格安SIM業者、キャリアからのヒアリングをふまえて、大きく2点の提言がなされています。

 

1)シンプルな料金プランの実現

 

通信料金と端末代金の完全分離

 

同じ回線なのに、端末をセット購入するか否か、そしてどの端末を購入するかで割引額が異なるのをやめようという提言ですね。

 

こちらはドコモの公式サイトに掲載されている料金プランの図です。

 

ドコモ料金プラン

 

月々の金額は以下の6ステップを踏んで決めていかないとわからない仕組みです。

 

  1. 基本プラン
  2. パケットパック
  3. インターネット接続サービス
  4. 端末代金
  5. 付加サービス
  6. 割引・キャンペーン

 

気づくと思いっきり搾取されていたというオチになるわけです。

 

ここまでではないにしろ、格安SIM大手も、端末セット購入による割引などは行われているので、今後見直しの余地がありますね。

 

 

行き過ぎた期間拘束の見直し

 

長期契約による割引、高額な途中解約手数料、契約期間の自動更新の有無による料金の差別化などを合理的根拠のあるように見直しましょうということです。

 

こちらはauの公式サイトにある図です。

 

au料金プラン

 

思いっきり、 契約期間の自動更新の有無による料金の差がありますと書かれています(笑)。

 

 

2)販売代理店の業務の適正性の確保

 

こちらは代理店を届け出制にして、誤解を招くような不適切な勧誘行為をやめようという提言です。

 

街中にある携帯ショップでよく見かける「実質ゼロ円!」、「月額108円〜!」などの看板のことですね。

 

小さい字で但し書きがあり、よくよく話を聞くと大してお得ではなかったり、詳細情報を知らされず、後で思ってもみなかった請求がくるというパターンです。

 

これらも結局は料金プランがわかりにくことによるものですね。

 

代理店としては端末を売ってなんぼの世界ですから、見せかけで沢山売ろうとするインセンティブが働くために起こる現象です。

 

こちらの話も、キャリアに限ったことではないですね。

 

消費者としては、それでいつから変わるの?という疑問がわくと思うのですが、これがまた遅い!

 

下記が総務省から提示されているスケジュールです。

 

総務省スケジュール

 

来年2019年も実質変わりそうにありません。。

 

我々庶民としては、情報武装して、少なくとも3キャリアの無駄だらけのプランからは離脱して、現状最も自分にあった格安SIMに移行しておくことでしょう。

 

こちらからあなたに合った格安SIMが見つかるはずです。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安SIMおススメランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。

どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。

第1位
UQモバイルロゴ

12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。
セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • ファミゼロ学割:18歳以下とそのご家族が新規またはMNPで「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」を契約すると月額基本料金が最大3ヶ月無料、新中高生の月額基本料金は最大5ヶ月間無料(2018年12月1日〜2019年5月31日)
  • UQ mobile「AQUOS sense2」「AQUOS sense」を購入し応募すると抽選で100名にグルメギフトカタログが当たる!!(2018年11月21日〜 2018年12月31日)

UQモバイル公式サイト


第2位
mineoロゴ

余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。解約手数料もかかりません。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • mineo紹介キャンペーン:Amazonギフト券1,000円分」または「EJOICAセレクトギフト1,000円分」をご紹介元およびご紹介先にプレゼント(2018年11月7日〜2018年12月9日)
mineo公式サイト

第3位
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。
端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • Find X発売記念特別価格キャンペーン:Find Xを購入すると、通常価格から8,000円割引(2018年12月20日まで)
  • LG Q Stylus/AX7発売記念キャンペーン:通常価格から3,000円〜10,000円割引(2019年1月31日まで)

楽天モバイル公式:サイト


第4位
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。
解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。

  • アウトレットセールキャンペーン!:対象端末と音声プラン同時契約で端末が最大13,000円引き!(在庫がなくなりしだい終了)

イオンモバイル公式サイト


第5位
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。
携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • PayPay決済利用毎に抽選にて10回に1回の確率で全額(10万円相当まで)戻ってくるキャンペーン(2018年12月4日〜2019年3月31日)
  • 学生(5歳以上18歳以下のお客さま(ご使用者))を対象に、スマホプランM/Lの基本料が加入月から最大13ヶ月間割引になるキャンペーン(2018年12月5日〜2019年5月31日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
  • 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン(2018年8月9日〜終了時期未定)


ワイモバイル公式サイト

 このエントリーをはてなブックマークに追加