2018年格安SIM 調査結果のまとめ

2018年も早いもので残り1ヶ月強。

 

2019年に向けて格安SIMへの移行を検討されている方向けに、今年発表された信頼性の高い格安SIMアンケート調査結果をここでまとめてご紹介します。

 

各社公式サイトの情報、友人の口コミとともに、多くの方の意見を統計的に分析した調査結果は格安SIM選定に役立ちますからね。

 

では、時系列に紹介していきます。

 

 

「格安SIM・大手携帯キャリア 満足度ランキング2018」 - 価格コム(2018年2月)

 

総合満足度は1位:LINEモバイル、2位:mineo、3位:UQモバイルでした。

 

この調査では格安SIM全体が携帯回線全体の利用率シェアで20.4%と、初めてソフトバンク:18%を上回ったこともわかりました。

 

2018年3月格安SIMサービスの利用動向調査 - MMD研究所

 

格安SIMのメイン利用率シェアは1位:ワイモバイル、2位:楽天モバイル、3位:mineo、4位:OCNモバイルONEという結果でした。

 

2018年格安スマートフォンサービス/格安SIMカードサービス顧客満足度調査 - J.D.パワー プレスリリース(2015/5/30)

 

端末セットで格安SIMと契約しているユーザーの中での顧客満足度は、1位:UQモバイル、2位:mineo、3位:イオンモバイルという結果でした。

 

一方、 SIMだけで契約した格安SIMユーザーの顧客満足度は、1位:mineo、2位:UQモバイル、3位:DMMモバイルという結果でした。

 

この調査結果をみると、 通信品質と各種費用がサービス満足度の二大要因であることがわかります。

 

大手3キャリアユーザーが検討している格安SIMサービスTOP3は「Y!mobile、楽天モバイル、UQ mobile」 - MMD研究所調査(2018/6/7リリース)

 

大手3キャリアユーザーが検討している格安SIMサービスはワイモバイル、楽天モバイル、UQモバイルの3社が頭一つ抜きんでていることがわかりました。

 

40%以上の回答率を占めているのはこの3社のみで、4位のmineo(19.3%)を大きく引き離しています。

 

2018年9月格安SIMサービスの利用動向調査 - MMD研究所2018年9月25日リリース

 

先に紹介した2018年3月のMMD研究所の調査のアップデートになります。

 

格安SIMのメイン利用率シェアは1位:ワイモバイル、2位:楽天モバイル、3位:mineo、4位:UQモバイルと、 OCNモバイルONEが順位を落としてUQモバイルの順位・シェアが浮上していることがわかりました。

 

格安SIMの認知度は90.2%にも達しているのに、利用率はまだ16.1%。

 

格安SIM自体、各サービス名は知っているものの、内容はよくわからないと答えている人が51%もいることがこの調査からわかります。

 

携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2018年9月時点) - MM総研リリース(2018/10/22)

 

mineo、楽天モバイル、イオンモバイルといったMVNOの端末代を除く月額料金を"1"とすると、UQモバイルとワイモバイルというキャリアサブブランドは"1.3"、ドコモ、au、ソフトバンクという3キャリアは"2.5"という実態がわかりました。

 

2年前はソフトバンクユーザーで現在はauのサブブランドのUQモバイルのユーザーとして言いますが、サブブランドと3キャリアの通信速度はほぼ変わりません。

 

それなのに料金は約2倍。その無駄さがわかりますね。

 

またキャリア、そのサブブランド格安SIM、MVNOを含めたスマホユーザ全体での毎月のデータ通信量の中央値が3.0GBであることもわかりました。

 

更に5.0GBまでで考えると、75%のユーザーが含まれていることがわかります。

 

2018年格安SIM契約者の契約に関する実態調査 - MMD研究所2018年10月29日リリース

 

2018年1月〜9月の期間に格安SIMを契約した20歳〜69歳の男女750人に、契約したサービスを聞いたところ、「Y!mobile」が33.9%ともっと多く、次いで「楽天モバイル」が26.9%、「UQ mobile」が13.6%となっていることがわかりました。

 

また、まだまだ 対面式での契約が安心するからという理由でネットでなく店舗で契約している人が多いこともこの調査結果でわかります。

 

2018年格安調査結果を俯瞰した上でわかること

 

脳科学者の中野信子氏によれば、日本人はセロトニントランスポーターの機能が低く、精神を安定させるセロトニンの量が少ない民族といいます。

 

つまり日本人は心配性の人が多いということ。

 

米国だと心配症の人は50%程度なのに対して日本人は80%が心配症ということが統計的にわかっています。

 

合理的に考えれば無駄が多いキャリアユーザーが80%以上占めている現状も、この心配性な民族特性が大きな要因であるように思います。

 

皆が使っているもの、大手企業のサービス、今まで経験した使い慣れたサービスを重視し、新しいもの、理解が難しいもの、面倒なものは避けたがる傾向につながるわけです。

 

しかし、ちょっと踏み込んで新しいものと今まで使っていたものを信頼性の高い情報をもとに比較・吟味して、一歩踏み出せば、大きな果実を得ることができるのです。

 

格安SIMに関する信頼性の高い情報とは、上記の通りです。

 

そろそろ格安SIMに踏み込んでみましょうよ。

 

 

どの調査をみても、格安SIMの中で人気のサービスは固定されているみたいだね。


 

そうだね。その中で自分の使い方に合ったサービスを選ぶといいよ。下記記事を読めばわかるよ。


 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安SIMおススメランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。

どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。

第1位
UQモバイルロゴ

12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。
セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • ファミゼロ学割:18歳以下とそのご家族が新規またはMNPで「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」を契約すると月額基本料金が最大3ヶ月無料、新中高生の月額基本料金は最大5ヶ月間無料(2018年12月1日〜2019年5月31日)
  • UQ mobile「AQUOS sense2」「AQUOS sense」を購入し応募すると抽選で100名にグルメギフトカタログが当たる!!(2018年11月21日〜 2018年12月31日)

UQモバイル公式サイト


第2位
mineoロゴ

余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。解約手数料もかかりません。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • mineo紹介キャンペーン:Amazonギフト券1,000円分」または「EJOICAセレクトギフト1,000円分」をご紹介元およびご紹介先にプレゼント(2018年11月7日〜2018年12月9日)
mineo公式サイト

第3位
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。
端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • Find X発売記念特別価格キャンペーン:Find Xを購入すると、通常価格から8,000円割引(2018年12月20日まで)
  • LG Q Stylus/AX7発売記念キャンペーン:通常価格から3,000円〜10,000円割引(2019年1月31日まで)

楽天モバイル公式:サイト


第4位
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。
解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。

  • アウトレットセールキャンペーン!:対象端末と音声プラン同時契約で端末が最大13,000円引き!(在庫がなくなりしだい終了)

イオンモバイル公式サイト


第5位
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。
携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • PayPay決済利用毎に抽選にて10回に1回の確率で全額(10万円相当まで)戻ってくるキャンペーン(2018年12月4日〜2019年3月31日)
  • 学生(5歳以上18歳以下のお客さま(ご使用者))を対象に、スマホプランM/Lの基本料が加入月から最大13ヶ月間割引になるキャンペーン(2018年12月5日〜2019年5月31日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
  • 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン(2018年8月9日〜終了時期未定)


ワイモバイル公式サイト

 このエントリーをはてなブックマークに追加