格安SIM関連の最新ニュースと解説記事一覧

2018年の夏からUQモバイルでは、MNP又は機種変更時の端末下取りサービスを実施しています。UQモバイルの通話料込みの料金プランであるおしゃべりプラン・ぴったりプランに申し込めば適用されます。対象端末と下取り価格(契約による割引額)は以下の通りです。MNPによる新規契約の場合Apple iPhone7 Plus 最大 25,920 円(最大 1,080 円×24回)iPhone7 最大 15,5...

2018年も早いもので残り1ヶ月強。2019年に向けて格安SIMへの移行を検討されている方向けに、今年発表された信頼性の高い格安SIMアンケート調査結果をここでまとめてご紹介します。各社公式サイトの情報、友人の口コミとともに、多くの方の意見を統計的に分析した調査結果は格安SIM選定に役立ちますからね。では、時系列に紹介していきます。「格安SIM・大手携帯キャリア 満足度ランキング2018」 - 価...

格安SIMシェアNo.1※のワイモバイルで、現在通話料込みのスマホプランS/M/L(スマホベーシックプランを除く)SIMをMNP(マイナンバー・ポータビリティ)契約(ソフトバンクユーザー除く)すると、5,000円分の割引が適用されるキャンぺーンが行われています。※2018年9月格安SIMサービスの利用動向調査/MMD研究所よりMNP契約とは、他の携帯サービスから番号を引き継いで他の携帯回線サービス...

2018年格安SIM契約者の契約に関する実態調査 - MMD研究所2018年10月29日リリースよく格安SIMみたいなややこしいものを選んで契約するにあたって、初心者は店舗で相談しながら契約した方がいいよという意見があります。実際上記MMD研究所の調査結果をみても、現状格安SIM契約場所は「店舗」が66.9%を占めていることがわかります。何となくもっともらしい意見ですが本当でしょうか。前からこの通...

携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2018年9月時点)/MM総研リリース(2018/10/22)携帯電話に限らず、様々な商品・サービスの中から自分のものを選択するにあたって、世の中の人はどれぐらいの値段を払っているのかはとても気になりますね。自分の位置を客観的に把握でき、お金をかけ過ぎなのかその逆なのかがわかるからです。携帯電話の回線というサービスカテゴリでは、3大キャリア、そのサブブラン...

平成30年10月18日に総務省にて、モバイル市場の競争環境に関する研究会の第2回が開催されました。モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社による市場環境と携帯市場のビジネスモデルに対する分析や全国地域婦人団体連絡協議会 事務局長から一般消費者目線での携帯市場に対する問題点の指摘とともに、楽天、IIJmio、mineoを提供しているケイ・オプティコムなど格安SIM(MVNO)事業者からの携帯競争市場...

2018年10月に入って、キャリアのサブブランドでもある大手格安SIM2社、UQモバイルとワイモバイルがiPhone 6sを値下げし、回線とセット購入すると非常にお得になっています。どちらのサービスを選ぶべきか迷う方も多い方思いますので、以下に解説いたします。UQモバイルとワイモバイルの毎月及び24ヶ月間の料金(プランM)2社に共通でスタンダードといえるプランM(月々9GB、通話料込み)の料金プラ...

こちらの総務省のサイトに平成30年10月10日に開催されたモバイル市場の競争環境に関する研究会(第1回)の配布資料などが掲載されています。昨今マスコミを賑わしている官僚の「携帯は4割値下げの余地あり」発言を受けて、総務省でも再度議論が始まったようです。資料をみると、以下の4つが主要論点であることがわかります。MVNO同士、MVOとMVNO間で公正な競争条件は確保のため、接続料の算定方針を見直すべき...

2018年9月格安SIMサービスの利用動向調査 - MMD研究所2018年9月25日リリース半年に1度発表されているMMD研究所の格安SIM市場の調査結果の最新版です。9月18日のリリースでは、格安SIM全体の認知度、キャリア含む携帯回線全体の中での格安SIMの利用率、格安SIMサービスの利用率上位(シェア)などが先行して発表されていました。今回9月25日のリリースは、格安SIM各サービスの総合満...

“ソフトバンク”から、対象の動画サービスやSNSが使い放題となる「ウルトラギガモンスター+」が登場! - ソフトバンクプレスリリース(2018/8/29)このソフトバンクの発表のポイントは三つですね。50GBまで使えるウルトラギガモンスター+という大容量プランでYouTube、AbemaTV、Hulu、Facebookなどの8つの動画/SNSサービスがギガノーカウント(データ消費無料)になること。...

当サイトでは、日々格安SIMの動向をウォッチしており、UQモバイル、mineo、楽天モバイル、イオンモバイル、ワイモバイルという特徴的な大手5社を中心に格安SIM基礎情報、各社サービス内容、比較分析結果の他、各種最新トレンド・ニュースについても解説しています。この2018年夏場にやや大きな動きがみられるので、改めてここにまとめます。一つはこれまではb-mobile、b-mobile、nuroモバイ...

携帯3社、2年縛り是正 解約時の追加料金不要 - 日本経済新聞(2018/7/15)総務省を中心に2017年末から2018年4月にかけて6回開催されてきた「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」の結果をもとにした行政指導を受けての3キャリアの動きですね。しかしこの記事、タイトルと本文の内容が少しずれています。。タイトルだけ見ると、ついにキャリアの2年ごとの解約手数料9,500円がなくなるのか!...

格安SIM各社の2018年夏のビッグキャンペーンが出そろってきました。中でも本日開始のこの楽天モバイルのメインとなる料金プランであるスーパーホーダイリニューアルは、従来のややわかりにくかった長期契約によるキャッシュバックをやめ、契約期間に応じて2年間の月額基本料の割引(3年契約で毎月1,000円、2年契約で毎月500円割引)を提供するというものです。加えてプラン内無料通話の時間を1回5分間から倍の...

料金プランが豊富で容量当たりの価格が業界最安値、業界随一の手厚い端末保証があるなど安心ブランド力を誇るイオンモバイルが、6月15日から2018年夏の新たなキャンペーンを開始します。特によく日常の買い物でイオンを利用する方で格安SIMへの移行を検討されていらっしゃる方は、大きなチャンスとなります。キャンペーンの内容をかみ砕いてご紹介するとともに、イオンモバイルのメリット・デメリットを通してイオンモバ...

大手3キャリアユーザーが検討している格安SIMサービスTOP3は「Y!mobile、楽天モバイル、UQ mobile」 - MMD研究所調査(2018/6/7リリース)15歳〜70歳の大手3キャリアのスマートフォンを所有し、2019年4月までの1年以内に格安SIMを検討している男女1,077人を対象にした調査結果が発表されました。MMD研究所による「大手3キャリアユーザーの格安SIM検討サービス...

2018年6月1日からUQモバイルで「第2弾 紹介UQ、だぞっ」というキャッチフレーズのもと、紹介キャンペーンが実施されています。UQモバイル利用者には、本日からメールで本キャンペーン用紹介IDが送られてきています。紹介された方は、キャンペーン期間である2018年6月1日(金)〜2018年8月31日(金)の間にUQモバイルの「ぴったりプラン」又は「おしゃべりプラン」で契約後、キャンペーン応募期限の...

こちらの2018年3月1日〜5日に実施されたマイボイスコム株式会社による格安スマホに関するアンケート調査によれば、格安SIMを利用しない理由は「現在利用しているもので満足している」に次いで「通信の安定性や速度に不安がある」が格安スマホ非利用者の18.3%を占め第二位となっています。通信サービスですから、その速度を皆懸念しているわけです。となると毎月のスマホ代を下げるために格安SIMを検討するなら、...

音楽や動画、電子書籍をもっと楽しく!mineoにエンタメ系オプションサービスを導入! - mineoプレスリリース(2018/5/31)本日2018年6月1日からmineoが新たな取り組みをいくつか開始しました。既存/新規ユーザーに影響が大きいと思われる順に紹介していきます。mineoの新たな取り組み(2018年6月から)mineoアプリご利用感謝キャンペーン〜mineoアプリからの申し込みで1G...

2018年格安スマートフォンサービス/格安SIMカードサービス顧客満足度調査 - J.D.パワー プレスリリース(2015/5/30)J.D.パワー社が全国の18〜64 歳男女8,000名を対象に、2018年4月に実施した調査結果です。端末セットで格安SIMと契約しているユーザーの中での顧客満足度は、1位:UQモバイル、2位:mineo、3位:イオンモバイル。InfogramSIMだけで契約した格...

Androidで今最も日本で売れている端末、HUAWEI P10 liteの後継機として来る6月から発売されるのがこのHUAWEI P20 liteです。格安SIMの中ではキャリアサブブランドでキャリア並みの通信速度を誇るUQモバイルとワイモバイルでのセット販売が予定されています。他の大手格安SIMは今後順次対応を発表していくと予想されます。HUAWEI P10 liteがそうであったようにその後...

MVNO各社がZenFone 5を取り扱い開始 - 主要サービスの価格まとめ - マイナビニュース(2018/5/22)季節ごとに新たなスマホ端末が商戦に並びますが、2018年春、MVNOで注目すべき新機種、ASUSのZenFone 5につき、その魅力と当サイトがおススメする格安SIM5社での対応状況をご紹介します。ASUSのZenFone 5の魅力〜その注目機能比較対象を前の機種ZenFone ...

モバイル市場の公正競争促進に関する検討会(第6回)配付資料 - 総務省(2018/4/20)総務省が主体となって2017年末から2018年4月20日まで、6回にわたり実施されてきた「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」。モバイル市場におけるMVNOを含めた事業者間の公正な競争の促進を目的とした本検討会は、以下の3つについて結論としての報告書を公開しました。ネットワーク提供条件の同等性確保中古...

mineo 100万回線突破!〜10,000名以上に、月額900円割引の還元キャンペーン実施〜 - 株式会社ケイ・オプティコム リリース(2018/4/10)既存会員向けの新キャンペーンの内容2018/1/19から100回戦突破に向けて6ヶ月間毎月900円の割引キャンペーンを展開していたmineo(マイネオ)が4/10、ついに100万回戦を突破。スタッフブログ「mineoが100万回線に到達しまし...

フルMVNOの訪日外国人向けプリペイド型SIMカード「Japan Travel SIM」販売開始のお知らせ - IIJmioリリース(2018/3/15)訪日外国人が30日間、日本で自分のSIMフリー端末にこのSIMを装着することでデータ通信できるSIMですね。15GBと30GBから選べるようです。冒頭のフルMVNOとは加入者情報を管理するデータベースをキャリアではなく自ら保有して管理しているMV...

メイン利用のMVNOシェアは10.1%(昨年3月は7.4%)、MVNOとY!mobileを合わせると格安SIMメイン利用シェアは13.9%に - 2018/3/12 MMD研究所リリース2014年10月から半年に一度発表されているMMD研究所の「格安SIMサービスの利用動向調査」。今回は2018年2月時点の調査結果です。格安SIM全体の携帯市場シェアついに格安SIMのシェアが10%を超えました。ワ...

当サイトがおススメする、格安SIM大手5社(UQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイル、イオンモバイル、mineo)の春先に向けたキャンペーン情報です。このチャンスを利用して2018年度は格安SIMに乗り換えてみませんか。UQモバイル名称紹介UQ、だぞっ実施期間2018/1/19〜2018/3/31(被紹介者の契約日)。キャンペーン応募は2018/4/23午前9時まで内容キャンペーン期間中にUQ m...

増量オプション加入でデータ容量がずーっと最大2倍 - UQモバイルサイト(2018/2/20)2017年末にアナウンスされていたUQモバイルのデータ増量オプションが2018/2/20に正式にサービスインしました。これまでは26ヶ月目以降、おしゃべりプランのデータ容量とぴったりプランの通話上限時間が半分になっていました。いくら通信速度が速く安定しているとはいえ、26ヶ月目以降は他の格安SIMに比べる...

イオンモバイルもau回線を利用した格安SIMを開始 - イオンモバイルリリース(2018/2/16)これまでドコモ回線の格安SIMを提供してきたイオンモバイルがau回線にも3/1から進出するというリリースです。au回線は少しやっかいで、格安SIMに移行するとき、以下の3点への注意が必要です。VoLTE端末かどうかのチェックリリースには小さな字で記載れていてわかりづらいですが、VoLTE端末のみが使...

「格安SIM・大手携帯キャリア 満足度ランキング2018」発表 価格コム - iPhone Mania(2018/2/15)格安SIMの利用に関し、価格.comを利用した15〜69歳の男女5,000人を対象にしたカカクコムによるアンケート調査結果が発表されました。評価項目は「月々の支払料金」「通話料金」「事業者の信頼性」「速度(通勤・通学時)」「速度(日中)」「速度(夜間)」「サポート」の7つ。...

「IIJmioコミコミセット」に月額2,980円 プラン追加のお知らせ - IIJ公式サイトリリース(2018/1/31)2017/8/24から3ヶ月間のテストマーケティングとしてスタートしたこのコミコミセット。端末代、通信料、通話定額オプションをセットにしたプランです。ついに2018/2/1から正式サービスとしてリリースされるとともに、今までの2種類(1,880円、2,480円)に加え、より高ス...

サブブランド「Y!mobile」「UQ mobile」は格安SIMよりお得だが面倒!? - 2018/1/25(ASCII.JP×デジタル)上記の記事の内容自体は異論はないものでした。契約から経過月数に応じた価格やサービス内容の変動、時期に応じた解約手数料、SIMと端末セット購入での割引など、初見のユーザーが理解するのは非常に困難です。キャリアの料金体系も非常にわかりづらいものでしたが、輪をかけて...

端末セットが基本に? 2018年の格安SIM業界を予想する/アスキー2017/1/11リアル店舗の広がりユーザーにとって、端末の質感の確認ができるリアル店舗の存在は大事です。SIM販売側としても、認知を広めセット販売しやすいリアル店舗は重要なチャネルです。来月2月には大阪に地盤をもつmineoの初の関東の店舗が渋谷にオープンします。既にこのように建物はできています。面白いのはmineoらしく「コー...

これから格安SIMへの移行を考えていらっしゃる方の参考情報として、2017年度に実施された5つの格安SIM関連のアンケート調査結果を横断的に比較・検討してみました。この情報をもとに、選択する格安SIM業者を2-3社に絞ってから詳細比較をしてみてはいかがでしょうか。調査概要株式会社イード 格安SIMアワード2017下半期調査回答者格安SIM利用者(現在利用中):1,946名格安SIMカード利用経験者...

主に春の新入学や進級に向けて、スマホを新規に購入したり、契約を見直すお子さんも多いかと思います。そこで、2017年末から実施されている大手3社の学割キャンペーンを共通軸で比較してみました。楽天モバイルは「学割」とはうたっていませんが、2回線目の契約割引ということでお子さんの回線契約に活用できるので同様に比較してみました。UQモバイルワイモバイル楽天モバイル名称UQゼロ学割タダ学割3か月無料キャンペ...

楽天モバイル、HUAWAY P10 liteが2,100円〜2万円安くなるキャンペーン実施中(2017/12/27まで) - 楽天モバイル公式サイトこのサイトでもおススメしているHUAWAY P10のライト版が通常よりも安く購入できるキャンペーンです。HUAWAY P10に比べ、CPU、メモリ、ストレージがワンランク下のスペックですが、高グラフィックのゲームやその他多数のアプリを使いたい人以外にと...

スマホゲーマー向け格安SIM 家族で使ってもメリット大 新興のMVNO「LinksMate」 - 日経トレンディネット(2017/12/4)LogicLinkというサイバーエージェント系列の会社が手がけているMVNOということでCygamesのグランブルーファンタジー、シャドウバースを含む31のゲームアプリやサイバーエージェントのAbemaTV、AWAなどのサービスがカウントフリー(データ通信容量...

女性328人に聞いた!格安スマホを使わない本当の理由 - Solidi(2017/12/4)2017年6月16日(金)〜7月3日(月) に実施した女性のみを対象にした調査結果です。これをみると、格安SIMへの乗換えを検討している人は65.2%もいるものの、その90%以上の人が乗換え先や乗換えタイミングを決められず、ずるずるキャリアとの契約を続けていることがわかりますね。すぐにアクションを起こさなく...