おサイフケータイが使え日本語入力が楽な国産メーカースマホがいいという方向け端末はこれ!

格安SIMがまだ多くの人にまで普及していない要因の一つが、通信業者と料金プランの選択とともに、スマホ端末の選定が悩ましい点だと思います。

 

そこで用途別に、おススメ端末と格安SIMをセットでご紹介します。

 

  AQUOS sense arrows M04 Xperia J-1 compact
メーカー シャープ 富士通 ソニー
CPU

オクタコア(1.4GHz/4コア+1.1GHz/4コア)
Snapdragon 430

クアッドコア 1.2GHz
Snapdragon 410

クアッドコア 2.2GHz
Snapdragon 800

メモリ 3GB 2GB 2GB
ストレージ 32GB 16GB 16GB
バッテリー容量 2,700mAh 2,580mAh 2,300mAh
画面サイズ 5.0” 5.0” 4.3”
カメラ F値:2.2

アウトカメラ:1,310万画素
インカメラ:500万画素

F値:2.0

アウトカメラ:1,310万画素
インカメラ:500万画素

F値:2.2

アウトカメラ:2,070万画素
インカメラ:220万画素

価格(2018/6/29現在価格コム最安値) 30,4560円 28,998円 19,801円

※イオンモバイル価格

 

3機種ともLINE、メール、SNS、Webサイト閲覧、YouTube、写真撮影、電話などの基本的な用途を繰り返し使う上では全く問題ありません。価格は3万円前後と手ごろです。

 

3機種ともおサイフケータイが使えます。また、国産メーカー端末ということで、日本語変換能力は海外メーカーの端末よりも優れています。長文を入力し一括日本語変換が可能なので、入力効率が高いです。

 

それぞれの特徴は以下の通りです。

 

AQUOS sense

 

2017年11月に発売された機種です。

 

防水性能が優れています。等級「IPX8」のレベルなので、常温で水道水、かつ揺れたり流れたりしていない、静止している水の水深1.5mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても本体内部に浸水せず、電話機としての性能を保ちます。またmicroUSB端子部分のキャップレス防水にも対応しています。

 

シャープが開発したIGZO液晶ディスプレイを採用しています。IGZO液晶独自の省エネ機能「液晶アイドリングストップ」はアプリやコンテンツに応じて画面の更新頻度を自動的に切り替えることで、余分な電池の消費を抑えます。

 

指紋認証にも対応しています。

 

AQUOS_sense

 

arrows M04

 

2017年8月発売です。

 

こちらはとにかく頑丈なところが特徴です。等級「IPX8」のレベルの防水だけでなく、米国国防総省が定めたMIL規格の23項目に準拠しています。具体的には落下による衝撃や高温保管(70℃固定)、温度・湿度の急激な変化にも耐えうる設計ということで、普段の生活の中で安心して長く使うことができます。また、スマホ画面は手垢などで汚れがちですが、なんとこのスマホは本体にハンドソープをつけて洗うこともできてしまうのです。この堅牢性は特筆すべき点といえます。

 

AQUOS senseにはない、ワンセグ機能も搭載されています。

 

スマホ初心者が様々な機能を迷うことなく使いこなすための「かんたんセット」というモードに切り替えることができます。大きい文字とわかりやすい言葉で画面を操作できるのです。

 

arrows M04

 

Xperia J-1 compact

 

2015年4月発売ながら未だ人気が高いです。

 

2,070万画素のカメラを搭載しています。上記の国産スマホ、AQUOS sense liteととarrows M04は1,310万画素なので、断然優れています。

 

ソニー製ということで、Walkmanアプリでイコライザーの調整やサウンドエフェクトを使い高品質な自分好みのサウンドが味わえます。

 

サイズが4.3インチとひと回り小ぶりで重さも138gと軽量。サイドの部分はなだらかにカーブしているラウンドフォルムなので、女性でも非常に扱いやすいといえます。

 

Xperia J-1 compact

 

各機種対応のおススメ格安SIMはこちらです。
UQモバイル AQUOS sense
楽天モバイル arrows M04
イオンモバイル arrows M04、Xperia J-1 compact
mineo arrows M04

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安SIMおススメランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。

どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。

第1位
UQモバイルロゴ

12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。
セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • ファミゼロ学割:18歳以下とそのご家族が新規またはMNPで「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」を契約すると月額基本料金が最大3ヶ月無料、新中高生の月額基本料金は最大5ヶ月間無料(2018年12月1日〜2019年5月31日)
  • UQ mobile「AQUOS sense2」「AQUOS sense」を購入し応募すると抽選で100名にグルメギフトカタログが当たる!!(2018年11月21日〜 2018年12月31日)

UQモバイル公式サイト


第2位
mineoロゴ

余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。解約手数料もかかりません。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • mineo紹介キャンペーン:Amazonギフト券1,000円分」または「EJOICAセレクトギフト1,000円分」をご紹介元およびご紹介先にプレゼント(2018年11月7日〜2018年12月9日)
mineo公式サイト

第3位
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。
端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • Find X発売記念特別価格キャンペーン:Find Xを購入すると、通常価格から8,000円割引(2018年12月20日まで)
  • LG Q Stylus/AX7発売記念キャンペーン:通常価格から3,000円〜10,000円割引(2019年1月31日まで)

楽天モバイル公式:サイト


第4位
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。
解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。

  • アウトレットセールキャンペーン!:対象端末と音声プラン同時契約で端末が最大13,000円引き!(在庫がなくなりしだい終了)

イオンモバイル公式サイト


第5位
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。
携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • PayPay決済利用毎に抽選にて10回に1回の確率で全額(10万円相当まで)戻ってくるキャンペーン(2018年12月4日〜2019年3月31日)
  • 学生(5歳以上18歳以下のお客さま(ご使用者))を対象に、スマホプランM/Lの基本料が加入月から最大13ヶ月間割引になるキャンペーン(2018年12月5日〜2019年5月31日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
  • 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン(2018年8月9日〜終了時期未定)


ワイモバイル公式サイト

 このエントリーをはてなブックマークに追加