店舗サポートや端末保証が充実したイオンモバイルのデメリット・メリット、評判を解説

なんやかんやで格安SIMへの移行手続きは面倒といえば面倒で、契約後もわからないことが発生すると思います。

 

いろいろ不安なこともあるでしょう。

 

ネットや通話でなく、実際の店舗での対面でスマホを見せながらわからないことを聞きたいという方も多いと思います。

 

そういった方向けには家の近くなどの生活圏に相談できる店舗があるということがサービス選択の上で重要になると思います。

 

こうしたユーザーにイチオシの格安SIMはイオンモバイルです。

 

普段の買い物で使っているイオンでサポートが受けられる上、料金も業界最安値水準、端末保証の充実度も見逃せません。

 

 

身近なイオンで相談できるイオンモバイル

 

全国にある200以上イオンの店舗で契約、相談を受け付けています。相談する店舗としては最も敷居が低く親しみがあるといえます。こちらのサイトからお住まい近くの店舗を探すことができます。

 

また電話サポートも充実しており、年中無休で対応しています。

 

イオンモバイルサポート

 

肝心の料金プランですが、通話とネット・SMS利用ができる音声プラン、通話のないデータプラン、家族でデータ容量をシェアして使えるシェア音声プランという三つに分かれています。

 

バリエーションが豊富で単価の安いイオンモバイルの料金プラン

 

11種類の料金プランからなる音声プラン

 

プラン名 毎月の価格(税抜)
音声500MBプラン 1,130円
音声1GBプラン 1,280円
音声2GBプラン 1,380円
音声4GBプラン 1,580円
音声6GBプラン 1,980円
音声8GBプラン 2,680円
音声12GBプラン 3,280円
音声20GBプラン 4,680円
音声30GBプラン 6,080円
音声40GBプラン 7,980円
音声50GBプラン 10,800円

 

気をつけないといけないのは、音声通話を利用する場合、別途通話料20円/30秒 (国内通話) が必要になることです。

 

ただし、別途イオンモバイル公式アプリ「イオンでんわ」を利用することで、音声通話料は10円/30秒で通話することができます。

 

また月額850円で一回当たり10分以内の通話がかけ放題となるオプション、月額1,500円でIP電話による完全かけ放題プラン「050かけ放題」もあります。

 

UQモバイルやワイモバイルのように、データ通信料金と一定時間以内の通話料金がセットになった料金ではありません。

 

 

1GB月額480円からのデータプラン

プラン名 毎月の価格(税抜)
データ1GBプラン 480円
データ2GBプラン 780円
データ4BGプラン 980円
データ6GBプラン 1,480円
データ8GBプラン 1,980円
データ12GBプラン 2,680円
データ20GBプラン 3,980円
データ30GBプラン 5,380円
データ40GBプラン 7,480円
データ50GBプラン 10,300円

データプランでは140円/月の追加でSMSも利用できるようになります。

 

家族で最大5回線まで使えるシェア音声プラン

プラン名 毎月の価格(税抜)
シェア音声4GBプラン 1,780円
シェア音声6GBプラン 2,280円
シェア音声8GBプラン 2,980円
シェア音声12GBプラン 3,580円
シェア音声20GBプラン 4,980円
シェア音声30GBプラン 6,380円
シェア音声40GBプラン 8,280円
シェア音声50GBプラン 11,100円

 

最大5回線まで使えますが、すべての回線契約の名義は同一である必要があります。

 

ただし、1枚追加につき3,000円の手数料、3枚目からは1枚につき月額200円、2枚目以降音声通話を追加するには月額700円、SMSを追加するには月額140円の追加料金がかかります。データ容量によっては音声プランを家族個別に契約した方が安上がりのケースもありますので、家族でイオンモバイルを契約するときは、実際の容量でシミュレーションしてみてください。

 

なお、このシェアプランだけは店舗のみの契約になっています。

 

 

このイオンモバイルを利用したいと考えている場合、以下の三つのデメリットは認識しておいてください。

 

一つは通信速度です。格安SIM全体の中では速い方ですが、業界最速のUQモバイルやワイモバイルの2社に比べると劣っています。昼時や夕方の混雑時など、つながるまで時間がかかることがあるのはあらかじめ認識しておいた方がよいと思います。

 

二つ目に独自ドメインのメールアドレスがありません。Gmailなどのフリーメールを使うことになります。

 

三つ目つは毎月の支払いにあたり、口座振替ができず、クレジットカードが必須となることです。

 

イオンモバイルのメリット

 

通信速度は最速とはいえませんが、データ通信容量当たりの安さ、リアル店舗の安心感、解約のしやすさなど、下記のメリットがあることは注目すべきサービスといえると思います。

 

  • 全国に200店舗以上ある身近なイオンの店舗でスマホにまつわることを気軽に相談できる。
  •  

    電子機器まわりの操作が得意でない人にとって、格安SIMやスマホの契約、操作、トラブル対応はとてもやっかいなものだと思います。顔の見える相手に自分のスマホを見せながらわからないことを相談する上で、イオンの店舗があるという安心感は大きな価値だと思います。

     

  • 料金体系が細分化され、選択肢が多い。
  •  

    上記のように自分使用する容量にあったプランを選べる幅が非常に多いという特徴があります。

     

    音声プランだけで11種類に分かれており、自分に最適なデータ容量から選べます。ワイモバイルなどはS、M、Lの3種類ですからいかに多いかがわかります。

     

  • データ容量当たりの金額が安い。
  •  

    単純にデータ容量当たりの単価は、DMMモバイルと並んで業界最安値水準といえます。月々のデータ容量を使い果たし、追加で購入する場合も1GBで480円と破格の安さです。

     

     

  • 音声通話SIMにも最低利用期間がない。
  •  

    ほとんどの格安SIMではデータ通信SIMには最低利用期間や解約金がないですが、音声通話SIMには半年や1年と最低利用期間があり、最低利用期間内に解約すると解約金が1万円弱かかるサービスが多いのです。

     

    これに対して、イオンモバイルは音声通話SIMにも最低利用期間がありません。つまりいつ解約しても手数料はとられません。(契約後180日以内にMNP転出された場合は、MNP転出手数料が8,000円/回線(税抜)、181日以上経っている場合は、3,000円/回線(税抜)かかります。)

     

  • 家族や複数端末でデータ容量を低コストで共有できるシェアプランがある
  •  

    上記の通り、最大5枚までのSIMでデータ容量を家族でシェアできるプランが4GB:1,780円/月〜50GB:11,100円/月まで8種類あります。

     

    家族の一人のデータ容量が足りなくなった場合に余っている家族からシェアしてもらえると、個別に契約するよりもお得になることがありますね。

     

  • 端末保証の充実度が業界トップクラス
  •  

    大手格安SIMでみな、セット購入端末、キャリアやSIMフリーの持込端末のいずれについても端末保証を月額数百円で提供しています。

     

    その中でもイオンモバイルの端末保証は、保証期間の縛りがないこと、技適マークのあるすべての端末が保証対象と、他社になり充実度を誇ります。

     

    具体的には、セット購入端末ではイオンスマホ安心保証というオプションサービスがあり、月額350円(au回線)、450円(ドコモ回線)払えば、端末の故障、破損、水没時に4,000円に実費だけで端末交換に応じてくれます。

     

    また、キャリア端末やSIMフリー端末に対しては持ちこみ保証というオプションサービスがあり、Android・Windows端末は月額550円、iOS端末は月額650円で自然故障・水濡れ・破損などにより不具合が生じた端末の無償修理に応じています。

     

    修理できない場合、Android・Windows端末は1回目4千円(税抜)、2回目8千円、iOS端末は一律1万2千円の負担金で交換機(指定製品)を提供しています。

     

     

以上、イオンモバイルのデメリットとメリットをご紹介しました。興味をもたれた方はこちらから料金をシミュレーションしてみてください。

 

業界最安級の格安スマホ「イオンモバイル」

 

 

イオンモバイルの実際の評判、口コミ

 

このように、店舗サポートが充実していて安心、料金プランのバリエーションが豊富で単価の安いイオンモバイルですが、実際のユーザーの声をここでまとめて紹介しておきますね。

 

参考にしてみてください。

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加