SIMとは

SIM(シム)とは何か

 

スマホ本体側面に挿入されている、1cm四方ほどの薄い金属板のことです。スマホの新しい回線を契約する時に挿入されます。

 

SIM

 

ドコモならドコモのSIM、楽天モバイルなら楽天モバイルのSIMがあります。

 

そしてこのSIMに携帯通信回線の加入者を特定するためのID番号が記録されているのです。ですから、スマホ端末に申し込んだサービスの自分用のSIMを挿入することで、はじめて自分のスマホとして使うことができるようになるというわけです。

 

ちなみに”SIM”とは、subscriber identity moduleもしくはsubscriber identification moduleの頭文字をとった表記になります。

 

SIMの大きさによる3種類

SIMには以下の大きさの異なる3種類があり、使うスマホの機種によって決まります。

 

  • 標準SIM(=miniSIM)
  • micro SIM(マイクロSIM)
  • nano SIM(ナノSIM)

 

SIM3種類

 

各格安SIM公式サイトの動作検証済み端末情報のページで使う端末に該当するSIMの種類を確認して間違えないようにしましょう。

 

例えばワイモバイルの場合、このように端末ごとのSIM種別情報が記載されています。

 

ワイモバイルSIM情報

 

au回線を借りている格安SIMのUQモバイル、mineoなどではこの3つのSIM以外にもう一つ「マルチSIM」というものがあります。これは、auのLTE回線を使った高音質の音声通話サービスで従来の3G回線を使った音声通話に比べてクリアな音質で通話できるau VoLTEに対応したSIMカードのことです。

 

このマルチSIMは大きさという観点では台紙に各サイズ用の切れ込みが入っているため、SIMカードを切り離す際に上記3つのどのサイズにも対応できます。

 

UQモバイルのサイトではこのように記載されています。

 

UQモバイルSIM種別情報

 

当サイトがおススメしている格安SIM5社の動作検証済端末一覧と対応するSIMの情報は、それぞれ下記リンク先に記載されています。
UQモバイル
ワイモバイル
楽天モバイル
イオンモバイル
mineo

 

 

なぜ「格安」というのか

 

日本で携帯通信回線のインフラを自社で構築し、携帯サービスを提供している会社は、NTTドコモ、KDDI(ブランド名はau)、ソフトバンクの3社のみになります。これらの会社はキャリアと呼ばれています。

 

これに対して、上記3社から携帯通信回線インフラを借りて独自ブランドの携帯回線サービスを提供している業者をMVNO(Mobile Virtual Network Operator=仮想移動体通信事業者)といいます。

 

MVNOは自社でインフラを構築し、運用していくための費用がかからない分、低額のサービスを提供できます。

 

このMVNOの提供している携帯通信サービスを格安SIM、そのSIMを使ったスマホを格安スマホと呼んでいるのです。

 

料金が安い分、通信速度、各種サービス、店舗でのサポートなどは大手キャリアに比べると限定的となります。

 

心配は要りません。きちんと把握すれば、自分にあったサービスが見つかり、確実に安くなります。

 

格安SIMおススメランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。

どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。

第1位
UQモバイルロゴ

12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。
セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • ファミゼロ学割:18歳以下とそのご家族が新規またはMNPで「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」を契約すると月額基本料金が最大3ヶ月無料、新中高生の月額基本料金は最大5ヶ月間無料(2018年12月1日〜2019年5月31日)
  • UQ mobile「AQUOS sense2」「AQUOS sense」を購入し応募すると抽選で100名にグルメギフトカタログが当たる!!(2018年11月21日〜 2018年12月31日)

UQモバイル公式サイト


第2位
mineoロゴ

余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。解約手数料もかかりません。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • mineo紹介キャンペーン:Amazonギフト券1,000円分」または「EJOICAセレクトギフト1,000円分」をご紹介元およびご紹介先にプレゼント(2018年11月7日〜2018年12月9日)
mineo公式サイト

第3位
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。
端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • Find X発売記念特別価格キャンペーン:Find Xを購入すると、通常価格から8,000円割引(2018年12月20日まで)
  • LG Q Stylus/AX7発売記念キャンペーン:通常価格から3,000円〜10,000円割引(2019年1月31日まで)

楽天モバイル公式:サイト


第4位
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。
解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。

  • アウトレットセールキャンペーン!:対象端末と音声プラン同時契約で端末が最大13,000円引き!(在庫がなくなりしだい終了)

イオンモバイル公式サイト


第5位
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。
携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • PayPay決済利用毎に抽選にて10回に1回の確率で全額(10万円相当まで)戻ってくるキャンペーン(2018年12月4日〜2019年3月31日)
  • 学生(5歳以上18歳以下のお客さま(ご使用者))を対象に、スマホプランM/Lの基本料が加入月から最大13ヶ月間割引になるキャンペーン(2018年12月5日〜2019年5月31日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
  • 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン(2018年8月9日〜終了時期未定)


ワイモバイル公式サイト

 このエントリーをはてなブックマークに追加