SIMロックとSIMフリー

格安SIMに移行するにあたり、「SIMロック」、「SIMフリー端末」などの用語を耳にしたことがあるかもしれません。この言葉の意味を解説しますね。

 

SIMロック、SIMロック解除とは

 

もともとドコモ、au、ソフトバンクというキャリア3社が取り扱っているスマホ端末は、他社のSIMカードを認識できない仕様になっています。キャリア3社の顧客囲い込みのために行われていた仕組みです。このことを「SIMロック」といいます。

 

キャリアは自社の端末を限りなく安く販売代理店を通してばらまき、代理店には売れた端末分のインセンティブを支払い、高額の通信料金をユーザーに請求し、儲けてきたのです。

 

一度安く買った端末は他の携帯通信会社では使えないため、ユーザーはずっと同じキャリアに縛られ、SIMロックのない諸外国に比べて高額な通信料金の高止まりがおきていました。

 

この状況は問題だということで、総務省が2015年5月にSIMロック解除を義務化したのです。

 

SIMロック解除を行うことで、同じスマホ端末を別の通信会社の回線で利用することができるようになるのです。

 

現在の格安SIMの普及の背景にはこうしたSIMロック解除の動きがあったのです。

 

SIMフリー端末とは

 

上記のように、各キャリアが販売しているスマホ端末はSIMロックがかかっていますが、Apple社が直接販売しているiPhoneや海外のメーカーのスマホ端末(HUAWEIやASUSのZenFoneなど)などは、SIMロックがかかっておらず、これを「SIMフリー端末」と呼んでいます。

 

海外ではこのSIMフリー端末が一般的です。

 

どうやってSIMロック解除をするのか

 

これがまたキャリアや端末によって対応が異なるのです。

 

各キャリアの解除条件を確認する必要があります。ドコモユーザーはドコモの回線を借りている格安SIMに乗り換える場合、SIMロック解除の手続きなしで、手続きを済ますことができます。

 

しかしauとソフトバンクユーザーは、それぞれMy au、My Softbankのメニュー上からSIMロック解除の申請をする必要があります。SIMロック解除手続き自体に料金はかかりませんが、回線の解約は契約更新月以外では手数料9,500円がかかります。

 

この契約更新月が2年ごとになっていることが、多くのユーザーの格安スマホへの移行が進まない要因の一つといえます。

 

しかしよく考えましょう。一時金は発生しますが、格安スマホに移行すると、毎月3千円ぐらいは安くなることを考えると、今すぐ解約してしまった方がお得なのです。

 

ドコモユーザーのSIMロック解除方法はこちら

 

auユーザーのSIMロック解除方法はこちら

 

ソフトバンクユーザーのSIMロック解除方法はこちら

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

おすすめ格安SIMランキングと期間限定キャンペーン情報

通信速度と安定性、データ通信容量当たりの料金、通話メニュー、サポート力、対応端末の種類とその割引などの観点から当サイトがおススメする5社です。 どの格安SIMにしようと悩んでいる間キャリアに無駄なお金を払うより、一番自分がメリットを感じる格安SIMに試しに移行してみることです。毎月数千円の差は大きいですよ。
UQモバイルロゴ
12-13時、18-19時という混雑時でもさくさく使いたい方はUQモバイルがおススメです。 セット購入での端末割引、サポート力、携帯としてのメールアドレスが使えるなどのメリットもあります。
  • ファミゼロ学割:18歳以下とそのご家族が新規またはMNPで「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」を契約すると月額基本料金が最大3ヶ月無料、新中高生の月額基本料金は最大5ヶ月間無料(2018年12月1日〜2019年5月31日)
UQ mobileの最大1万3千円キャッシュバックはこちらから

mineoロゴ
余ったデータ容量を友達間でもシェアでき、毎月1GBまでフリータンクからデータ容量を無料で引き出せお得です。通信速度と安定性、コミュニティサイトを通したサポートなどバランスが優れています。解約手数料もかかりません。運営会社もしっかりしており信頼性は高いといえます。
  • 月額基本料金500円3カ月間割引キャンペーン:「デュアルタイプ」を新規契約する場合に月額基本料金を500円/月×3カ月間割引(2019年2月1日〜2019年5月8日)
  • 6GB・10GBコースがおトクに使える!キャンペーン:新規契約でデュアルタイプかつ6GBコースまたは10GBコースを申し込んだ場合に月額基本料金を6GBコースなら680円/月、10GBコースなら940円/月を3カ月間割引(2019年2月1日〜2019年5月8日)
  • 機種変更応援キャンペーン:機種変更でスマートフォン(スマホ)などの製品を購入する場合に「EJOICAセレクトギフト(電子マネー)」を最大5,000円分プレゼント(2019年2月1日〜2019年3月31日)
  • 機種変更と保証サービス セットでおトクなキャンペーン:「端末安心サポート」または「mineo安心パック」に加入している場合に「端末安心保証サービス」もしくは「mineo安心パック2」にオプションサービスを変更すると、EJOICAセレクトギフト(電子マネー)を倍増して最大10,000円分プレゼント(2019年2月1日〜2019年3月31日)
mineo に申し込む
楽天モバイルロゴ

使うだけ楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場の買い物でポイント+2倍など、楽天ヘビーユーザーの方は検討すべきです。 端末セット購入キャンペーンが豊富な点も要チェックです。
  • 【期間限定】春だ!新生活まるごと応援キャンペーン:最新スマホも大幅プライスダウン!5,980円〜。さらに、スマホ(通話SIM)とネットのセット申し込みで最大22,000円相当プレゼント!(2019年1月30日〜2019年3月14日)
  • HUAWEI nova lite 3発売記念キャンペーン:HUAWEI nova lite 3gが9,980円のスペシャル価格(2019年1月30日〜2019年3月14日まで)
  • 【期間限定】2019年春のスマホ割引キャンペーン:AQUOS sense lite SH-M05が314円/月など(2019年1月30日〜2019年3月14日)
  • 楽天モバイル×楽天コミュニケーションズ光キャンペーン:スマホ(通話SIM)とネットのセット申し込みで12,000円相当プレゼント!(2019年1月28日〜2019年4月24日まで)
楽天モバイル に申し込む
ワイモバイルロゴ

1回10分までの通話がかけ放題、業界随一のリアルの店舗網でのサポート、UQモバイルに次ぐ通信速度がウリです。 携帯メール扱いの容量無制限メールアドレス利用、Yahoo!ショッピングでのポイント5倍、ソフトバンク光回線とのセット割引などの特典も見逃せません。
  • 学生(5歳以上18歳以下のお客さま(ご使用者))を対象に、スマホプランM/Lの基本料が加入月から最大13ヶ月間割引になるキャンペーン(2018年12月5日〜2019年5月31日)
  • オンラインストア限定タイムセール:未使用アウトレット品が30%以上OFF(毎日21時から翌日9時まで開催)
  • 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン(2018年8月9日〜終了時期未定)
ワイモバイルへの申し込みはこちら
イオンモバイルロゴ

普段よくイオンの店舗を利用される方は困ったときに買い物ついでにわからないことを教えてもらえます。 解約手数料が一切かからず、料金メニューが豊富でデータ容量単価が安いことも魅力です。スマホとセットで1週間お試し利用もできます。
    イオンモバイル「3年学割」&「春得」3周年キャンペーン:(2019年2月15日〜2019年5月7日)
  • 3年学割:新規イオンモバイル契約者(25歳以下)はタイプ1(NTTドコモ回線・au回線)の2・4・6・8GBプランについて、 契約月から3年間、1GBを増量
  • 「春得」3周年キャンペーン:タイプ1(NTTドコモ回線・au回線)およびタイプ2(NTTドコモ回線)の4・6・8GBプランの基本料金が契約翌月から3カ月間半額。「イオンでんわ10分かけ放題」が31日間無料!など
イオンモバイルに申し込む

 このエントリーをはてなブックマークに追加